colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

ぬちまーすカフェレストラン
「たかはなり」

おでかけコロカル|うるま編

posted:2015.9.4  from:沖縄県うるま市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

「うるま時間」編集部

うるま市の素敵な旅時間を紹介するサイト「うるま時間」の編集部です。
うるま市は、沖縄本島中部に位置し、琉球ロマンを感じる世界遺産・勝連城跡や爽快な海にのびる海中道路が有名です。また、闘牛や伝統エイサーなど地域の文化など見どころも満載。
そんな、魅力あふれるうるま市を、4名の編集部員がお届けします。
http://www.urumajikan.com/

credit

写真提供:うるま市

ミネラル豊富な海の恵みを見て、味わって。

うるま市の島嶼(とうしょ)地域、伊計島(いけいじま)と
平安座島(へんざじま)に挟まれた宮城島。
この島の特徴を生かし、きれいな海水を汲み上げてできる塩を「ぬちまーす」といいます。
ぬちまーすは宮城島の工場でつくられています。

海抜60mのテラス席から見晴らす美ら海のパノラマビュー!
この、島の絶景ポイント「果報バンタ」に隣接する赤い瓦屋根の建物が、
「ぬちうなー(命御庭)」です。

自然が残る宮城島から生まれる命の塩・ぬちまーす。
ぬちうなーでは、無料でガイドによる見学、製造工程案内、施設案内があり、
海そのままの塩が生まれた背景や、「生命に必要なミネラル」について楽しく学べます。
眼前に広がる美ら海(ちゅらうみ)から直接汲み上げた海水から、
塩の結晶が生まれるまでの工程を見ることができます。
まるで室内スキー場のような塩の雪景色。ここが塩の工場だとは驚きです。

工場見学のあとは、施設2階にある「カフェレストラン たかはなり」へ。

メイン料理からデザートまで、ぬちまーすをふんだんに使った料理たち。
県産の豚や野菜の旨味を引き出してます。
メニューは、地元宮城島の黄金芋が入ったカレー、日替わりのパスタ、魚料理など
身体に優しいメニューを取り揃えています。

デザートにはぬちまーすを効かせた塩大福や、ぬちまーすのジェラートなど。
他ではなかなか味わえない塩スイーツが楽しめます。
自慢の塩を使用した料理は、無限の可能性を堪能でき、忘れられない味となるでしょう。

Information


map

ぬちまーすカフェレストラン たかはなり

住所:うるま市与那城宮城2768

TEL:098-983-1140

営業時間:10:00~17:00(L.O)

定休日:年中無休(木曜日は軽食・デザートメニューのみ)

http://www.nutima-su.jp/

Tags  この記事のタグ

Recommend