colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

閉校前の小学校、子どもたちと撮影ワークショップ

小豆島日記
vol.097

posted:2015.3.16  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

credit

撮影:小豆島カメラ、竹中あゆみ(PHaT PHOTO)

みんなで思い出の場所を撮る。

いろは(娘)の通っている小学校は、この3月で閉校します。
移住者が増えて、来年はまた瀬戸内国際芸術祭も開催されて、
わいわいと賑やかそうな小豆島ですが、それでもやっぱり人口は減少しています。
いま島の人口は約3万人、最近は毎年約400〜500人ずつ減少しているそうです。

小豆島にはふたつの町があって、それぞれに4つの小学校があります。
この3月で私たちが暮らす町の小学校4校は閉校となり、
次の4月からは統合されて1校に。
小学校の閉校・統合なんて他人ごとだと思ってたけど、
ここ小豆島ではまさにいま起こっていること。
学校や病院の数がじわりじわりと減っていっています。

その今年閉校となる小学校のひとつ、渕崎小学校で
先日子どもたちと撮影ワークショップを行いました。
当たり前のようにあった小学校がなくなってしまう、
その前に自分たちが通った小学校の写真を撮ろう。
そして、記憶に残そうという思いから。

138年間の歴史に幕を閉じる渕崎小学校。自分たちの通った学校の写真を撮ります。

カメラの使い方の説明。子どもたちにとってデジカメでちゃんと写真を撮るのはなかなかない経験。

小学校で子どもたちに参加してもらってワークショップを開催する。
いろんなことが初めてで、何をどんなふうに進めていったらいいのか
わからないことだらけ。
学校の先生方との調整、保護者の方への連絡、機材の準備、そして当日の段取り。
いろんな人に相談しながら準備を進めました。

親子で参加してもらい、カメラを1台ずつ貸し出し。
学校の中で好きな場所、思い出の場所、友だち、先生……、
とにかく撮りたいものを撮ってみよう。
そしてその写真を使って「ありがとう渕崎小学校」のポスターをつくろう。
最後にどうしてその写真を撮ったのかひとりずつ発表しよう。
という内容のワークショップ。

オリンパスのミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」、コンパクトカメラ「STYLUS TG-3 Tough」をひとり1台貸し出し。

小豆島カメラのメンバーが使い方を説明。

お父さんと一緒に参加してくれた子も。

「とにかくたくさん撮ろう。1枚のポスターをつくるのに
1枚の写真じゃなくて100枚くらい写真を撮ってきてー」

Page 2

撮影開始とともに、子どもたちはカメラを持ってあっちこっちへ。
小さい子たちは目に入ったものをまっすぐそのまま、
大きい子たちは少し物を動かしたり斜めから撮ったり。
子どもたちは思ったよりもずっと真剣に、
そして楽しそうに何枚も何枚も撮影していました。

集中して撮影。ポーズがなんとも愛らしい。

玄関に飾られた時計を何枚も何枚も撮ってました。

この日、体育館の掃除をされていた校長先生を撮影。

撮影が終わったら、1枚をセレクト、そしてMacに取り込んで印刷します。
自分が撮影した写真がかっこいいポスターになる、写真を使ってこんなことができる。
たった1日の経験だけど、この積み重ねが、
この先子どもたちが自分の未来を考えるときに、
なにかのきっかけになればいいなと思います。

たくさん撮った写真から1枚を選びます。

Macに取り込んで、用意しておいたテンプレートに写真をはめ込みます。

プリンターから出てくるのを楽しみに待つ。

ポスター完成。サイン!

変わってゆく島のいまを撮る。
子どもたちと一緒に撮る。
島と子どもたちの未来につなげる。

未来の小豆島カメラメンバー? とても素敵な写真でした。

今回の企画は小豆島カメラのメンバーで。島で共に活動できる仲間がいるのはとても幸せなこと。

こんな活動を島で続けていきたいなと思っています。

information


map

HOMEMAKERS

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1
営業時間:金曜、土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)
http://homemakers.jp/

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ