colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈Go! Hatto 登米無双〉
おばあちゃんが敵をなぎ倒す
PR動画公開

コロカルニュース
vol.1942

posted:2016.11.29  from:宮城県登米市  genre:食・グルメ / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

宮城県の北東部に位置し、
古くから米の名産地として知られる登米(とめ)市。

登米産の〈ひとめぼれ〉はランキング最高“特A”を連続受賞するこめどころ。
冬にはラムサール条約登録湿地の伊豆沼・内沼などに多くの渡り鳥が
飛来するなど、 豊かな自然が数多く残るところです。

そんな登米市のオリジナルPR動画『Go! Hatto 登米無双』が、
本日Youtube上及び公式WEBサイトにて公開。
意外にも、おばあちゃんが敵をバッサバッサなぎ倒す、
本格アクション作品になっています。

動画のストーリーは…

のどかな登米市に突如現れた謎の集団。
登米市の郷土食、“はっと”をご法度(禁止)にしようと企みます。
市民が悲嘆に暮れる中、立ち上がったひとりの女性、「トメ」が闘い、
登米市に平和を取り戻すといったもの。

こちらが「はっと」

ロケ地は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのボート、
カヌー・スプリント競技場候補地である登米市内の長沼や、
国指定重要文化財である教育資料館を始めとした登米市の名所。

動画には多くの登米市民をはじめ、布施孝尚市長や栗山健作副市長、
登米市の観光PRキャラクター“はっとン”も出演しています。

次のページ
命をかけて守る“はっと”とは?!

Page 2

聞きなれない“はっと”とは、
小麦粉を水で練って熟成させたものを、指で薄くのばして茹で上げた、
ツルツル、もちもちの食感がやみつきになる郷土料理。

醤油仕立ての汁で茹で上げたり、お湯で茹でて、あずき、
ずんだ、ジュウネン(エゴマ)などに絡めたりもします。
その昔、小麦から作られるこの料理が美味しすぎて、
「百姓の米作りが疎かになるのではないか」と心配した領主が
ご法度(禁止)にしたことから、
「はっと」と呼ばれるようになったと言われています。

迫力のアクション動画。
主演するのは、殺陣歴約30年の女優・ナレーター・殺陣師・日本舞踊家の金子早苗さん。
50代~70代で結成された殺陣ユニットOBC(おばチャンバラーズ)として活動中だそう。
本動画のメイキングも合わせてお楽しみください。
本プロジェクトの詳細は、公式サイトにて。

information

map

Go! Hatto 登米無双

Recommend