colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

美濃の土の可能性を見つめて
〈MINO SOIL〉と
〈スタジオ・ムンバイ〉
のコラボ展示がスタート

コロカルニュース

posted:2021.6.7  from:岐阜県美濃市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

photo Yurika Kono

美濃の土の可能性を探究

岐阜県美濃地方。
日本最大の陶磁産業地帯として名高い地域です。
その発展の根幹にあるのは、
美濃で採れるバリエーション豊かな“土”なんだとか。

photo_Yurika Kono

photo Yurika Kono

photo_Yurika Kono

photo Yurika Kono

そんな美濃地方から、2021年に
美濃の土の可能性をデザインを通じて発信するブランド
〈MINO SOIL(ミノ ソイル)〉が誕生しました。

同ブランドは、世界で活躍するデザイナーと手を組み、美濃の土から、
今までにないものづくりを発展させていくというミッションを掲げています。

環境課題にも積極的に向き合い、
素材を循環させる技術開発にも取り組んでいるのだとか。

彼らは、このプロジェクトを地球からの恵みである土と、
持続するライフスタイルを結びつける、新しい試みだといいます。

Page 2

スタジオ・ムンバイとのコラボ展示

そんな、無限の可能性を秘めた同ブランドが、
6月8日(火)より、表参道のギャラリー〈441〉で、
初のエキシビジョン〈Archaeology of Mino〉を開催。

Bijoy Jain(ビジョイ・ジェイン) 1965 年インド・ムンバイ生まれ、1990年ワシントン大学で修士号取得。89年からロサンゼルスとロンドンで実務経験を積み1995年帰国。ムンバイに「スタジオ・ムンバイ・アーキテクツ」設立。2009 年フランス建築協会の世界サスティナブル建築賞、香港デザインセンターのアジア・デザイン賞受賞。2010年第12回ヴェネチア・ビエンナーレにて、「ワーク・プレイス」で特別賞受賞。

Bijoy Jain(ビジョイ・ジェイン)1965 年インド・ムンバイ生まれ、1990年ワシントン大学で修士号取得。89年からロサンゼルスとロンドンで実務経験を積み1995年帰国。ムンバイに「スタジオ・ムンバイ・アーキテクツ」設立。2009 年フランス建築協会の世界サスティナブル建築賞、香港デザインセンターのアジア・デザイン賞受賞。2010年第12回ヴェネチア・ビエンナーレにて、「ワーク・プレイス」で特別賞受賞。

インドの建築事務所〈スタジオ・ムンバイ〉とコラボレーションし、
陶磁産業の原点である土と鉱山をテーマにした空間を演出。

美濃地方の多様な土を用いた純粋形態のオブジェなども展示され、
素材に秘められた原初的な存在感と美しさをまざまざと感じることができるでしょう。

photo Yurika Kono

photo Yurika Kono

また会場には、フォトグラファー・高野ユリカ氏による鉱山の写真も並べられ、
その生々しい自然の有様に、美濃地方のものづくりの原風景を追体験させられます。

これからどのようなプロジェクトを展開するのか、
期待に胸が高鳴る〈MINO SOIL〉のエキシビジョン第一弾。

彼らの展示から、美濃地方の秘められたポテンシャルを
新たに垣間見ることができるでしょう。

展示は6日間のみなので、気になる方はお見逃しなく。

information

map

MINO SOIL Archaeology of Mino In Collaboration with Studio Mumbai 

会期:2021年6月8日(火)〜13日(日)

営業時間:8日 12:00〜17:00、9日 12:00〜20:00、10〜12日 10:00〜20:00、13日 10:00〜17:00

会場:441

住所:東京都渋谷区神宮前5-12-1

関連トークイベント:AXIS Forum 「原点回帰」vol.04 Bijoy Jain (Studio Mumbai)

日時:6月8日(火) 19:00〜20:15

主催:AXIS

協力:MINO SOIL

※エキシビション、トークイベント共に予約制(無料)。

予約:エキシビジョントークイベント

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ