colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

小山薫堂企画・監修。BS朝日「アーツ&クラフツ商会」で生まれた、新しい「津軽びいどろ」

コロカルニュース

posted:2015.4.20  from:青森県青森市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

ただいまBS朝日で放送中の番組、「アーツ&クラフツ商会」。
小山薫堂さんが監修するこの番組は、
熟練の職人による、手仕事の賜物である「工芸品」にフォーカスし、
現代のライフスタイルを提案するもの。
日本において住宅というものづくりに真摯に
取り組んでいるセキスイハイムが提供しています。
番組の特徴は、毎回、熟練の技を活かした番組独自の新商品を開発すること。
伝統と今を交えた和の名品が毎回の楽しみなんです。

さて2015年4月20日(月)に放送される最新エピソードのテーマは、
青森津軽が生んだガラスの芸術「津軽びいどろ」。
繊細な色調とやわらかなフォルム。
そして、大胆な色使いが特徴の「津軽びいどろ」は、
1400度の高熱と、ガラスを自在に操る
職人の熟練の技から生まれます。
いまもガラスの原料作りから、そのほとんどが手作業で行われています。

今回番組が尋ねたのは、青森市にあるガラスメーカー、北洋硝子。
浮き玉作りの技術を活かし、津軽びいどろを伝統工芸へと押し上げたメーカーです。
生活を彩る身近な製品から、芸術性の高いモノまで様々なびいどろを
生み出しています。
今回、新しい津軽びいどろのアイテム作りに挑むのは、芳賀清二(はがせいじ)さん。

普段は描かないというデザイン画を描く芳賀さん。

いったいどんな新製品が作られるのでしょう?
その答えは..

Page 2

芳賀さんが創りあげたのは、庭に置く、手洗い台。
日光を浴びて輝く、目にも鮮やかな色合い。
とっても涼しげ。
これぞまさに、津軽びいどろのニュークラフツです。

この番組の舞台は、架空の小さなお店、「アーツアンドクラフツ商會」。
かつてウィリアム・モリスが興したアーツ&クラフト運動に感銘を受けた
店主が創業したお店という設定。
俳優の渡辺いっけいさんがふんする
おしゃべり好きな4代目店主・森須護(もりす・まもる)が、
伝統工芸の世界へとナビゲートしてくれますよ。

「アーツ&クラフツ商会」が作った、約200年の歴史を持つ宮城県の鳴子こけし職人による「交換こけし」

そしてただいま、番組Facebookでは
宮城県北部・鳴子温泉郷で作られる「鳴子こけし」から作られた
「交換こけし」をプレゼント中。これはこけしの中に空洞があり、
手紙が入れられる仕組みになっています。
外見は郵便配達員の姿をしていて、
伝統のこけしとは一味違ったニュークラフツなんですよ。
さらに今回のプレゼントの中には、小山薫堂氏の
直筆手紙が特別に封入されているのだそう。
詳細は番組Facebookにて。
それではまた来週も、「アーツアンドクラフツ商會」の新しい日本のプロダクトを
お届けします。

■「セキスイハイム presents アーツ&クラフツ商會
放送局:BS朝日
放送時間:毎週月曜日23:00〜23:30
出演:渡辺いっけい
企画・監修:小山薫堂(放送作家、脚本家)
提供:セキスイハイム
NO.12「津軽びいどろ」
2015年4月6日(月)、20日(月)放送

画像提供:BS朝日

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ