colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

ひとをつなげる
フードディレクターという仕事。
奥村文絵さん 前編

貝印 × colocal
「つくる」Journal!
vol.007|Page 1

posted:2015.6.9  from:東京都中央区  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  歴史と伝統のあるものづくり企業こそ、革新=イノベーションが必要な時代。
日本各地で行われている「ものづくり」もそうした変革期を迎えています。
そこで、今シーズンのテーマは、さまざまなイノベーションと出合い、コラボを追求する「つくる」Journal!
ものづくり・しくみづくり・ひとづくり・食づくり、場づくりetc、
貝印 × コロカル × earthradioチームが、フレキシブルにテーマを取り上げていきます。

writer's profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

メイン写真:21_21DESIGN SIGHT 『テマヒマ展<東北の食と住>』撮影・西部裕介

自分の部屋をレストランに。フードディレクションの原体験。

フーデリコの奥村文絵さんは、フードディレクター。
食に関する仕事にはフードコーディネーター、料理人、店舗オーナー、
デザイナーとさまざまあるが、フードディレクターとはどのような仕事なのだろうか。
それをひも解くのに、奥村さんの中学生時代にさかのぼる。

「中学生のころに、よくレストランごっこをしていました。
友だちを招いて、そのひとのためのフルコースをつくり、私の部屋で食べるんです。
料理本を見ながら、今日はどれをつくろうかとあれこれ考え、
買い物から始まって、料理に合わせて親が大事にしまっている食器を出してきて
組み合わせる。それからベッドや勉強机、本棚のある狭い部屋の真ん中に、
ガーデンチェアとテーブルを置いて、テーブルクロスを敷いて食卓をつくり、
リビングにあったスタンドで、ちょっとムーディにしたりして、
毎回、自分の部屋をレストランのような空間にしたんです」

そう原体験を語ってくれた。中学生にして、これが思いのほか奥深い。

「食べることが大好きな家族のなかで育ちましたが、
うちの台所の食卓で食べるのと、レストランで食べるのとでは、
時間や空間の感じ方がまったく違ったんです。
みんなの意識がテーブルに集まる。
いつもの家族なのに、どことなくお互いを尊重しあう会話になって、
そのたびにちょっと大人に近づいていくような感覚がありました。
つまり、食を介して、ひととの関係も変わるということに興味があったんです」

だから呼ぶ友だちは「もっと話してみたい友だち」だ。
ふたりで向き合ってゆっくりと食事をする。すると、いつもと違う会話が生まれ、
学校では見えてこない相手の表情や心情が滲み出てくる。
悩み多き年頃にテーマはいくらでもある。いつの間にかとっぷりと陽が暮れ、
スタンドの明かりを挟んで、話も関係性も深まっていく。
「味を追求する欲求というよりも、ひととの関係が変わることが面白い」と、
食を介してひとの関係が近づくことを意識し、体感してきたのだ。

Foodelcoが主催する〈ごはんの学校〉で講評している奥村文絵さん。ごはんの学校の詳細は次週。写真:山平敦史

奥村さんは、大学を卒業後、東京デザインセンターに勤務していた。
併設のイベントホール担当者として、
その時期にグラフィック、建築、インテリア、照明など、
ありとあらゆるジャンルのトップに立つデザイナーとの仕事に恵まれた。
その経験を通じて「自分を表現するジャンルがあるだろうか」と見つめたときに、
「食かもしれない」と思いついたという。

「食と言っても、自分が興味があるのは、料理人ではなく、
食から広がるコミュニケーションでした。
当時、フードコーディネーターという仕事が出始めていて、それが一番近いと思い、
右も左もわからないなかで、とりあえず弟子入りしました」

そこからレシピ開発や広告撮影の仕事が始まった。
「ひたすら明太子を成形したり、お弁当やお中元のカタログ撮影をしたり」する日々。
そのなかで少しずつ、コーディネートだけでなく、
コンセプトワークやディレクションを行うようになっていった。

Foodelcoが展開していたオリジナル食品ブランド〈800 for eats〉。
(現在は終了)写真:山平敦史

Tags  この記事のタグ

Recommend