colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

小さな無人島で
腹いっぱいのおもてなし!
〈やつしろ舟出浮き〉って?

NIPPON 47 Beer Spots&Scene!
全国、心地いいビールスポット
vol.026|Page 1

posted:2016.6.29  from:熊本県八代市  genre:食・グルメ

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  その土地ならではの風土や気質、食文化など、地域の魅力を生かし
地元の人たちと一緒につくった特別なビール〈47都道府県の一番搾り〉。
コロカルでは、そのビールをおいしく飲める47都道府県のスポットをリサーチしました。
ビールを片手に、しあわせな時間! さあ、ビールのある旅はいかがですか?

writer profile

Yoko Yamauchi

山内陽子

やまうち・ようこ●企画と文章。熊本生まれ、熊本育ち、ちょっと放浪、熊本在住。地元を中心に、広告・広報の企画を手がけています。おいしいものが大好きで、お米、お水、お魚、お野菜、いろんなおいしいものにあふれている熊本から離れられません。

credit

撮影:門永欣也

credit

Supported by KIRIN

47都道府県、各地のビールスポットを訪ねます。
熊本でコロカルが向かったのは、八代市にある小さな無人島。

江戸時代のお殿様も夢中になって遊んだ、舟出浮き

海もある、山もある、おいしいお米を育てる平野もある。
ちょっと大げさかもしれませんが「この土地はどんな食材も揃ってしまう」と
料理人に言わしめるほど、食に恵まれた土地、熊本県。
そんなおいしいものの宝庫、熊本の南西部にある八代市に
無人島でおいしい思いをたっぷり堪能できる海のレジャーがあります。
その名も、〈やつしろ舟出浮き(ふなでうき)〉。

漁船に乗って、八代海の伝統漁法を見学して、
無人島に上陸して海の幸を味わう、という趣向のもの。
その程度の前情報だったので、実際に体験してみると驚きの展開が待ち受けていました。
それは、後からのお楽しみ!
聞けば、好きな飲み物を持参さえすれば、手ぶらで参加できるとのこと。
さっそく、ビールを買い込んで船に乗り込みます。

ふだん漁で使われている船に乗せていただく〈やつしろ舟出浮き〉。海風がとっても心地いい。

海の男、生川啓さんの軽快な操舵(そうだ)さばきで海へ。穏やかな内海の八代海は、豊かな漁場。

今回の案内人は、舟出浮きの組合長である
生川啓(なまかわ さとし)さんと京子さんご夫妻。
やつしろ舟出浮きは、生川さんをはじめとする八代海で漁をしている漁師さんたちが
いまから約30年前に組織化した、いわゆる観光漁業。
漁船に観光客を乗せ、伝統漁を見学してもらうという取り組みで、
すべての船頭さんたちが同じやり方で統一し、商品化されたもの。
八代海で生川さんたちが先輩漁師さんたちから受け継いできたそうです。

そうやって、どんどん時代をさかのぼっていくと、
江戸時代、お殿様が夢中になって遊んでいた〈舟出浮き〉という
遊びにたどりついたといいます。
古い文献などにも舟出浮きの記述が確認され、
八代海に舟を出し、鉾(ほこ)突きや、投網(とあみ)で
お殿様が魚をとって楽しんだことが書かれていました。

江戸時代後期の御用絵師による絵の一部。蛤をとっている女性たちの後方に、小さく舟が。舟出浮きを描いたものと言われています。

まさに、生川さんたちの観光漁業は、お殿様も夢中になった舟出浮きそのもの!
そうやって、現在の〈やつしろ舟出浮き〉というネーミングが誕生したのです。
ちなみに、「出浮き」は、「海のピクニック」という意味があるそうです。

とれるかどうかは、運次第? 八代海の伝統漁法

漁協の港を出て、10分足らずで漁場に到着。
海底に刺し網を設置するカレイ網、
潮流に網を流すエビ流し網、タコツボ、ヒラメ網といった具合に
時期や区域によってとれる魚の種類も、漁法も変わります。
今回見学したのは、6月までが最盛期だったイカ籠漁。
あらかじめ海底にしかけておいた籠を、引きあげていく伝統漁です。

海に浮かぶ赤い旗と、黒い旗のあいだに、イカ籠がしかけられています。

「ここんとこ、不漁だけんねぇ」と言いながら、籠を引きあげていく生川さん。この籠がいくつもしかけられており、籠にはしかけの笹がついています。

この籠には残念ながら何も入っていませんでしたが、生川さんが何やら手に取り見せてくれたのは……。

イカの卵! イカ籠漁は、笹でつくったしかけにイカが卵を産みにやってくる。それを捕獲する、というもの。

こちらは、籠にかかっていたカサゴの赤ちゃん。熊本では「がらかぶ」と呼ばれています(この後、すぐにリリース)。

漁師さんがふだん使っている船で、ふだん通りの漁を見学しながら
漁師さんの話を聞くことができるのが、このやつしろ舟出浮きの魅力。
「イカが入っとらんかったら、ごめんね~。
30年前に始めた頃は、籠をしかけたら大漁。
いろんな魚がとれよったけど、最近はとれる漁が減ったもんな~」
と熊本弁でつぶやきながら、次から次へと籠をあげていく生川さん。

ほかの籠からは立派なイカが次々と!

たまにカニが入っていることも。

イカ籠のしかけのこと、八代海でとれる魚のこと、昔の漁の話など、
いろんなことを教えてくれました。
なかでも、いちばん興味をそそられたのは、
イカ籠の漁は、モテるメスが漁を左右する、ということ。
「よかメスが入っとる籠には、よかオスのイカが入っとる。
イカの好みはわからんけどね」と、生川さん。

「これが、モテモテのメス」! 1匹のメスのイカに、大きな2匹のオスイカ。

1時間ほど、船上で漁を見学。籠があがるたびに、一喜一憂。
見ているだけなのに、あっという間に時間は過ぎます。
この1時間での漁の成果は、イカが10匹超。
不漁といわれた割には、まずまずといったところ。
漁が終わったら、無人島に上陸して海の幸三昧。
もしかして、イカ三昧?

こだわりの強い熊本の人たちとつくった
〈キリン一番搾り 熊本づくり〉

仲間を大事にし、「肥後もっこす」といわれる、頑固でこだわりの強い熊本の人たち。そんな地元の人たちとつくった〈キリン一番搾り 熊本づくり〉とは?

キリン一番搾り 熊本づくりとは? →