colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「ギャラリー はらいそ」
自分だけのとっておきに
きっと出会えます

おでかけコロカル|うるま編

posted:2015.9.4  from:沖縄県うるま市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

「うるま時間」編集部

うるま市の素敵な旅時間を紹介するサイト「うるま時間」の編集部です。
うるま市は、沖縄本島中部に位置し、琉球ロマンを感じる世界遺産・勝連城跡や爽快な海にのびる海中道路が有名です。また、闘牛や伝統エイサーなど地域の文化など見どころも満載。
そんな、魅力あふれるうるま市を、4名の編集部員がお届けします。
http://www.urumajikan.com/

credit

写真提供:うるま市

美しい沖縄の工藝品をお土産にどうぞ

近年の石川曙エリアは、海を見渡すカフェが立ち並ぶ外国人住宅街でもありつつ、
古くからの沖縄の風景も残す、人気のエリアです。
青々とした芝生の上に佇む真っ白いシンプルな建物が続きます。
その一角にある建物に、ひらがなで「はらいそ」と書かれています。
「はらいそ」とはスペイン語で「paraiso」、パラダイスの意。
それを日本語で「はらいそ」と読み、名付けたそうです。

「紅型(びんがた)」「やちむん」「琉球ガラス」など、
沖縄県にはさまざまな工芸文化がありますが、「ギャラリーはらいそ」は
「うるま市の工芸作家」の作品ばかりを集めたセレクト雑貨ショップです。
店内も白を基調とした壁や棚に、陶器やガラス、紅型などが並んでいます。

やちむんは山田義力、島袋克史、ことりのといった
工藝作家の作品をとり扱っています。
うるま市内の作家だけでも作風はさまざま。
色やかたちといった作家独自の個性を見比べることができます。

透明感のあるガラスの器は田場のガラス工房「てとてと」の作品。

鮮やかな藍色が美しい「花藍舎」のストール。
コースターなど日常使いの雑貨に藍が入るだけで、
生活の彩りが豊かになりそうです。

プルメリアやビーンズといった紅型として
珍しいモチーフを扱うのは工房tokotokoさん。
古い技術のなかに新しい息吹を吹き込んだ作品です。
アンモナイトやバナナの葉をモチーフに
神秘的な紅型を制作するのは工房ふじのさんの作品です。

ギャラリースペースには陶器や絵画、写真などが飾られています。
うるま市で生まれ育った工芸たちを手で取って眺めていると、
その土地の風土や息づかいが聞こえてくるような。
旅先で忘れられない宝物が見つかる、そんな地域のギャラリーです。


map

ギャラリーはらいそ

住所:うるま市石川曙1-9-24

TEL:098-989-3262

営業時間:11:00~16:00

定休日:水曜・日曜・祝日

http://haraiso.gallery/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ