colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

『My little guidebook -ICE-』
映像の力で十勝と台湾をつなぐ。
待望の冬編公開間近!

Local Action
vol.093|Page 1

posted:2016.9.24  from:北海道帯広市、鹿追町、新得町  genre:活性化と創生

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  ひとつのまちの、ささやかな動きかもしれないけれど、創造性や楽しさに富んだ、
注目したい試みがあります。コロカルが見つけた、新しいローカルアクションのかたち。

writer's profile

Team YumYum

チームヤムヤム
(山本 学 ・ 山本えり奈)

旅をしながら十勝に暮らす編集デザインチーム。あいうえお表やカレンダー、すごろくやイラストマップなど、日々の楽しみをデザインする作品をつくっています。「ヤムヤム旅新聞」にて、旅やローカルな魅力を発信中。
http://www.tyy.co.jp

photographer profile

Nobuo Minoura

箕浦伸雄 (ケルビン堂 )

東京生まれ。十勝に移り住んで24年、農業と人の営みをテーマに撮影しています。30年ぶりに自転車に乗り始めました。
kelvin-do.com

credit

supported by WAIGAYA TOKACHI

昨年北海道十勝地方と台湾台北市を舞台とする短編映画が、
YouTubeで動画配信され大きな反響を呼びました。
タイトルは『My little guidebook(マイ・リトル・ガイドブック)』。
台湾の女優を主演に起用し、台湾人のヒロインが新たな夏の北海道の観光スポットを探しに、
海を越えて十勝をひとりで訪れるというストーリー。海外からの視点を織り交ぜながら、
十勝に暮らす人々と美しい風景を鮮やかに描き出した映画です。

今秋2016年10月23日、
その続編『My little guidebook -ICE-』が公開されることになりました。
続編の舞台は、冬の十勝。

実はこの映画、制作会社も配給会社もない、十勝出身の有志による自主制作映画。
映画館での上映ではなく、世界に向けてYouTubeで無料動画配信されています。
そこには、映像の力で、地元十勝の魅力を
世界中に情報発信をしたいというプロジェクト参加者の強い想いがありました。

この少し変わった映画ができるまでのストーリーを紹介する前に、
まずは真冬の十勝で行われた、映画の撮影風景を紹介します。
氷点下20度にもなるという、極寒の中でこその美しさあふれるシーン。
それはどのように撮影されているのでしょうか?

氷点下20度、真冬の十勝でのロケ

自然がつくり出した十勝の美しい冬の風景。

今年2016年1月末〜2月にかけて行われた『My little guidebook -ICE-』の撮影。
取材に訪れた日は、凍った湖の上でのシーンが撮影されていました。
舞台は、北海道大雪山国立公園にある、然別湖(しかりべつこ)。
14名の撮影チームに加え、エキストラ出演に協力してくれた
地元ボランティア約30名が湖上で撮影を行っていました。

毎年冬になると、全面凍結した湖上に〈しかりべつ湖コタン〉と呼ばれる氷の村が現れます。
地元や有志の人たちのボランティアにより、
“イグルー”と呼ばれるかまくら型の氷の家が手づくりされる、
今年で36年目を迎える鹿追町観光スポットです。

氷の上で楽しめる露天風呂やアイスバー、アイスチャペルなどもあり、そうした建物はすべて、雪を固めた手づくりのアイスブロックを手作業で積み上げてつくられるというから驚きです。

イグルーの中。

日中にもかかわらず、気温は氷点下10度以下。
取材のメモを取るペンも凍ってしまうほどの寒さです。
過酷な寒さのなかで、撮影クルーは、帽子、手袋、ダウンジャケット、
スノーブーツと完全防寒して撮影に臨みます。
それでも長時間の撮影では次第に寒さがこたえます。

映画の主演は、台湾で活躍する女優・吳心緹(ウー・シンティ)。
facebookで80万人以上のファンを持つほどの人気があり、
台湾の旅番組やドラマにもレギュラー出演。1作目に続き、続編でも主演を務めます。
極寒の過酷な撮影のなかでも、明るい笑顔で撮影に臨むシンティ。
「台湾では基本的に雪はほとんど降らないので、冬の十勝での撮影は初めてのことばかり。
山も湖もいろんなところが雪で包まれてるのがとてもきれいで楽しいです」

「雪の景色を見ると寝っ転がりたくなります!」と笑顔で話す、主演の吳心緹(ウー・シンティ)。

監督・脚本は、十勝・幕別町出身、東京在住の逢坂芳郎さん。
地元十勝の高校卒業後、ニューヨーク市立大学で映画制作学を学び、
帰国後、東京を拠点に映像作家として活動しています。
本プロジェクトの1作目『My little guidebook』は、映画初監督となった作品です。

「今回の撮影で、朝日を浴びた霧氷が見たことのないほど神秘的で、思わずウワー!と声を上げてしまうほどでした」。監督自身も十勝の冬のすばらしさを再発見しています。

カメラは、マイナス30度まで耐えられるものを使用。雪による照り返しを防ぐため、
モニターチェックは遮光カバーをつけた状態で行っています。
撮影に使うドローンは、低温だとバッテリーが起動しなくなってしまうため、
カイロを入れた袋にバッテリーを保管し、使う前にはお腹に入れて
人肌で10分温めてから飛ばします。氷上のため、重い機材は運ぶ込むことは避け、
小さなソリにカメラをのせて撮影する方法も行われていました。
そんな撮影手法も十勝の冬ならでは。

撮影が行われているのは、凍った湖の上。重い機材は運び込めないので、小さなソリを使っての撮影も。

この日を含めて、撮影は約1か月間、冬の十勝を舞台に行われました。
この撮影で、ロケハンも含めて逢坂さんが車で走った距離は、8000キロ以上。
十勝の広さを再認識するとともに、
久々に過ごす十勝の雄大な自然のなかでの生活を体験することで、
都会では忘れていた感覚が戻ってきたといいます。

厳しい寒さのなかの撮影。「鼻毛がくっつくのを感じるとマイナス13度以下。このくっつき方だとマイナス16度くらい、と地元の人から教えてもらいました。以来、僕らも鼻をクンクンしながら撮影しています」

「十勝に来ると、おなかがすくし、ごはんがおいしい、夜になると眠くなる。
十勝で生活していると、東京では感じられない、
そういう当たり前の感覚がよみがえってくるんです。
時間や場所によって少しずつ変わる景色にも自然の恵みや偉大さを感じることができます」

昨年公開された1作目の夏編、そして今回撮影が行われた2作目の冬編。
発案から製作資金の調達、撮影、公開まで、
すべてが地元出身の有志の手によって進められています。

人気女優のキャスティングや、製作資金の調達はどのように行われたのでしょうか?
次ページでは、この映画づくりが始まるまでのストーリーを紹介します。

Recommend