colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

今日のおやつ:「河内屋のどら焼き」ドラえもんに食べさせたい!ひとり限定5個まで

コロカルニュース
vol.0917

posted:2014.12.15  from:静岡県静岡市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

静岡駅から徒歩15分くらいのところに、
徳川家にゆかりのある静岡浅間神社へと続く商店街があります。
(商店街の様子は「勝手に商店街サンドづくり・浅間通り商店街編」でも紹介しています)
今日ご紹介するおやつは、
その商店街に入ってすぐ右手にある「河内屋」のどら焼き。
素材や焼き方にこだわりのある大将のどら焼き目当てに、連日行列ができています。
また、ひとり限定5個までしか売ってくれないということでも有名。
できるだけ多くの人に食べてもらいたいという大将の思いからだそうです。

浅間通り商店街の名物店「河内屋(かわちや)」。平日の昼間なのに女性の行列が。

一枚ずつ丁寧に焼きます。鉄板にあるどら焼きの跡が歴史を感じさせます。

まんなかがプクッと膨らんできました!

待っている間にサービスしてくれました。できたてどら焼きの皮に挟まれたピーナツクリーム、美味しい!

できたてのたい焼きはこれまでたくさん食べたことがありますが
できたてのどら焼きを食べるのは初めての体験。
1988年から焼き続けてきたというだけあって、
大将がリズムよく焼きあげていく様子につい注目。
焼き色が統一されてて感心してしまいます。
皮はふっくらしていて、餡子は甘さひかえめ。
ドラえもんがこの店を知ったら、どこでもドアで毎日通いそうだと思いました。
ちなみに袋詰めは大将の横で奥さまがしてくれます。
おひとつ120円。神社までの食べ歩きにおススメです!

ズッシリ。食べ応えあり。

所在地:静岡県静岡市葵区馬場町12-1
電話:054-271-4363(電話予約不可)
定休日:日曜午後・月曜
営業時間:10:00~どら焼きが終わり次第(大将の気分)

Recommend