colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

夫婦で金田一温泉郷を明るくする、
癒しの宿〈おぼない旅館〉
に出会いました

コロカルニュース

posted:2020.3.12  from:岩手県二戸市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Haruna Sato

佐藤春菜

さとう・はるな●北海道出身。国内外の旅行ガイドブックを編集する都内出版社での勤務を経て、2017年より夫の仕事で拠点を東北に移し、フリーランスに。編集・執筆・アテンドなどを行なう。暮らしを豊かにしてくれる、旅やものづくりについて勉強の日々です。

credit

撮影:安彦幸枝

〈おぼない旅館〉の支配人 大建宗徳さん・ももこさんご夫婦

お侍さんの湯治場

別名「侍の湯」とも呼ばれる、岩手県二戸市の金田一温泉郷。

江戸時代初期にはすでに温泉地としてあり、
南部藩指定の湯治場として、侍が戦の傷を癒しに訪れていたとか。

8つの源泉があり(現在は5つの源泉が稼働)、
各宿で違う泉質の湯を楽しむことができるのも魅力です。

開湯380年と金田一温泉郷で一番古い自家源泉〈玉の湯〉を持つのが、〈おぼない旅館〉。
弱アルカリ性のとろりとした美肌の湯として知られ、
長く浸かりやすく、体をじんわりと温めてくれるマイルドな湯が特徴です。

(イラスト:大建ももこ)

(イラスト:大建ももこ)

旅館を切り盛りするのは、2代目の大建宗徳さん・ももこさん夫婦。
歴史ある温泉地ですが、特技のイラストを生かして、
二戸の魅力を掘り起こし、積極的に発信しています。

ももこさんが描くイラストがかわいい!

ももこさんが描いたポストカード。宿泊者にプレゼントすることもあるそう。

ももこさんが描いたポストカード。宿泊者にプレゼントすることもあるそう。

青森県出身で、八戸のローカル情報誌で編集経験があるももこさん。
独自の視点で二戸の魅力を切り取り、見どころを発信しています。

そのひとつが金田一温泉郷の四季を彩るエピソードを描いたポストカード。
薪ストーブがある暮らしや夏の蛍狩りなど、
四季折々の身近な暮らしをかわいらしいイラストを交えながら紹介しています。

大きな近隣マップも手書きイラストで制作。

ももこさんが描いた〈金田一温泉郷 てくてくマップ〉。

ももこさんが描いた〈金田一温泉郷 てくてくマップ〉。

金田一温泉郷は、南部出身の作家・三浦哲郎さんが執筆し、
ドラマ化・ミュージカル化もされた『ユタと不思議な仲間たち』(新潮社)の舞台。

“不思議な仲間たち”は座敷わらしのことで、
物語に登場する〈分教場〉や、座敷わらしに会えるという言い伝えの残る〈緑風荘〉をはじめ、
ブルーベリー園やりんご畑、〈南部美人〉の酒米を育てる田んぼなど、
周辺の見どころが案内されています。

ワクワクするイラストが、
ごく自然な日常や風景を特別なものに変えてくれる。
二戸に出かけてみたくなるマップです。

Page 2

宗徳さんは料理人

宗徳さんは、料理人を経て家業を継いだ経歴の持ち主で、
〈おぼない旅館〉では地元食材を生かしたメニューを考案。

金田一温泉郷で育つ〈う米(うまい)〉や、
稲作に向かない二戸の土地で古くから盛んにつくられてきた雑穀、
すぐそばを流れる〈馬淵川〉の鮎、
特産品である短角和牛や佐助豚などを料理し、
二戸で育くまれる食材の魅力を伝えています。

お座敷での夕食。旬の食材が選ばれるので、メニューは時季によりさまざま。産直で仕入れられた地元農家の野菜や、東北地方で秋に食される菊の花、二戸で生産が盛んなブルーベリーやイチゴなどをふるまう朝食も自慢です。

お座敷での夕食。旬の食材が選ばれるので、メニューは時季によりさまざま。産直で仕入れられた地元農家の野菜や、東北地方で秋に食される菊の花、二戸で生産が盛んなブルーベリーやイチゴなどをふるまう朝食も自慢です。

さらに大工仕事も得意な宗徳さん。
二戸の新たな魅力スポットになればと、
〈おぼない旅館〉の裏庭にグランピングを楽しめる〈YUDA BASE〉をつくりあげます。

もともと倉庫として使用していたログハウスを改装し、アウトドアスペースを完備。イベント開催はもちろん、1日1組限定のプライベート空間としての貸し出しも予定しています。

もともと倉庫として使用していたログハウスを改装し、アウトドアスペースを完備。イベント開催はもちろん、1日1組限定のプライベート空間としての貸し出しも予定しています。

「金田一地区は、すぐそばに〈馬淵川〉があって、
カヤックやSUP、バードウォッチングや釣りなどを気軽に楽しむことができる、
キャンプやアウトドアを楽しむにはもってこいの場所なんです。

〈YUDA BASE〉の貸し出しの際は食事はつきませんが、
バーベキュー用具の貸し出しが可能です。
テントに宿泊して、近くに産直もあるので、自分たちで買い出しに出かけて、
地元農家がつくる野菜と、
二戸の三大ミートと呼ばれる短角和牛、佐助豚、銘柄鶏などを味わえる
贅沢なバーベキューを楽しむことができます。

〈YUDA BASE〉に泊まることが目的になるような、
新しい二戸のイメージをつくっていきたいと思っているんです」

〈YUDA BASE〉を活用したイベント・ダイニングアウトの様子。利用者はおぼない旅館の温泉に入浴できるのも魅力。

〈YUDA BASE〉を活用したイベント・ダイニングアウトの様子。利用者はおぼない旅館の温泉に入浴できるのも魅力。

Page 3

金田一温泉郷の活性化のために

2018年、宗徳さんは地域の仲間とまちづくり会社〈カダルミライ〉も設立。

最盛期には金田一地区に20軒以上あったとされる旅館数は、現在6軒。
〈カダルミライ〉は、金田一温泉郷の活気を取り戻すため
二戸市と民間の共同出資で設立したもので、
2021年度には、〈おぼない旅館〉のすぐそばに、
温泉施設〈カダルテラス金田一〉の建設を計画しています。

場所は20年以上地域住民に愛された
金田一温泉センター〈ゆうゆうゆ~らく〉の跡地。
温泉・飲食・宿泊機能などを備えた交流スペースが誕生する予定です。

カダルテラス完成予定イメージ

カダルテラス完成予定イメージ

カダルは、二戸地域の言葉で、「集う」「語る」という意味。
地域の人が集い、この土地の贅沢を楽しんで、
語り合うような場所になってほしいという思いが込められています。

隣接する公園は〈馬淵川〉につながり、テラスも整備される予定で、
屋外空間はよりワクワクするものになりそう。

「上級者にも来たいと思ってもらえる〈YUDA BASE〉のようなスペースも大切ですが、
テントを建てる本格的なものだけではなくて、芝生でヨガをしてみたり、
テラスでコーヒーを飲んだり、レジャーシートを敷いて
サンドウィッチを食べるのもアウトドアだと思うんです。
カダルミライを中心に、人が集まって、未来を語り合う、
そうすることで地域が明るくなればうれしい」

馬淵川でのピクニックの様子。穏やかな景色を眺めながら、産直で購入できる二戸産のフルーツや郷土菓子、南部せんべいなどを囲んでお茶をするのも楽しい。

馬淵川でのピクニックの様子。穏やかな景色を眺めながら、産直で購入できる二戸産のフルーツや郷土菓子、南部せんべいなどを囲んでお茶をするのも楽しい。

カダルテラス金田一が目指すのは、「地域に明かりを灯す」こと。
アウトドアを楽しみに、金田一温泉を訪れる。
そんな新しい旅のスタイルが浸透していきそうです。

宗徳さん・ももこさんのアイデアで魅力的に映し出される金田一温泉地区。
癒される時間を過ごしに、二戸市・金田一温泉郷へ出かけてみてはいかがでしょうか。

ももこさんが描いた案内板には、こんなメッセージが。「新婚旅行のカップルさん、頑張ってお疲れな出張お父さん、日本一周、自分探し中のお一人様、今の気持ちを飲み物に混ぜてくいっと一杯だけ飲み干してみませんか。今日はどんな物語が聞こえてくるのかな。喫茶おぼないへようこそ」

「お客さまにゆっくりしてもらいたい」という思いでつくられた〈喫茶おぼない〉もすてき。ももこさんが描いた案内板には、こんなメッセージが。“新婚旅行のカップルさん、頑張ってお疲れな出張お父さん、日本一周、自分探し中のお一人様、今の気持ちを飲み物に混ぜてくいっと一杯だけ飲み干してみませんか。今日はどんな物語が聞こえてくるのかな。喫茶おぼないへようこそ”

木を基調としたロビー。宗徳さんがカンナをかけて張った床や木を組んでできたテーブルと椅子が味わいある空間を演出しています。

木を基調としたロビー。宗徳さんがカンナをかけて張った床や木を組んでできたテーブルと椅子が味わいある空間を演出しています。

夜はさながらお酒も飲めるバー。地元・二戸を代表する〈南部美人〉の日本酒も用意されています。(メニューは受付で確認を。)

夜はさながらお酒も飲めるバー。地元・二戸を代表する〈南部美人〉の日本酒も用意されています。(メニューは受付で確認を。)

そのほか二戸のおすすめ情報は、ほんものにっぽんにのへにも。 
おでかけ前にぜひチェックしてみてください!

information

map

岩手の名湯 侍の湯おぼない旅館

住所:岩手県二戸市金田一湯田43-5

TEL:0195-27-2221

チェックイン:16:00(最終チェックイン20:00)

チェックアウト:10:00

※「金田一温泉」駅から送迎あり。

おぼない旅館Web:http://obonairyokan.com/

カダルテラス金田一Web:https://kadarterrace.net/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ