colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

坂東幸輔建築事務所 vol.7 
補助金なし改修なしで、
港の空きレストランを再生

リノベのススメ
vol.132|Page 2

posted:2016.12.7  from:香川県丸亀市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

Kosuke Bando

坂東幸輔

京都市立芸術大学講師/坂東幸輔建築設計事務所主宰。1979年徳島県生まれ。2002年東京藝術大学美術学部建築学科卒業。2008年ハーバード大学大学院デザインスクール修了。スキーマ建築計画、東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手を経て、2010年坂東幸輔建築設計事務所設立。京都工芸繊維大学非常勤講師。徳島県神山町、牟岐町出羽島など日本全国で「空き家再生まちづくり」の活動を行っている。主宰する建築家ユニットBUSが第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016)日本館展示に出展。

Page 2

カフェとして再生したPIER39の様子。家具もそのまま利用しています。

観光客はもちろん、地元客もたくさん来店

港のカフェPIER39では昼はカフェ、夜はバーとして営業しました。
カフェのメニューはコッペパンにエビカツや焼うどん、
たまごを挟んだおかずパン、
桃やサツマイモのジャムとアンコをバタークリームと挟んだデザートパンを中心に、
スープやドリップコーヒーなども販売しました。

一番人気だった丸亀のエビカツをサンドしたパンとスープ。

最初はゆっくりした出足でしたが、少しずつ瀬戸内国際芸術祭のお客さんたちが
フェリーの待ち合い場所として使ってくれるようになりました。
学生も私も最初は勝手がわからず、戸惑いが多かったのですが、
3日間の連休の営業を終える頃には、何時のフェリーの出発前には何が売れやすい、
といったことまでわかるようになり、
朝に100個準備したパンが1日ですべて売り切れるようになりました。

瀬戸内国際芸術祭のお客さんが多いのではと思っていたのですが、
地域の方も多く来てくれました。

「子どもの頃PIER39に来た思い出があったから」

「昔ここで大きな海老フライを食べたんだよ」

などと地域の方から口々に思い出話を聞かせてもらいました。
なかには、以前からPIER39を活用したいと思っている方がいたようで、
毎日通って思いを聞かせてくれる方もいました。

瀬戸内国際芸術祭を訪れた人や地元の人でにぎわうPIER39の様子。

昼間カフェ営業をした後で、夜はバー営業も行いました。
夜は誰も来てくれないのではという心配をよそに、多くの地域の方が飲みに来てくれました。
市の広報やSNSでの告知のかいがあって、シックな内装のバーで、
夜の海を眺めながら飲むカクテルを楽しみにして来てくださったお客さんが多かったようです。
徳島県神山町の家具デザイナーの鴻野祐くんにも来てもらってDJをしてもらいました。

PIER39のバータイムの様子。雰囲気がすばらしかった。

DJをする家具デザイナーの鴻野祐さん。

学生たちもDJを体験しました。

徳島県出羽島からも学生たちが来てくれました。
なんと移動図書館の“ねことしょ”を持ってきてくれ、
PIER39で出羽島の宣伝をしてくれました。PIER39では地域の壁を超えて、
京都・香川・徳島の学生たちが楽しそうに活動している姿に感動しつつ、
自分が普段、いろいろな地域を飛び回ることで、
「いろいろな場所の人たちをつなぐことができるのか」、とうれしくなりました。

徳島県牟岐町から〈NPO法人ひとつむぎ〉で活動している学生たちが来てくれました。

移動図書館ねことしょを使って外でパンを販売している様子。京都・香川・徳島の学生たちの協働プロジェクトになりました。

10月後半の週末にも港のカフェPIER39をオープンしました。
せとうち暮らし』という雑誌のトークショーをPIER39で開いたりと、
自分たち以外の人が主催するイベントも開催されました。

私たちがいなくなった後も〈まるがめみちあかり〉というイベントで
PIER39を使うので、ポスターを置いてほしいと地域の方から頼まれました。
たった5日間の営業が、次のPIER39の活用につながった瞬間でした。

せとうち暮らしのトークイベントの様子。

丸亀のゆるキャラじゅうじゅうくんも応援に来てくれました。かわいい。

Recommend