colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈ラ・フォレスタ〉
大阪府森林組合が営む施設で
作家とともに木の魅力を伝える

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.045|Page 1

posted:2015.1.30  from:大阪府南河内郡千早赤阪村  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

writer profile

Takaki Matsumura
松村貴樹

まつむら・たかき●1976年生まれ。京都で育ちながらも、奈良県吉野郡川上村の祖母の家で1年のうち数週間、山の生活を味わう幼少期を過ごす。21歳で単身渡米、ニューヨークで5年間暮らし帰国。2006年にLLC INSECTSを設立。2009年の春、「IN/SECTS Magazine」を創刊。2014年12月15日、最新号(日記特集)を刊行。http://www.insec2.com/

credit

撮影:大塚杏子(からもも)

ラ・フォレスタからつながる大阪の森のはなし

平野部を、北から北摂、生駒、金剛、和泉の各山系の森林が取り囲む大阪府。
その大阪府の森林総面積は約56,000ヘクタールで、
大阪府全体の約3分の1の面積を占める。
そのうちスギやヒノキなどの人工林が約27,000ヘクタール、
コナラやカシ類などの天然林が約25,000ヘクタールとなっている。

ワークショップで地元材と触れ合う

森の大切さや豊かさを、木工教室や地域材を紹介するコーナー、
ショップ、作品の展示などで感じさせてくれるのが、
金剛山の麓、奥河内にある南河内林業総合センター〈ラ・フォレスタ〉。
大阪府森林組合が運営している。

ここでは、ふたりの木工作家=小山亨さん(K Factory)と
林靖介さんが、それぞれアトリエを持ち、
地域材を使った創作活動やオーダメイド家具などを製作している。

ふたりの工房の間につくられた木工教室。こちらがワークショップの会場に。

Recommend