colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

「台日系カルチャー」を発信!
台湾と日本をつなぐ〈LIP〉とは

台湾人的日本旅
vol.001|Page 1

posted:2016.4.27  from:全国  genre:旅行

〈 この連載・企画は… 〉  日本のローカルを訪れる台湾人は年々増加しています。
日本人とは違う目線や切り口を持ち、日本にとても詳しい台湾人の「日本通」。
この連載では、台湾と日本をつなぐメディア『LIP』推薦の
日本通台湾人が行く、日本ローカル旅をお届けします。

editor profile

LIP

台湾と日本を行き来しながら、両国でつくり上げる「台日系カルチャー」の発信を目的としたクリエイティブエイジェンシー。主な活動としてカルチャーマガジン『LIP 離譜』の発行を中心に、東京では『台湾好塾』、台北では『日本好塾』のイベント開催、その他現地コーディネート、クリエイティブサポート、雑誌・書籍の執筆などを行う。2016年からはカルチャーのための語学を目的とした『カルチャーゴガク室』を開講。
http://lipbox.p2.weblife.me

photo:簡子鑫

台湾と日本をつなぐ〈LIP〉とコロカルのコラボ企画がスタート。
colocal 台湾版』では、コロカルからセレクトした記事を繁体字でお届け。
またコロカルでは、日本通の台湾人から見た日本のローカルを紹介していきます。

『colocal 台湾版』オープン!

初めまして。LIP (リップ)です。

私たちは台湾と日本をつなぐ「台日系カルチャー」を発信すべく、
2010年から台湾と日本を行ったり来たりしながら活動している
クリエイティブエイジェンシーです。
このたび『colocal 台湾版』をコロカル編集部さんと一緒につくらせていただきます!

『colocal 台湾版』は、もともとの『colocal(日本語)』サイトと連動し、
最新かつ厳選された日本のローカル情報を台湾に向けて繁体字でお届けしていきます。
さらに台湾のクリエイターやアーティストにも登場していただき、
彼ら彼女たちのおすすめする日本のローカル情報もあわせて発信していきます。

台湾の皆さんがもしかするとまだ知らない日本のローカル情報を
どんどん発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

左・田中佑典(企画・プロデューサー)、右・西山美耶(アートディレクター)。

台湾と日本でつくる「台日系カルチャー」の発信。

台日系カルチャーマガジン『離譜』最新号Vol.13のテーマは「職」。

まずは我々LIPの簡単な自己紹介から。
私たちLIPの主な活動として台湾と日本両国で
台日系カルチャーマガジン『離譜』を発行しています。
また東京では台湾の最新カルチャーを発信するイベント『台灣好塾』、
そして台北では日本のローカルカルチャーを発信するイベント『日本好塾』と
ふたつのオリジナルイベントを開催しています。
さらに今年2016年1月より『カルチャーゴガク』という
カルチャーのための語学教室をスタートしました。

東京の荻窪にあるカフェ〈6次元〉で開催している
『台湾好塾(たいわん はおじゅく)』。
このイベントではLIPの感じる台湾を伝えるために
テーマ内容に沿ったオリジナルテキストを作成して発信。
さらに最新かつリアルな情報や空気感を伝えたいため、
できる限り台湾からのゲストも交えて行っています。

今年2016年からスタートした『カルチャーゴガク室 台湾編』では
台湾式の中国語を教えております。
内容はファッション、文学、デザイン、音楽、映画、食、カフェ……
などのカテゴリーの授業から選択式で受講が可能です。
近年台湾に行く日本人、特にクリエイターやアーティストも増えるなかで、
現地で簡単な言葉や表現でも話せるようになったら
もっともっと台日系カルチャーはおもしろく、より深くなると思っています。

台湾でも「ローカル」が注目されています!

最近、台湾でも「ローカル/地方」が注目されています。
例えばもともと台北で働いていた人たちが、
地元に戻ってブランドをスタートしたり、なかにはお店や旅館をつくったり、
その地方のライフスタイルやカルチャーを発信する
雑誌の刊行をするなど、地方への移住やUターンも増えています。

また昨今、日本にやって来る外国人旅行者数は台湾に限らず増えていますが、
注目すべきはその行き先。
その他の国だと東京や大阪など大都市圏への旅行者が多いなかで、
台湾人は地方に行く人たちが増えています。

台湾で大人気のユニット〈男子休日委員会〉。彼ら以外にも
台湾人の独自の目線で発信する日本の旅関連の書籍や雑誌も増えています。

Tags  この記事のタグ

Recommend