colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

速報!
アジア初・まったく新しい
アトラクション〈パカブ〉が、
神奈川県南足柄市
〈足柄森林公園 丸太の森〉に
やってくる!

コロカルニュース
vol.2077

posted:2017.5.4  from:神奈川県南足柄市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

「パカブ(PARCABOUT)」ってご存知ですか?

言葉からは想像できないその正体……
実は、森の中に張り巡らされた、さまざまなかたちをした網のアトラクションです。
網の広場で跳ねる、吊り橋をユラユラ渡る、空中迷路を楽しむ、
そして空中ミニサッカーやバトミントン、ドッチボールも遊べ、
家族や仲間と自由自在に遊べる空間。それがパカブです。

パカブ発祥の地は、フランスのブルターニュ地方のグロワ島。
美しい海に浮かぶこの小さな島は、漁業が盛んということもあり、
住民にとって身近な漁網を使って、今までなかった遊びをつくったところ、
過疎化が進んでいたグロワ島の名物となり、
若者の島外流出を防いだというエピソードがあります。

今回新たに、〈森の空中あそび パカブ〉という名で、
金太郎の伝説が残る自然豊かな地、
神奈川県・南足柄の〈足柄森林公園 丸太の森〉に誕生します。
日本・アジア初上陸で、世界最大級の施設となり、
フランス・イギリスに次いで世界で3か国目となる、
世界的に見てもまだ珍しいアトラクションなのです。
今回の設営にもグロワ島から設営担当者8~10人が5月に来日し
オープンの準備がスタートします。

次のページ

Page 2

設営中の様子の動画も公開中

地上からの高さがわかるかと思います。

足元は固定されていない網の上で、ハーネスを着けずに遊ぶ自由度の高いこのアトラクション。
揺れて跳ね上がったり転んだりする楽しさと、
最大地上高 8メートルで遊ぶスリル。網なのでもちろん下は透け透けです……!
そのような状態で楽しむ空中ミニサッカーや空中バスケットボールとは、
いったいどのような遊びなのでしょうか? 気になるところです。

〈足柄森林公園 丸太の森〉はバカブ以外も充実。ハーネスを着けて森の中を滑走する〈足柄山 飛天狗(ジップライン)〉などのアトラクションも楽しめます。

パカブは2017年7月下旬オープン予定ということで、
今後とも新しい情報をこちらのページで更新していきます。

森の空中あそび〈パカブ〉オープン! 気になる値段や服装は?

2017年7月23日、オープンの日を迎えたパカブ!
日本初、誰もが初体験の颯爽感が話題をよび、
連日賑わいをみせています。

利用時間は1回につき120分(200名)1日全7回、
利用料金は、小学生以上(7歳以上)が2500円、
3〜6歳は700円、2歳以下は無料(※保護者同伴の上、キッズエリアのみ利用可)
となっています。
服装は、ネットで手足が擦れないよう長袖長ズボン、足元はスニーカーが安心です。

また予約もオンライン上で24時間受け付けてくれます。
予約開始日は2ヶ月前から。

information

map

足柄森林公園 丸太の森 森の空中あそび パカブ

住所:神奈川県南足柄市広町1544

オープン:2017年7月23日

定休日:月曜(祝日の場合は、翌日)、12/29~1/3 ※7/15~8/31 は無休

駐車場:100台(無料)

Web:http://www.parcabout.jp

アクティビティ:

・空中吊り橋

・空中迷路

・空中トンネル スベリ台

・空中バドミントン

・空中バスケットボール

・空中サッカーボール 他ボールゲーム

・バランスウォーキング(平衡感覚と体幹を刺激します)

・キッズ専用プレイゾーン

・網の上でゆっくりとくつろげるスペースもあります。

足柄森林公園 丸太の森では、キャンプやバーベキュー、日本最長クラス(1060m)のキャノピー(樹間)ツアースタイルのジップライン〈飛天狗(とびてんぐ)〉なども楽しめます。

Recommend