colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

坂東幸輔建築事務所 vol.7 
補助金なし改修なしで、
港の空きレストランを再生

リノベのススメ
vol.132|Page 3

posted:2016.12.7  from:香川県丸亀市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

Kosuke Bando

坂東幸輔

京都市立芸術大学講師/坂東幸輔建築設計事務所主宰。1979年徳島県生まれ。2002年東京藝術大学美術学部建築学科卒業。2008年ハーバード大学大学院デザインスクール修了。スキーマ建築計画、東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手を経て、2010年坂東幸輔建築設計事務所設立。京都工芸繊維大学非常勤講師。徳島県神山町、牟岐町出羽島など日本全国で「空き家再生まちづくり」の活動を行っている。主宰する建築家ユニットBUSが第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016)日本館展示に出展。

Page 3

想像を超えるつながりが生まれたこと

私のようなしがらみのない外の人間が頼んだから
丸亀市がPIER39の使用を許可してくれたのだと思います。
PIER39は自分たちが想像していたよりも注目度が高く、市長や市議会議員の方たちや、
私たち以前からPIER39に興味を持っていた市民の方々、
この場所に思い出のある方や近くに住む方がたくさん訪れてくれました。

現在、PIER39を使いたいという地域の方が丸亀市と交渉をし始めてくれています。
また、周辺の地域に空き家となってしまった古民家をお持ちの方から
ぜひ見にきてほしいという依頼を受けました。
まちづくりのきっかけづくりとしては十分な効果をあげたのではないでしょうか。

〈港のカフェPIER39〉を実際にやってみて感じたのは、
カフェを一緒に運営することで教員・学生という立場を超えた関係が生まれることです。
普段、大学では教える側・教わる側の立場ですが、
カフェでは客の呼び込みが得意、コーヒーのドリップが上手い、
来てくれたお客さんへの気遣いや丁寧なコミュニケーションができるといった、
普段の制作からは見えない学生の個性が見えます。
私自身が学生の働き方から学ばせてもらうことも多かったです。
教員・学生という立場ではなくても、一緒に普段と違うことに挑戦することで、
その人に対するいろいろな発見があるということは、とても貴重なことだと思いました。

京都の学生たち。左から米山佳穂さん(京都市立芸術大学)、能村嘉乃さん(京都工芸繊維大学)、君野加奈さん(京都市立芸術大学)、プロジェクトの最初から関わってくれた垰田ななみさん(京都工芸繊維大学)、とても頼もしい仲間たちでした。

将来、香川大学の学生たちの中から本格的なカフェをやってみたいと、
京都の学生に内装のデザインの依頼がくるといったことが起きると、
やったかいがあるなと思っています。
〈港のカフェPIER39〉の本当の効果が現れるのはこれからなのではないかと思います。

今回、私は図面を描かずに、コーヒーを出したり、
カクテルを作ったりということを5日間、ずっとやっていました。
これは建築家の仕事なのでしょうか。
最近はそれも建築家の仕事のひとつなのかなと思っています。

考えてほしい、空き家を誰がどう使うべきか

空き家再生まちづくりの活動を始めて6年、最近では北海道から九州まで、
幅広く空き家再生の相談をいただくようになりました。
都市部の集合住宅から山間部の古民家まで、
空き家の種類も建っている場所もまちまちです。

空き家再生の相談は個人や民間のNPO法人からいただくこともありますが、
行政から相談を受けることも増えてきました。
徳島県神山町や出羽島、そして北海道浦幌町での空き家再生まちづくりの活動は
これまでの連載でも何度もお話しましたが、ほとんどの相談が

「活用したい空き家(遊休施設)がある、改修のための予算も用意した、
しかし何に使っていいのかわからないから一緒に考えてほしい」

という内容です。空き家、つまり過疎や人口減少などによって
余ってしまった建物の活用方法を皆さん悩んでいます。

地域が地方創生で盛り上がり、空き家再生へ注目の高まりを感じますが、
議論の多くがどうやって空き家を改修するかというハードの話ばかり。
誰が何のために空き家を使うかというソフトの話が置き去りにされがちで、
結局は箱モノ行政に戻ってしまっているのではと危惧することもあります。
人口が減少している以上、改修した建物を上手に使いこなす人が現れないと、
まちから空き家はなくなりません。

〈港のカフェPIER39〉ではソフト面を発展させることだけに集中しました。
空き家再生がハード整備ばかりの箱モノにならないよう、
これからもハードとソフトのバランスをとりながら
空き家再生まちづくりの活動をしていけたらと思います。

実は今回で私の連載は最終回になります。
徳島県三好市でのシニア層向けの空き家再生の話や、
福岡での温泉を生かした古民家再生の話など、
空き家・古民家をめぐる話もまたいつかの機会にさせていただけたらと思います。

リーマンショックで一時は建築をあきらめかけましたが、空き家再生を通して、
建物をつくる喜びを思い出しました。
今後は空き家再生と同時に新築の建物の設計にも力を入れていきたいと思っています。
空き家にならず愛着を持って長く使い続けていってもらう建物を
どうやってつくるのか、空き家再生から学んだたくさんのことを生かしていきたいと思います。

新築・改修にかかわらずこれからも建築の設計や
まちづくりを「楽しく」続けていけたらなと思います。
全7回の連載、楽しんでいただけましたでしょうか。
空き家をお持ちで使い途に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。日本全国どこでもうかがって、
一緒に活用のアイデアを考えさせていただけたらと思います。

長い間どうもありがとうございました。

執筆者ごとの記事一覧はこちら

Recommend