colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

国立競技場の
スタンド座席をリ・デザイン!
カリモクとコラボの
デザイナーズ椅子、限定販売中

コロカルニュース

posted:2015.7.7  from:東京都新宿区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

1958年に開場し、1964年の東京オリンピックの
メインスタジアムとして使われた国立競技場。
2014年の閉場までに、サッカーやラグビーといったスポーツ、
コンサートなどに湧いた、今も多くの人々の記憶に残る場所です。
この国立競技場のスタンドの自由席シートが、
3組のデザイナーの手によってなんと椅子として生まれ変わり、
個数限定で販売を開始しました!
その名も「SAYONARA国立競技場“FORTHEFUTURE”
MEMORIALGOODSデザイナーwithカリモク家具」。
カリモク家具が手がける、インテリアとしてもステキな椅子です。

左からドリルデザイン、白鳥浩子、鈴木元

2015年の解体に先立って、この特別な場所から取り外し、
保管されていた自由席のシート。
これらをデザインで蘇らせたのは、
ドリルデザイン、白鳥浩子、鈴木元の3組。
それぞれが「スツール」「チェア」「2人掛けのベンチ」
を作り上げました。
設計と製造は、カリモク家具が担当。
商品にはカリモクのロゴの焼き印が押され、
このシートが国立競技場で使われていたことを
証明するプレートが付属します。

「TOKYO」 スツール ドリルデザイン 32,400円(税込) 350脚限定

ドリルデザインの「TOKYO」は、小さく、
軽やかなスツール。
直線で構成した構造は一見華奢に見えますが、
カリモクの厳しい品質基準、耐久基準をクリア。
スツールとしての、十分な品質と強度を備えています。

「pony」 チェア 白鳥浩子 43,200円(税込)150脚限定

白鳥浩子の「pony」は、人を乗せ、思いを運ぶ架け橋
としての「小さな椅子=ポニー」という意味から
名付けられました。
かつて国立競技場を彩った、
青いシートの存在感を引き出したデザインです。

次のページ
時間を積み重ねたベンチ

Page 2

「KOKURITSU」 ベンチ 鈴木元 54,000 円(税込)200台限定

鈴木元の「KOKURITSU」は、
国立競技場で人々が腰を下ろし、肩を並べたシートに脚を付け、
そのまま家具として再現したようなデザインのベンチ。
2つ並んだ座面の幅は、国立競技場で使われていた
当時のシートピッチを再現してあります。
使い道がない短い木材を継いで作ったフレームも特徴的。

このプロダクトは、ぴあ株式会社と、
国立競技場を管理・運営する独立行政法人日本スポーツ振興センター
のコラボレーション。により誕生しました。
購入はWebサイトから、
締め切りは8月23日(23時59分)まで。

SAYONARA国立競技場 FOR THE FUTURE MEMORIAL GOODS

Feature  特集記事&おすすめ記事