colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

さつまいもに栗にかぼちゃ、
食卓で感じる小豆島の秋

小豆島日記
vol.256

posted:2020.9.28  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住 / 食・グルメ

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
https://homemakers.jp/

季節の食材をしっかり味わう

いつまで続くのこの暑さ! と思っていただけど、気づけば「秋」がやってきていた。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉どおり、朝晩はすっかり涼しくなったここ最近。
季節はちゃんと変わっていきますね。ほっ。

春に植えた生姜、夏を越えてだいぶ大きくなりました。

春に植えた生姜、夏を越えてだいぶ大きくなりました。

草を抜いて、大きくなった生姜に土をかぶせて、日々手入れ。

草を抜いて、大きくなった生姜に土をかぶせて、日々手入れ。

私たち〈HOMEMAKERS〉の畑では、ようやく秋の葉物野菜の収穫が始まりました。
毎年9月、10月は夏野菜から冬野菜への切り替え時期で、
端境期(はざかいき)とよく言うのですが、収穫できる野菜がほとんどなくなります。

今年は梅雨の長雨、梅雨が明けてからの酷暑で、
人間だけじゃなくて野菜たちもだいぶダメージを受けていて、
ピーマンなんかはいつもなら11月くらいまで収穫できていたりしますが、
8月終わり頃にほとんど枯れてしまいました。

9月から収穫を始めた新生姜。まだ少し小さめですが、フレッシュな香りと真っ白な肌が美しい。

9月から収穫を始めた新生姜。まだ少し小さめですが、フレッシュな香りと真っ白な肌が美しい。

私たちは、収穫した旬の野菜を組み合わせて〈HOMEMAKERSの旬野菜セット〉として
オンラインストアなどで販売しているのですが、
最近は毎日「あー、野菜がない〜。セットがつくれない〜」という状態。

暑さが落ち着いて、なすなど復活した夏野菜たち、
夏の終わりに収穫し保管しておいたかぼちゃやさつまいも、
採れ始めた葉物野菜を組み合わせて、なんとか旬野菜セットをつくってます。

ようやく採れ始めたルッコラ、赤リアスからし菜、かぶ菜。秋の葉物たち。

ようやく採れ始めたルッコラ、赤リアスからし菜、かぶ菜。秋の葉物たち。

涼しくなって再びつやつやの実をつけてくれたなす。

涼しくなって再びつやつやの実をつけてくれたなす。

という感じで、いま収穫できる野菜は少ないのですが、
キャベツやブロッコリー、にんじん、大根など冬野菜たちは着実に育っていて、
これから1か月後くらいの畑がとても楽しみ。
冬野菜フィーバー、早くこないかな。

〈HOMEMAMERSの旬野菜セット〉。ひとつひとつの野菜に名前と特徴や食べ方などの説明80字を書いた名札をつけるようにしました。

〈HOMEMAMERSの旬野菜セット〉。ひとつひとつの野菜に名前と特徴や食べ方などの説明80字を書いた名札をつけるようにしました。

次のページ
秋の日のまかないごはん

Page 2

畑の状況と連動して、HOMEMAKERSの食卓も少しずつ夏から秋へ。
畑作業しているみんなと一緒に食べるHOMEMAKERSのまかないごはんは、
そのとき採れる野菜が主役! 
たくさん採れすぎた野菜を使うことが多いですが、
季節の初もの野菜の味をみんなで確認することもよくあります。

HOMEMAKERSのまかないづくり。

HOMEMAKERSのまかないづくり。

旬の野菜が並びます。この日は夏野菜ピザ!

旬の野菜が並びます。この日は夏野菜ピザ!

8月末から9月頭に収穫した安納芋を、さつまいもご飯に!
「あー、いい甘さだね。これくらいの追熟具合がいいね」
みんなであーだこーだいいながら、自分たちで育てた野菜を食べてます。

掘りたての安納芋。さつまいもは収穫してからしばらく保管し、追熟します(甘みが増す!)。

掘りたての安納芋。さつまいもは収穫してからしばらく保管し、追熟します(甘みが増す!)。

食卓って、見て、食べて、ダイレクトに季節を感じられる場だと思うんです。
さつまいもにかぼちゃ、イチジク、栗! 

あー、1年ぶりの栗ご飯。毎年この時期にしか出会えない栗ご飯。
そんなふうに季節の食材を楽しめることって、とても幸せだなと。
気を抜くと日々はあっという間に過ぎていってしまいますが、
季節の食材が並ぶ食卓に座って、
「あー、秋だね」とその時期をしっかり味わえる。そういうのがいいなと。

今シーズン初のさつまいもごはーん!

今シーズン初のさつまいもごはーん!

「秋だねぇ」と言いながら、箸が止まらない。

「秋だねぇ」と言いながら、箸が止まらない。

今年は新型コロナウイルスの影響で、
ことごとく季節のイベントが中止になってしまいました。
小豆島でも、5月の「肥土山(ひとやま)農村歌舞伎」、
7月の「虫送り」、10月の「太鼓まつり」など、今年は全部中止です。

「あー、歌舞伎の季節だな、忙しいなぁ」なんてぶつぶつ言いながらも、
そういう季節ごとのめりはりを通して、私たちは季節を感じてたんだなぁと
あらためて思いました。

季節の野菜がたくさん並ぶHOMEMAKERSのまかない。

季節の野菜がたくさん並ぶHOMEMAKERSのまかない。

安納芋の次は紅はるかというさつまいも。すだちを添えて。色がなんとも秋でした。

安納芋の次は紅はるかというさつまいも。すだちを添えて。色がなんとも秋でした。

そういう行事が少ないなかでも、「食卓」という場で味わえる季節の移り変わり。
次に登場するのは、キャベツかな、カブかな。
冬に向かっていく食卓が楽しみです。

information

map

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:金曜、土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)*当面の間は土曜日のみ営業

https://homemakers.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ