colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

北海道、旭岳温泉〈湯元 湧駒荘〉
5種の源泉はすべてかけ流し。
静かに過ごす、山の美食宿

my weekend@HOKKAIDO
大雪山と、北の暮らしを旅する
vol.001

posted:2017.8.23  from:北海道上川郡東川町  genre:暮らしと移住 / 旅行

PR 北海道観光振興機構

〈 この連載・企画は… 〉  “北海道の屋根”と言われ、日本最大の〈大雪山国立公園〉を有する大雪山。
深く美しい大自然のなかで、コテージや温泉宿に滞在しながら、北の暮らしを旅します。
森や田んぼのなかを走り抜けるサイクリングや、旭岳を望むレイクカヌー、
そして、北の暮らしから生まれる食や工芸などのつくり手を訪ね、
短くて濃密な北国の夏を満喫しましょう。
旭川空港から30分〜1時間圏内だから、週末トリップにぴったりです。

photographer profile

Asako Yoshikawa

吉川麻子

フォトグラファー。北海道苫小牧市生まれ。札幌市在住。2006年からのスタジオ勤務を経て2011年より独立し、フリーランスとなる。主にポートレイト、衣食住、それらに関わる風景など幅広く撮影。おいしいものといい音楽があると笑顔になります。
気のいい犬1匹と現在二人暮らし。

writer profile

Akiko Yamamoto

山本曜子

ライター、北海道小樽生まれ、札幌在住。北海道発、日々を旅するように楽しむことをテーマにした小冊子『旅粒』発行人のひとり。旅先で見かける、その土地の何気ない暮らしの風景が好き。
旅粒
http://www.tabitsubu.com/

道産木材の山小屋ツインがリニューアルオープン!

あたり一面が輝くような緑に包まれる大雪山の夏。
この時期、全国から多くの登山客が訪れる旭岳ロープウェイのほど近くに、
名湯とうたわれる旭岳温泉があり、数軒の宿泊施設が建ち並びます。
冬季の積雪量が45メートルを超えるという旭岳。
大雪山国立公園の雄大な自然に抱かれた、まさに秘湯の宿です。

なかでも、ていねいな料理が味わえ、地下で豊かに蓄えられた
湧き水〈湧駒水(ゆこまんすい)〉とともに5種類もの源泉をもち、
3つのかけ流し温泉を湯巡りできるのが〈湯元 湧駒荘〉(ゆこまんそう)。

訪れたのは7月上旬。緑に包まれた宿の入り口からは旭岳の雄姿が見えます。

山の上の秘境にありながら旭川空港から車で45分とアクセスのいい湧駒荘。
ふもとのまち東川へも片道30分で行き来できます。

滞在するなら、木造建築を改装した別棟2階に
2017年6月にオープンしたばかりのハイグレードな洋室〈山小屋ツイン〉がおすすめ。
本館の趣ある和室とはまたひと味異なり、
北海道の素材やつくりにこだわった、上質な安らぎを感じられる空間です。

傾斜のある天井が高く、広々とした印象の山小屋ツイン。温泉のあとは東京西川の最高グレードの寝具に体を沈めよう。マットレスは快適な睡眠を提供する〈Air〉を採用。

あたたかみのあるサイドテーブルとチェア。木の質感を生かした家具は旭川家具の老舗〈匠工芸〉が手がけています。

自分で挽いた豆でゆっくりとコーヒーを淹れる。そんなくつろぎのひとときも楽しみのひとつ。豆は函館の老舗店〈美鈴コーヒー〉。

ホタテの貝殻でつくられた漆喰があたたかみのある白壁。
高い天井を見上げると、北海道でかつて主に大きな建物に使われた
洋小屋トラスと呼ばれる構造が、どっしりとした存在感を放っています。
建材はタモやトドマツなど北海道産。
地元の素材に包まれた空間でまずはゆっくりとひと息ついたら、
お楽しみの湯巡りに出かけてみましょう。

次のページ
宿泊者限定のお風呂も

Page 2

〈ユコマンの湯〉内湯は創業時の面影をそのまま留めた野趣あふれる空間。ここだけで5つの源泉すべてを堪能できる。壁に置かれた巨大な岩の後ろに源泉が湧き出ているそう。

湧駒荘の誇る5つの源泉はすべてそのままかけ流されているので、
それぞれのお湯の個性をたっぷり感じられる湯浴みは贅沢そのものです。
日帰り入浴に対応している別館〈神々の湯〉と、
宿泊者専用の本館〈ユコマンの湯〉〈シコロ(アイヌ語でキハダ)の湯〉合わせて
17もの浴槽は、滞在の間にすべてを味わってみたいもの。

特に、シコロの湯にある炭酸泉は驚くほどまろやかな肌当たりなので、
ぜひゆっくりと浸かってみて。加温や加水をしていないため、
季節によってお湯の温度や量が変わるのも、天然の温泉の証。
本館にあるふたつの露天風呂が開放されるのは夏から秋にかけての期間のみなので、
夏の爽やかな時期、旭岳の澄んだ空気を味わいながら湯浴みを楽しみましょう。

日帰り温泉も可能な、別館の〈神々の湯〉。

歴史ある温泉を、受け継ぐ

この一帯は地名を勇駒別(ユコマンベツ)といい、
かつては勇駒別温泉と呼ばれていました。
アイヌ語で「湯に向かってゆく沢」と言われ、古くから温泉が湧いていた土地で、
大正4年に開かれた勇駒別温泉は、はじめは材木の切り出しに訪れる作業員の休憩所でした。

前身となる温泉宿が廃業したのち、湧駒荘の前社長 竹内隆治さんが、
ここにあったすばらしい5つの源泉と湧き水、そして周囲に広がる国立公園の大自然に惹かれ、
多くの人にこの貴重な温泉を伝えようと、1997年に湧駒荘を創業します。

ロビーには、ほのかに甘く体に染み込むおいしさの湧き水を自由に飲めるコーナーも。館内で使われる水はすべて敷地内から豊富に湧き出る湧駒水を使用。

湯上りは宿泊者専用の〈喫茶 姿見〉で休憩を。冷えた湧駒水はもちろん、ハーブティーなどのドリンクを自由にいただけます。

本館5階にある、現社長・竹内崇さんの妹で、ソチ五輪で日本人初の銀メダルを獲得したスノーボード選手 竹内智香さんのメモリアルギャラリー。その活動の軌跡が伝わる、訪れておきたい展示。

次のページ
リピーター続出の夏の看板メニュー

Page 3

湯めぐりの後は、和食をベースに趣向の凝らされた夕食が待っています。
夏季と冬季で内容の変わるコース〈遊食膳〉は、
ここが山の上であることを忘れるほどのおいしさと満足感。
毎年6月末からは、大人気メニュー〈夏限定 メロンとヴィシソワーズ〉がスタート。
豪華なハーフサイズの道産メロンを器に見立て、
中はほのかに塩気のあるジャガイモの冷製スープがたっぷり。
合わせていただいてみると、メロンの甘みにヴィシソワーズの塩気が絶妙なバランス。
これを食べたくて夏に訪れるお客さんも多いそう。

厳選されたみずみずしい道産メロン。「包丁を入れた瞬間に、おいしいメロンかどうかがわかります」とは、2代目社長で料理長も務める竹内 崇さんのお話。

湧駒荘オリジナルの逸品〈湧水ゼリー〉。湧水そのものの形を変えていただける画期的なメニュー。まずはそのままを味わってから、添えられた黒蜜との調和も試してみて。

東京、金沢の老舗で修業した料理の腕

「山奥の宿なので、ちょっとした遊び心を取り入れて
お客さまに楽しんでいただけるよう、
“冷める興奮よりも、よみがえる感動”を心がけています」

ボリュームたっぷりのフルコースで旬の素材に工夫を凝らし、
ここにしかないおいしさを提供しているのは、
湧駒荘の料理長を10年間務めてきた竹内 崇さん。

2017年6月から2代目社長に就任した崇さんは、
高校卒業と同時に料理人の道へ進み、いずれも名店・名宿として知られる、
赤坂の料亭〈津やま〉や石川県の和倉温泉〈加賀屋〉で合わせて6年間修業したのち、
湧駒荘へ戻り、料理長として腕をふるっています。

朝食では自家製の〈燻製醤油〉を使った極上の卵かけご飯を。

人気の〈珈琲ぷりん〉〈ギョウジャニンニクのソーセージ〉などのオリジナル商品の開発やウェブからの宿泊管理も行う竹内崇さん。

「いずれ父の跡を継ぐことを決めていたので、
宿づくりの中でも大切な料理の道に進みました。
これまでの経験で得た技術をもとに、社長として動きながらさらにいいものを吸収し、
調理場でかたちにしてお客さまに喜んでいただきたいですね」

受け継がれていく志とともに、進化を続ける秘境の宿。
すみずみまで心のこもったおもてなしが待つ湧駒荘で、
大自然の恵みを体感できる豊かな週末を過ごしてみませんか?

information

map

湯元 湧駒荘

住所:北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉

TEL:0166-97-2101

チェックイン:15:00〜

チェックアウト:10:00

駐車場:あり

Web:http://www.yukoman.jp/

Recommend