colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

北海道〈Villaニセウコロコロ〉
一棟貸し宿で、まちの日常を体感!
おすすめ東川のコーヒーショップへ

my weekend@HOKKAIDO
大雪山と、北の暮らしを旅する
vol.003

posted:2017.8.26  from:北海道上川郡東川町  genre:旅行

PR 北海道観光振興機構

〈 この連載・企画は… 〉  “北海道の屋根”と言われ、日本最大の〈大雪山国立公園〉を有する大雪山。
深く美しい大自然のなかで、コテージや温泉宿に滞在しながら、北の暮らしを旅します。

photographer profile

Asako Yoshikawa

吉川麻子

フォトグラファー。北海道苫小牧市生まれ。札幌市在住。2006年からのスタジオ勤務を経て2011年より独立し、フリーランスとなる。主にポートレイト、衣食住、それらに関わる風景など幅広く撮影。おいしいものといい音楽があると笑顔になります。
気のいい犬1匹と現在二人暮らし。

writer profile

Akiko Yamamoto

山本曜子

ライター、北海道小樽生まれ、札幌在住。北海道発、日々を旅するように楽しむことをテーマにした小冊子『旅粒』発行人のひとり。旅先で見かける、その土地の何気ない暮らしの風景が好き。
旅粒
http://www.tabitsubu.com/

美しい山を眺めて、のんびり過ごすなら

道内でも有数のおいしい米どころとして知られる、
大雪山が宿した豊かな水が流れるまち、東川。
そんなこの土地を満喫するなら、自然に囲まれた一棟貸しの宿がおすすめです。

旭川空港から車で15分ほど走ると見えてくる
田園風景にそっと寄り添う3棟の愛らしいヴィラが、
大雪山を望む一棟貸しの宿〈ニセウコロコロ〉です。

〈ペロ〉のリビング。素材から厳選された建物は床材も棟ごと、部屋ごとに異なり、こちらはナラの木を、寝室にはウォルナットを使用。木のいい香りが深いくつろぎを誘います。

「ニセウ」とは、アイヌ語で「どんぐり」のこと。
アイヌの人々の暮らしに欠かせない存在だったどんぐりをモチーフに、
それぞれ間取りやインテリアに個性のある3つの棟にも
〈ペロ(ミズナラ)〉、〈チカプ(コナラ)〉、〈トゥンニ(カシワ)〉と
どんぐりの木の名前がつけられています。

どの棟もキッチン用具や食器、洗濯機まで揃った、美しい別荘のような佇まい。
暮らすように滞在できるしつらえが、すみずみまで行き届いています。

気持ちいい対面型キッチンつきの〈チカプ〉では料理も楽しみたい。夏なら野菜は車ですぐの〈道の駅ひがしかわ〉、新鮮な魚介はちょっと足をのばして旭川のスーパー〈ウェスタン〉へ。

新潟県燕市の〈吉田金属工業〉がつくるブランド〈グローバル〉の包丁をはじめ、キッチンの引き出しには、使ってみると良さが実感できて自分の暮らしにも欲しくなる上質なアイテムが並びます。朝食用にパンや卵などの〈ひがしかわのおいしいものセット〉が用意されているのもうれしい。

木材や漆喰など、体にやさしい空間

旅好きのオーナーの正垣智弘さんご夫妻が、自身の旅経験やこだわりを生かし
理想をかたちにしたという建物は、
東川に家具工房とショップ&カフェをもつ〈北の住まい設計社〉に依頼。
機能的でナチュラルな雰囲気をもつ空間と調和するような
雑貨やキッチン道具のセレクトはご夫妻自らで行い、
各棟とも北欧のようにシンプルな心地よさに包まれています。
3棟それぞれの特長や、オープンまでの詳しい経緯についてはコロカルのこちらの記事で。

朝を迎えるのが楽しみになる、光の美しい〈チカプ〉の洗面台。清潔感あふれる白いタイルがポイント。壁には調湿効果のある珪藻土を使用していて、室内の空気も清々しい。

次のページ
まちの人気店の絶品料理をオーダー

Page 2

東川は全国でも珍しい、北海道では唯一の「上水道のない」まち。
蛇口をひねると、おいしい地下水が出てくるという貴重な環境も体感できます。

ニセウコロコロでゆっくりしたいけど、料理は苦手という人は、
近隣のお店からオーダーできるデリメニューもあります。
この日は北の住まい設計社のカフェメニューを注文。
素材の安心感はもちろん、味もボリュームも大満足の内容です。

この日頼んだのは、北の住まい設計社カフェのデリBコース(2400円)。ピザかパスタ各3種類から選べる。季節のピザはナスとズッキーニ乗せでふわふわもっちりな生地に野菜とチーズが絶妙なバランス。

紙袋は自家製パンとクネッケ(北欧のクラッカー状のパン)入り。スパイスがふんわり香る人参とレーズンのサラダに季節の野菜たっぷりのスープ。どのメニューも2〜3種類から選べる。

旭川で大規模に無農薬栽培を実践する〈谷口農場〉の北あかりを使った自家製ニョッキのオーブン焼き。ジャガイモの甘みが自家製トマトソースの程よい酸味にマッチ。

3種類のコースから選べ、地元を中心にこだわりの生産者さんから仕入れた
安心な食材でつくられる北の住まい設計社のデリメニューは、
どれもしっかりと手の込んだおいしさ。
夏場ならワインを購入して、外のテラスでゆっくりといただくのもよさそう。

〈ペロ〉のテラス。食事はもちろん、お茶やお酒のひとときも心地よい。

ニセウコロコロのおすすめの過ごし方

夏の夜は、カエルの大合唱に包まれるというニセウコロコロ。
「まわりは田んぼが多く、里山の風景が楽しめる場所。
この“なにもなさ”をぜひ楽しんでほしいです」

そんな思いで、訪れる旅人を温かく迎えている正垣さんご夫妻も
東京から一家で東川へ移住します。その決め手は、豊かで美しい水と、
大雪山を望むこの田園風景だったそう。
今は4人のお子さんとともに、この地での暮らしを忙しくものびのびと楽しんでいます。

「お客さまの口コミやSNSのおかげで、道外の方が多く訪れてくれるようになりました」と語る正垣智弘さんと奥さまの芳苗さんは、自然体な雰囲気がすてきなご夫婦。

ニセウコロコロでは2台のレンタサイクルを用意。前もって予約して、まちへのお出かけに、山へのお散歩にと気軽に活用したい。

東川のいいものをたくさんご存知の正垣ご夫妻おすすめのお店、
ご夫妻が毎朝飲むコーヒーで、ニセウコロコロではお客さん用の
コーヒー豆としても置いているという〈YOSHINORI COFFEE〉へ、
夫妻と一緒に訪ねてみることにしました。

次のページ
おいしい水のまちのおいしいコーヒー

Page 3

ニセウコロコロ同様に、旭岳を望み、田んぼに囲まれた絶景のお店〈YOSHINORI COFFEE〉。

店主の轡田(くつわだ)ご夫妻とは家族ぐるみのおつきあい。「ここでお友だちやお客さんとお話が尽きなくなることも多いんです」と笑顔の絶えない、東川の井戸端のようなコーヒースタンド。

宿から車で5分ほど。木の風合いが心地いい店内には焙煎機をはじめ、
コーヒーにまつわる機械やグッズが並び、豆のいい香りが立ち込めています。
ドリンクはテイクアウトが基本で、店内のカウンターでもいただけるスタイル。
“飲む人に感動を与える”というスペシャルティコーヒーを
おいしい水のまち東川で、リーズナブルに提供しています。

コーヒーはバリスタの紗世さんが1杯ずつ丁寧にハンドドリップ。自宅で淹れるコーヒーがよりおいしくなるコーヒー用品やオリジナル商品も販売しているのでチェックしたい。

持続可能な未来につながる一杯

コーヒーマイスターの資格を持ち、焙煎で豆ごとの個性を引き出す轡田芳範さんは
旭川出身で、東川は若い頃から遊び場としてよく訪れていたそう。
ふとしたきっかけでコーヒーの世界にのめり込み、東川に移住。
2015年、道北ではここだけのスペシャルティコーヒー専門店をオープンします。

左のハンドドリップ・ホット(400円)は深煎りテイストの夏ブレンドが澄んだ味わい。アイスカフェラテ(400円)にはこの日、オリジナルブレンドの202を使用。爽やかな酸味がミルクに相性ぴったり。

世界で流通するコーヒー豆のうち、わずか5パーセント未満という
スペシャルティコーヒー。生産から販売まで徹底した品質管理のもと
おいしさが評価された貴重な豆を、ここで味わうことができます。

「持続可能な未来につながる一杯を、まずは飲んでいただいて
このおいしさを知ってもらえたらうれしいですね」
種類豊富なコーヒー豆はティーバッグタイプもあり、お土産にもぴったり。
東川を散策するときにはぜひ立ち寄りたいスポットです。

古い納屋を改装し、お店と住居がつながった暮らしをしながらスペシャルティコーヒーの普及に努める轡田ご夫妻は「近所の農家さんが作業服姿で訪れてくれるのがうれしいですね」と笑顔。

「お店をしている方同士がそれぞれの仕事を尊重して、
連携しあっているのが東川の魅力」と紗世さんは語ってくれました。

住む人同士がつながり、高め合い、生かし合うまち。
そんな東川に暮らすように滞在できるニセウコロコロで、
ゆっくりと流れる週末時間を過ごしてみませんか?

information

map

Villa ニセウコロコロ

住所:北海道上川郡東川町東3号北12

TEL:0166-82-4747

チェックイン:15:00〜(18:00を過ぎる場合は事前にご連絡ください)

チェックアウト:〜11:00

駐車場 あり

http://nisew-corocoro.com/

information

map

YOSHINORI COFFEE 

住所:北海道上川郡東川町北町12丁目11番1

TEL:0166-56-0099

営業時間:10:00~18:00

定休日:水・木曜日

駐車場 あり

http://www.yoshinoricoffee.com

Tags  この記事のタグ

Recommend