colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「老いと演劇」OiBokkeShiが
新作『認知の巨匠』を岡山で公演。
認知症の人が見ている世界を
一緒に楽しむ

コロカルニュース

posted:2019.11.22  from:岡山県和気町  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

7作目となる最新作は、『認知の巨匠』

「老いと演劇」OiBokkeShi(オイ・ボッケ・シ)が、
11月23日(土)・24日(日)、岡山県和気町の〈ENTER WAKE〉で
待望の新作『認知の巨匠』を公演します。

主宰の菅原直樹さん(撮影:草加和輝)

主宰の菅原直樹さん(撮影:草加和輝)

OiBokkeShiは、「老人介護の現場に演劇の知恵を、
演劇の現場に老人介護の深みを」という理念のもと、
2014年に岡山県和気町で設立された演劇プロジェクト。
徘徊演劇『よみちにひはくれない』などの活動が評価され、主宰の菅原直樹さんは、
平成30年度文化庁「芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)」を受賞しました。

新作『認知の巨匠』の見どころとは

岡田忠雄さん(撮影:黑田菜月)

岡田忠雄さん(撮影:黑田菜月)

7回目となる今回は、認知症をテーマに、
93歳の狂気の道連れとなった周りの人々の「その場しのぎ」を
コミカルでありながらもあたたかに描きました。
OiBokkeShiの看板俳優であり、
今年でなんと93歳になる岡田忠雄さんの魅力を、
実力派の共演者たちが最大限に引き出します。

過去公演『BPSD:ぼくのパパはサムライだから』

過去公演『BPSD:ぼくのパパはサムライだから』

「岡田さんとは、88歳の時に出会ってからこれまで7本の芝居を作ってきましたが、
今回の作品が1番岡田さんらしさが出ていると思います。
岡田さんは舞台に出ずっぱりで、せりふ量も膨大。
芝居をつくり始めた当初は、年を重ねるごとに
演技の負荷を軽くしようと考えていたのですが、
実際は逆になってしまいました」と主宰の菅原さん。

創作の過程を公開しお客さんと作品を共有する
「ワーク・イン・プログレス」という手法で時間をかけて創作することにより、
この5年間の集大成ともいえる作品を目指しています。

過去公演『ポータブルトイレットシアター』(撮影:南方幹)

過去公演『ポータブルトイレットシアター』(撮影:南方幹)

認知症の人の介護をする側として大切なことを伺うと、
「過去のその人の姿にとらわれるのではなく、
今のありのままの姿を受け入れること。また、介護をされる側に立つと、
人は主体性を奪われる傾向にあります。その人の主体性を引き出す工夫や、
その人がやろうと思ったことを共に楽しむ視点が大切です」と菅原さん。

介護する人も、される人も、今この瞬間を楽しむことが大切。
演劇を通して、お互いを尊重しあえる関係性のヒントを探してみませんか。

information

map

OiBokkeShi 
オイ・ボッケ・シ

作品名:認知の巨匠

日時:11月23日(土・祝)17:00〜/11月24日(日)14:00〜

会場:岡山県和気郡和気町福富607-3 ENTER WAKE 3階 ENTER WAKE BASE

料金:一般 2,500円/20歳以下 1,000円

インターネット予約:OiBokkeShi

問い合わせ:「老いと演劇」OiBokkeShi

メールアドレス:問い合わせ

WEB:OiBokkeShi

連絡事項

・チケット料金は当日受付にてお支払いください。

・20歳以下の方は公演当日、受付にて年齢が確認できるもののご提示をお願いいたします。

・会場はJ R山陽本線「和気駅」北口前にあります

・お車でお越しの際は和気駅南駐車場(「和気駅」南口前)をご利用ください。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ