colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

岐阜県に息づく伝統的な手仕事
〈和傘CASA〉の日傘で
日差しを緩やかに遮る

コロカルニュース

posted:2021.8.14  from:岐阜県岐阜市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Ayumi Otaki

大瀧 亜友美

おおたき・あゆみ●山形県出身。広告制作会社や出版会社での勤務経験を活かして、フリーライターへ転身。WEBや紙媒体で編集から取材、執筆まで幅広く行う。旅や料理、植物など心を豊かにしてくれるモノやコトが大好き。

岐阜県で唯一の和傘専門店

日本三大清流と呼ばれる長良川が流れる岐阜県岐阜市。
なかでも江戸時代に長良川の湊として栄えた川原町は、
今でも昔ながらの日本家屋が立ち並ぶ趣あるエリアです。

この川原町に和傘専門店、〈和傘CASA(カーサ)〉があります。

岐阜市川原町にある和傘専門店「和傘CASA(カーサ)」。

同店は岐阜和傘を取り扱う、
県内唯一の和傘セレクトショップです。

岐阜和傘とは岐阜でつくられる伝統的な和傘のこと。
その昔、水運の要所としてさまざまな物資が流通したこのエリアでは
岐阜ならではの工芸品が数多く生まれました。

なかでも和紙や竹を用いてつくられる岐阜和傘は、
江戸時代後期から製造が始まり、
昭和20年代には年間1500万本もの和傘が生産されたそうです。

県内唯一の和傘セレクトショップ「和傘CASA(カーサ)」。店内では番傘、蛇の目傘から日傘まで常時60本近く用意。

今でも日本の和傘の7割は岐阜でつくられていますが
後継者不足をはじめとした問題で職人数は徐々に減少。
県民さえ岐阜和傘の存在を知らないという現状に危機感を覚え、
同店は2018年に文化継承と、魅力発信を目指してオープンしました。

築100年の町家をリノベーションした店内では、
番傘、蛇の目傘から日傘まで
日常使いできる多種多様な和傘を常時60本近く用意。
さらに岐阜和傘の手仕事を見て、触れて、体験できる空間も広がっています。

和紙や竹を用いてつくられる岐阜和傘。江戸時代後期から製造が始まり、昭和20年代には年間1500万本もの和傘が生産されたそう。

もともと岐阜県内には和傘の問屋はあったものの
一般の方が購入できるようなお店はなかったといいます。

同店が目指すのは職人とユーザーをつなげる架け橋のような存在。
お店を訪れた方には和傘の魅力や職人の想いを伝え、
職人には購入者の喜びの声を届けています。
この活動を通し、岐阜和傘の歴史や文化を発信して
和傘産業の活性化をサポートしているのです。

Page 2

幻想的な雰囲気を醸し出す日傘

雨傘だけでなく日傘のバリエーションも豊富な岐阜和傘。

そんな岐阜和傘、雨傘だけでなく
日傘のバリエーションも豊富です。

実は和紙には光を拡散させる効果があると言われています。
和紙を通した光はやわらかい風合いを感じさせつつ、
日差しを緩やかに遮断。
街路樹の下を歩けば木漏れ日の移ろいをやさしく表現してくれます。

日傘【二重張 移ろい ピンク】66000円。幻想的なピンクからラベンダーのグラデーション。表は美濃手漉き和紙、内側にはぼかし染を施した異なる和紙を使用。二重張りの贅沢な逸品です。

日傘【二重張 移ろい ピンク】66000円。幻想的なピンクからラベンダーのグラデーション。表は美濃手漉き和紙、内側にはぼかし染を施した異なる和紙を使用。二重張りの贅沢な逸品です。

日傘【月奴 茄子紺×柿渋(ローズピンク)】49500円。渋柿染めを施した美濃手漉き和紙を使用。黒の和紙に光が通ると、茄子紺の色合いに見え、より深みが増します。

日傘【月奴 茄子紺×柿渋(ローズピンク)】49500円。渋柿染めを施した美濃手漉き和紙を使用。黒の和紙に光が通ると、茄子紺の色合いに見え、より深みが増します。

日傘【網代 かすみ染め カラフル】66000円。軒(傘の外周部分)に2本の軒糸を交差させることで、ギザギザとしたラインが美しい日傘に。かすみ染めと名付けられたオリジナルの染めで、日傘ごとに風合いが変わります。

日傘【網代 かすみ染め カラフル】66000円。軒(傘の外周部分)に2本の軒糸を交差させることで、ギザギザとしたラインが美しい日傘に。かすみ染めと名付けられたオリジナルの染めで、日傘ごとに風合いが変わります。

いずれの日傘も小ぶりで軽く、扱いやすいのがメリット。
なかにはUVカット処理を施した日傘や、
取り外し可能な持ち手でコンパクトに収納できる日傘もあります。

しかも、日傘は難しい手入れが不要。
和傘ビギナーでもチャレンジしやすいアイテムです。

小ぶりで軽く、扱いやすいのが日傘のメリット。さらに和紙には光を拡散させる効果があるといわれている。

さらに和傘は和服にしか合わないように思いますが、
洋服との相性も抜群。
洋服のコーディネートに和傘を取り入れるだけで、
また違った雰囲気を演出できそうです。

9月まで厳しい日差しはまだまだ続くでしょう。
趣が感じられる日傘を取り入れて
心も涼しく、この暑さを乗り切りませんか?

information

map

和傘CASA(和傘カーサ)

住所:岐阜県岐阜市湊町29 長良川てしごと町家CASA1階

定休日:火・水曜

営業時間:11:00~18:00

TEL:090-8335-9759

Web:和傘CASA 岐阜和傘セレクトショップ

*価格はすべて税込です。

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ