colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

満月・宮酒ワインバー

Local Action
vol.002

posted:2012.8.30  from:神奈川県小田原市  genre:食・グルメ / 暮らしと移住 / 旅行

〈 この連載・企画は… 〉  ひとつのまちの、ささやかな動きかもしれないけれど、創造性や楽しさに富んだ、
注目したい試みがあります。コロカルが見つけた、新しいローカルアクションのかたち。

writer's profile

Chizuru Asahina

朝比奈千鶴

あさひな・ちづる●トラベルライター/編集者。富山県出身。エココミュニティや宗教施設、過疎地域などで国籍・文化を超えて人びとが集まって暮らすことに興味を持ち、人の住む標高で営まれる暮らしや心の在り方などに着目した旅行記事を書くことが多い。いにしえより日本人が培ってきた循環感覚を実生活で学んでいるこの頃、昭和の残り香のする海辺のまちに住み、日常でも仕事でも“ココロのリゾート”を味わう旅を続けています。

credit

撮影:谷口尋彦(D-CORD)

よなよな小田原、ぶらりと一杯。

神奈川県小田原市に満月の夜だけ営業するというバーがある。
バーといっても、そこは築80年の建物を改装した、
昼間はカフェをやっている店。
バーを開くのは小田原の隣、足柄上郡中井町で酒屋を営む若夫婦。
ご主人の宮川満洋さんはシニアワインアドバイザーの資格も持っており、
毎回、季節やその日に出る食事にあわせたワインや酒を数種類用意する。

さて、現地に着いたら、1枚500円の満月券を購入する。
何枚買ってもいい。余れば戻せばいいのだ。
さあ、満月券を買ったら、お月見のひとときの始まり。
今宵、満月を愛でながら、何を飲み、食べましょうか。
誰と、どんな話を語りましょうか。

小田原駅から徒歩10分ほどの場所にあるカフェ「暮らしの遊びnico café」で、
満月の夜だけ開かれている「満月・宮酒ワインバー」は
次の満月(8月31日)で開催9回目を迎える。
最初は主催者である宮川酒店の若奥様、綾さんが
ブログで小さく告知を始めたのが、
TwitterやFacebookでいつの間にか広まっていき、
今では4~50人程度のお客さんが、満月の夜を楽しみにやってくるという。
グループもいれば、帰りがけにSNSで見かけて
ひとりでひょいと顔を出す人もいて
メインのテーブルは知らない人同士が座っていても不思議と盛り上がっている。
これも満月の魔法のなせるワザなのだろうか。

この日、料理を担当するのは湘南・鵠沼海岸で
野菜たっぷり無添加の玄米ランチ配達を行う「Vegiko(ベジコ)」。
湘南の奥様方に人気のアジアンテイストの料理は
ケータリングで運ばれ、店主の岡村恵子さんがサーブする。
ちなみに、前回は茅ヶ崎の「海席 cuisine 空海」が出店していた。
このイベントでは、毎回地元の人気レストランによるケータリングが人気で
好きなものを選んで食べられるようになっている。
盛り合わせの種類の多さで1~2枚の満月券を支払う。

Vegikoのアジアンテイストにあわせて南足柄市のパン工房polonがバインミー用のバケットを用意。

バインミー、さんまのレモングラス風味揚げなど、アジアに旅した気分の3種盛り合わせで2満月券。

今回の飲み物の目玉は埼玉県川越市を拠点とする
コエドブルワリーのCOEDOビールだ。
基本的には酒屋が営むワインバーがウリなのだが、
盛夏であること、ケータリングがアジアンテイストということで、
先日、宮川満洋さんが工場見学に行って、気に入ったCOEDOをチョイス。
「今日はアジアンフードが出されるので、飲んだあとにクローブなど
スパイス香が広がる“shiro”という銘柄の生ビールを用意しました。
ほかには、芳醇な香りと苦味がビール好きに好まれる“kyara”を。
ワイングラスで香りを楽しみながら飲んでいただきたいですね」
というのは、小江戸・川越からはるばるやってきた
ビール伝道師の松永将和さん。
生産者でもある彼の手から一番美味しい状態で、
ワイングラスにビールが注がれる。
それはもう、贅沢極まりない生ビールの完成である。

松永さんが泡の状態を見ながら注いでくれる。白濁色が特徴の小麦のビール、“shiro”を一杯。

Hair Room HB のみなさんは今回が2度目。「ここに来ると感覚の合う人に出会える」という。

この日はCOEDOビールのほか、
ワインは赤白あわせて14本、さらに日本酒2本が並び、
お客さんはシニアワインアドバイザーの満洋さんに相談しながら
飲みたいお酒を選んでいく。一杯、1満月券。
「レストランだったら一杯ン千円するワインが
一杯500円で、しかもいいグラスで飲めるんだからお得じゃない?」
と喜ぶのはお隣、南足柄市から営業終了後に
電車に乗ってかけつけたHair Room HBのみなさん方。
満月・宮酒ワインバーでは、上代が1本1000円台後半から
4000円くらいのワインや日本酒が並ぶ。
HBのみなさんはワインカウンターの後ろに陣取り、
グラスが空になったらすぐに飲める体制。

こういった様子なので、この場所には、
西湘方面を中心に、湘南、町田あたりまで
飲むことが好きな人たちが仲間と、そしてひとりでもふらりと飲みに訪れる。
「初めて来ても、ワインが好きであれば、そこにいる誰かとは話があいますし、
ひとりで寂しいなどという心配はありませんね」
という40代の男性はテーブルの隣に座った美女と初対面でツーショット。
ちなみに、これはナンパではありません。
宮川さんが毎回配布しているワインリストを眺めながら
楽しくワインのお話をしているんですよ。

ワイン好き同士が偶然隣になれば、こうやってワイン話で盛り上がる、の図。

わざわざ電車を降りてでも小田原に人々を惹きつけるのは
お店の力も大きいのでは? ということで、
場所を提供している「暮らしの遊び nico café」の店主、
和田真帆さんに話を聞いてみた。
nico cafeを作る前は空間プロデュースや
設計ディレクションを生業としていた和田さん。
いつか自分の理想の空間をつくりたいと思っていたときに
この古い建物に出合ったという。
「自分自身を表現する場所が欲しかったんです。
生活の役にたたない“いやしもの”を置きたかったの。
ある程度カタチになってきたところで
このハコをいろんな人に表現してもらったらどうだろうと思って
夜は自分が声をかけた人に営業をしてもらっていました」
和田さんがつくる居心地のいい空間に引き寄せられて
シャッター通りだった通りに人が少しずつ戻ってきた。

築80年の面影を残す建物が妙に居心地のいい空間に。これは、店主、和田さんの魔法。

さあ、今月はブルームーンだから2回開催! 夫唱婦随の宮川満洋さんと綾さん。

でも、どうして宮川さんが満月だけワインバーを開くことに?
「nico caféの和田さんから、夜の営業を週一でやらない? と誘われたんです。
酒屋の営業をしながら毎週は大変だから
月に一回がいいなということで満月の営業になりました。
ワイン会の延長線のようなイメージで、
店主が選んだとっておきのワインたちと
色んなお店のシェフが作る“ワインの相棒”。
そんな素敵なコラボを楽しんでもらいたいと思って。
宮川酒店のPR活動の一環でもあるけれど、
酒屋がやっているバーということで、いろんなお酒を
お客さんに楽しんで欲しかったんです」
と、宮川酒店の「酒屋の嫁」、宮川綾さん。
3人の子どもを持つお母さんでもある。
根っからのお酒好きな夫婦ふたり、
自分たちの扱う商品はどんな特徴があるのか、なんの料理があうのか、
小さな酒屋だからこそできるお酒との付き合い方の楽しみを
「スナック二人」と称してTwitterでも発信しており、
このnico caféでのワインバー開催は
まさに夫婦ふたりの思いと実益がかなったもの。

宮川酒店がある中井町は、
「湘南の端っこ、西湘の端っこ」的な位置と綾さんはいう。
そんな中で感じるのは、小田原・西湘地区は横のつながりが豊かだということ。
「趣味や仕事、カフェや雑貨屋、レストランなどのお店を通して、
心地良い距離間を持って人々が知り合っていく、
そんなイメージがこの地域にはあります」
満月・宮酒ワインバーやワイン会をやっているからか、
ワインを好きな方って意外とたくさんいるんだな、と
実感しているという宮川夫妻。
彼らのお酒を通したコミュニケーションへの思いは、
和田さんや地域のみなさんの協力もあって、少しずつ地域にて浸透中のようだ。

満月は動物の生理状態に影響するとも一説では言われているけれど
この満月・宮酒ワインバーでは、アルコールや美味しい食事が相乗効果を発揮して
人びとを開放的な気持ちにさせている模様。
現に、閉店時間になっても満員御礼の人だかりだった。
美味しいお酒を仲間たち、見知らぬ人たちと楽しむ。
そんなコミュニケーションスペースで飲む、
珠玉の料理とよりすぐりのお酒。
次の満月は足取り軽く小田原まで、一杯いかが?

information

map

満月・宮酒ワインバー

神奈川県足柄上郡中井町にある宮川酒店が西湘地域で行う「宮酒ワインバー」が小田原「暮らしの遊びnico café」で満月の夜17時~22時のみオープンするワインバー。詳細はブログ&Twitter「酒屋の嫁」のひとりごとをご確認ください。

宮川酒店 http://www.miyagawasaketen.com/
宮川酒店「酒屋の嫁」のひとりごと ブログ
http://blog.goo.ne.jp/tandem_2002/
宮川酒店「酒屋の嫁」のひとりごと Twitter
https://twitter.com/miyagawasaketen
(ときどき、スナック一人も登場!)

Tags  この記事のタグ

Recommend