colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈ブナコ〉1ミリ厚の
ブナ材テープから生まれる
美しきプロダクト

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.069|Page 1

posted:2015.5.5  from:青森県弘前市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

text & photograph

Atsushi Okuyama

奥山淳志

おくやま・あつし●写真家。1972年大阪生まれ。 出版社に勤務後、東京より岩手に移住し、写真家として活動を開始。以後、雑誌媒体を中心に東北の風土や文化を発表。 撮影のほか執筆も積極的に手がけ、近年は祭りや年中行事からみる東北に暮らす人の「今」とそこに宿る「思考」の表現を写真と言葉で行っている。また、写真展の場では、人間の生き方を表現するフォトドキュメンタリーの制作を続けている。 著書=「いわて旅街道」「とうほく旅街道」「手のひらの仕事」(岩手日報社)、「かなしみはちからに」(朝日新聞出版)ほか。 個展=「Country Songs 彼の生活」「明日をつくる人」(Nikonサロン)ほか。
http://atsushi-okuyama.com

ブナコからつながる青森の森のはなし

青森県は、森林面積が県土全体の約66%を占めている森林県。
スギ、ヒバ、ブナ、アカマツなど多様な樹種が分布する。

青森県の木にもなっている青森ひば(ヒノキアスナロ)は、
下北半島や、津軽半島に多く分布している。
近年は、保護の観点から植栽や間伐を行いながら、計画的に供給されている。

青森ひばはその耐久性の高さから神社仏閣の建築に古くから利用されており、
現在も青森を代表する木材資源には間違いない。
しかし、青森の自然の代名詞でもある世界自然遺産〈白神山地〉の
ブナ林で知られるように、青森は豊かなブナ林が広がる土地でもある。
青森県南西部から秋田県北西部にまたがる
13万ヘクタールにも及ぶ山地帯のことを指す白神山地。
この広大な山々の連なりには、人為の影響をほとんど受けていない
原生的なブナ天然林が東アジア最大級の規模で広がっている。
また、下北や八甲田周辺にもいくつものブナ天然林が広がる。
こうした背景から、青森県のブナ蓄積量は日本一の数字を誇っている。
現在は、白神山地のブナ林をはじめ、その多くは保護対象のために
木材資源として活用されることはないが、
地球温暖化防止や災害などを防止する国土保全、
渇水や洪水を緩和しながら良質の水を育む水源かん養、
生物多様性の保全など、公益的機能で重要な役割を担っている。
本州最北の地、青森はブナの国でもあるのだ。

手厚い保護を受けている白神山地のブナ林。ブナは広葉樹林の極相林であるため、基本的には天然林となる。そのため、伐採可能な地域であっても無駄を生まない資源利用が求められる。

自由な造形を可能にするブナコの製法。

弘前で訪ねたブナコ株式会社が手がける〈ブナコ〉は、
その名の通りブナを使ったプロダクトだ。
特徴は、厚さ1ミリにスライスしたテープをコイル状に巻きつけ、
それを少しずつスライドして立ち上げ、立体物に成型していく独自の製法だ。
この製法は、蓄積量日本一のブナを特産品として有効活用するため、
1956年に青森県工業試験場が考案。
含水率が高く反りやねじれが多く発生することから、
厚みのある無垢材での使用に向かないブナをいかに扱いやすくするか、
また、ブナ資源をできるだけ無駄にしないためにはどうすればいいか
という研究の末に生まれたという。

コイル状に巻いたテープをスライドさせることで生まれるテクスチャーがブナコの持ち味。

天然のブナをスライスしてつくったブナテープ。底板をのぞけば、ブナコで用いられる素材はこのテープのみ。

戦後は青森のみならず岩手など、ブナ資源が多くみられる東北地域では、
フローリング材や漆器の木地用としてブナを産出していたが、
“狂いやすい”という特徴から価値のある木材資源としてみられることはなかった。
当時は現在のように高機能な木材用人工乾燥機もなく、
“ブナは狂う”というのが当たり前のことだったのだ。
そんな時代に登場したブナコの製法はセンセーショナルだっただろう。
ブナをわずか1ミリにかつらむきして、テープ状とすることで、
木材加工業者を泣かせた“狂い”はきれいに解消でき、
また、コイル形状とすることで大きさの自由も生まれた。
木工ろくろを使って挽物をつくる場合、
当たり前だが木地の完成サイズ以上の丸太を必要とする。
ところがブナコの場合、大きいものをつくりたければ、
テープを継ぎながら巻いていくだけでよい。
大径木を必要としない、資源を無駄にしないものづくりが可能になったのだ。

ブナテープを巻き込んでコイル状とした状態。これを徐々にスライドさせ立ち上げることで、テーブルウエアやランプなどの造形へと変化していく。

テープをコイル状に巻く作業は完全に手仕事。巻き加減を考慮しながら、素早く巻いていく。

Recommend