colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈京都市京セラ美術館〉
現存する日本最古の歴史ある公立美術館建築がリニューアル。
充実の2大展覧会が開催中

コロカルニュース

posted:2020.8.20  from:京都府京都市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

中村大三郎『ピアノ』1926年 京都市美術館蔵

1933年に〈大礼記念京都美術館〉として創建し、87年の歴史を受け継ぎ、
2020年5月に新たな美術館として生まれ変わった〈京都市京セラ美術館〉。

新旧のデザインが融合し、さらなるパワーを秘めた同館では、
現在見応えのある2大展覧会が開催されています。

杉本博司大個展。世界初公開のカラー写真作品も

『OPTICKS 008』2018 © Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

『OPTICKS 008』2018 (C)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

新たに新設された東山キューブで現在開催されているのは、
かの世界的現代美術家、杉本博司の個展『杉本博司 瑠璃の浄土』。

1970年代より、大型カメラを用いた高度な技術と
独自のコンセプトによる写真作品を制作し、世界で高い評価を得てきた杉本。

自身も所縁のある京都で初の大規模な個展となる今回は、
現代における人々の魂が向かう場所としての浄土の観想や、
今果たされるべき再生とは、といった問いから、
「瑠璃の浄土」のタイトルのもと、仮想の寺院の荘厳を構想。

『仏の海 001』1995 © Hiroshi Sugimoto / Courtesy of GalleryKoyanagi

『仏の海 001』1995 (C)Hiroshi Sugimoto / Courtesy of GalleryKoyanagi

『硝子の茶室 聞鳥庵』2014 ©Hiroshi SugimotoArchitects: New Material Research Laboratory / Hiroshi Sugimoto + TomoyukiSakakida. Originally commissioned for LE STANZE DEL VETRO, Venice /Courtesy of Pentagram Stiftung & LE STANZE DEL VETRO.

『硝子の茶室 聞鳥庵』2014(C)Hiroshi SugimotoArchitects: New Material Research Laboratory / Hiroshi Sugimoto + TomoyukiSakakida. Originally commissioned for LE STANZE DEL VETRO, Venice /Courtesy of Pentagram Stiftung & LE STANZE DEL VETRO.

新作となる京都蓮華王院本堂(通称 三十三間堂)中尊の大判写真を含む『仏の海』や、
世界初公開の大判カラー作品『OPTICKS』シリーズといった
写真作品の大規模な展示を行うほか、
「京都」「浄土」「瑠璃ー硝子」にまつわるさまざまな作品や考古遺物が登場。
屋外の日本庭園には『硝子の茶室 聞鳥庵(モンドリアン)』も
設置(2021年1月31日〜)され、
最新の杉本ワールドを大いに体感できる内容となっています。

information

map

杉本博司 瑠璃の浄土

会期:〜2020年10月4日(日)

会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ

住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

時間:10:00〜18:00 ※事前予約制

入場料:1,500円

休館日:月曜日 ※祝日の場合は開館

Web:https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20200321-20200614

Page 2

京都の美術、250年の歴史を観る

石崎光瑶『春律』1928年 京都市美術館蔵

石崎光瑶『春律』1928年 京都市美術館蔵

また、本館で開催中の『京都の美術 250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点』では、
〈京都市京セラ美術館〉の前身となる〈大礼記念京都美術館〉の
スタートを飾った貴重な初期コレクションとなる
所蔵作品47点(1926年〜1934年制作)を一挙に展示。

岡田三郎助『満州記念』1933年 京都市美術館蔵

岡田三郎助『満州記念』1933年 京都市美術館蔵

石本暁曠『在りし日の黙雷禅師』1933年 京都市美術館蔵

石本暁曠『在りし日の黙雷禅師』1933年 京都市美術館蔵

五代清水六兵衞『大礼磁仙果文花瓶』1926年 京都市美術館蔵

五代清水六兵衞『大礼磁仙果文花瓶』1926年 京都市美術館蔵

日本画22点、洋画10点、彫刻5点、工芸10点と、
開館記念展となった大礼記念京都美術展や第15回帝展、
第21回院展の出品作から美術館が購入した作品38点に加えて、
美術館建設を推進した大礼奉祝会や作家から寄贈された作品9点が登場します。

2020年10月10日(土)からは、
当初第1部〜3部の構成で開催予定だった展示を“総集編”として再編成。

作家は、明治維新から100年前の江戸後期に大活躍していた伊藤若冲、与謝蕪村らや、
明治から昭和にかけて京都画壇を盛り上げた竹内栖鳳、上村松園ら。
そして戦後から現代にかけて革新的な日本画を創造した
小野竹喬、福田平八郎、堂本印象などがラインナップ。

“総集編”では250年もの京都の美術の歴史を飾った名作に出会えます。
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

information

map

京都の美術 250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点

会期:開催中 2020年9月6日(日)まで

会場:京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階

住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

時間:10:00〜18:00 ※事前予約制

入場料:1,000円

休館日:月曜日 ※祝日の場合は開館

Web:https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20200321-1206-2

information

map

京都の美術 250年の夢 第1部〜第3部 総集編 ー江戸から明治へー

会期:2020年10月10日(土)〜12月6日(日)

 前期:2020年10月10日(土)〜11月8日(日)

 後期:2020年11月10日(火)〜12月6日(日)※前期・後期で作品が大幅に入れ替わります。

会場:京都市京セラ美術館 本館北回廊1階・2階

住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

時間:10:00〜18:00 ※事前予約制

入場料:1,600円

休館日:月曜日 ※祝日の場合は開館

Web:https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20201010-1206

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ