colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

ユキノチカラの主役たち(2)
西和賀で人気の菓子店
×デザインで、
「みんなが欲しくなる」
商品ができた!

岩手県西和賀町・ユキノチカラプロジェクト
vol.009|Page 2

posted:2017.3.14  from:岩手県西和賀町  genre:食・グルメ / 活性化と創生

sponsored by 西和賀町

〈 この連載・企画は… 〉  岩手県の山間部にある西和賀町。
積雪量は県内一、人口約6,000 人の小さなまちです。
住民にとって厄介者である「雪」をブランドに掲げ、
まちをあげて動き出したプロジェクトのいまをご紹介します。

writer profile

Hiroko Mizuno

水野ひろ子

フリーライター。岩手県滝沢市在住。おもに地元・岩手の食や暮らし、人にまつわる取材や原稿執筆を行っている。また、「まちの編集室」メンバーとして、「てくり」および別冊の編集発行などに携わる。

credit

撮影:奥山淳志

Page 2

さらさらと降る粉雪のような軽さの〈ほろりん〉

工藤菓子店×デザイナー/岩井澤大・堀間匠

次に訪ねたのは、西和賀町の湯本温泉に小さな間口の店を構える〈工藤菓子店〉。
横手出身の初代が湯本温泉へ移住し、昭和28年に創業した。
店で出迎えてくれたのは、店主の工藤美代子さん。
3代目となる息子さん夫婦や娘さんと一緒に、暖簾を守ってきたそうだ。

工藤菓子店の工藤美代子さん(左)と娘さん。

湯本温泉の夜は、昭和の佇まいを残すノスタルジックな雰囲気。

湯本温泉はかつて、大勢の観光客でにぎわい、観光バスが何台もやってくる一大観光地だった。
隣接する旅館〈対流閣〉の依頼で宿泊客のお茶うけ用にとつくったのが、
西和賀の伝説にちなんだ銘菓〈およねまんじゅう〉だ。
いまや湯本温泉を代表するお土産品となっており、ほかにも自慢のお菓子を多数揃えている。
やはり、看板商品は西わらび粉だけでつくった〈わらび餅〉。
「アクが少なく粘りが強い西和賀産の西わらび粉を100%使って
時間をかけて最後まで手作業で練りあげます。
だからこそ透明で粘りがあって滑らかなわらび餅ができます」と美代子さん。
こだわりの思いは先代からしっかり受け継いでいる。
一方で、常に地元の素材を使った新商品づくりを心掛けており、
斬新な発想の〈わらび粉みるくぷりん〉は、全国女性誌などでも取り上げられた。
新作のアイデアはどうやって? と尋ねると、
「家族であれやこれや話しているうちに出てくるの」と美代子さんはにっこり。

優しい笑顔の美代子さん。

なかでも人気急上昇なのが、サクサクのソバ粉クッキー〈ほろりん〉だ。
この〈ほろりん〉もまたユキノチカラプロジェクトによって装いを新たにした商品である。
西和賀の寒暖差ある気候で育ったソバは香りが高く風味豊か。
〈ほろりん〉はそのソバ粉を使った生地に、
砕いたクルミとアーモンド粉を混ぜ合わせて焼いたクッキーだ。

西和賀産のそば粉100%使用。風味豊か。

ひと口大に焼き上げたばかりの〈ほろりん〉。

うっすら和三盆をまとって、雪玉のよう。

焼き上げたクッキーにサトウキビでつくった和三盆を丁寧にまぶすのだが、
それだけでは終わらない。
1時間ほど休ませ、再び和三盆をコーティング。
できあがった一粒をほおばると、きめ細かな和三盆がじんわり溶けて
クルミの香ばしさ、上品な甘さが広がっていく。

〈ほろりん〉は、3代目となる息子さんの結婚式に用意した
祝い菓子・ドラジェをヒントにアレンジしたもの。
小さな雪玉をイメージしただけあって、さくさくと歯ざわりよく、
まさに降り落ちたばかりの新雪のよう。家族みんなで楽しめるお菓子だ。

Recommend