colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

東京・谷中に、まち全体を
ホテルに見立てた宿泊施設
〈hanare〉がオープン!

コロカルニュース
vol.1405

posted:2015.11.27  from:東京都台東区  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

下町風情が残る東京・谷根千エリアにある、谷中。
路地には民家をリノベーションしたカフェや
雑貨屋さんもあり、散策やお買い物が楽しいまちです。

そんな谷中に“まち全体をひとつのホテルに見立てる”という
大胆なコンセプトのホテルがオープンしました。
その名も〈hanare〉。
まち全体をホテルに見立てることで、
地域と一体になったホテルを目指しているのだとか。

たとえば、大浴場はまちの銭湯、
ダイニングはまちの食堂やレストラン、
レンタサイクルは自転車屋さん……などなど、
いろんなことをまちで楽しむのが、このホテルのスタイルです。

〈tokyobike gallery 谷中〉東京を走るためにつくられた自転車〈トーキョーバイク〉の直営店。レンタルも行っています。

hanareを手がけたのは、以前リノベのススメでもご紹介した、
築60年の木造アパートを改修した文化複合施設〈HAGISO〉の皆さん。
hanareの改修も、HAGISOのメンバーが手がけました。

HAGISO

ホテルのレセプションは、こちらのHAGISOの2階にあります。

次のページ
普通のホテルと何が違うの?hanareの楽しみ方

Page 2

hanareは、普通の旅館やホテルと何が違うのでしょうか?

まず、HAGISOのレセプションでチェックインすると、
コンシェルジュからウェルカムドリンクとともに
まちの情報やルールを伝えられ、
オリジナルのマップや朝食チケットなどが渡されます。

レセプションにはショップが併設されており、
HAGISOゆかりの作家の作品を見ることも。

チェックイン後は、まちを歩きながら、宿泊棟へ。
まさに“はなれ”へ向かうまでの道のりも楽しい!

宿泊棟は古い建物を改修した、周囲の環境に馴染む施設です。

館内には、共同のシャワールームと洗面所もあります。

宿に落ち着いたら、マップを片手にまちを散策。
周囲には、コンシェルジェおすすめのスポットがたくさんあります。

夜は近くの銭湯へ。
宿泊料には銭湯チケットが含まれており、周辺の銭湯から
好きなところを選んで入浴できるようになっています。

銭湯帰りには、レストランや個性的なバーなど、
夜に楽しめるお店もたくさん。

そして翌朝は、HAGISO1階のカフェ〈HAGI CAFE〉で朝ごはん。

まるで、古き良き下町の暮らしを体験できるようなホテルです。
歴史といまが共存するまちで楽しむ、ちょっと都会的で、ちょっと懐かしい暮らし。
ぜひ一度泊まってみたいですね!

アメニティなどが入った桐の重箱。基本的なアメニティのほかに、オリジナル手ぬぐいや日記帳なども。細やかな心遣いがうれしい。

hanare

価格帯:1泊1人あたり8,000円〜(朝ごはん、銭湯チケット付)

住所:東京都台東区谷中 3-10-25 HAGISO

アクセス:JR日暮里駅西口/地下鉄千駄木駅2番出口より徒歩 5 分

電話:03-5834-7301

定休日:不定休

室数:5部屋(1部屋2〜3名まで)

hanare

Facebook

Recommend