colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

センサー&LED内蔵の
しまぬき「明かりこけし」。
宮城の伝統こけしが
新しい防災グッズに進化

コロカルニュース
vol.1161

posted:2015.6.20  from:宮城県仙台市  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

東北で生まれた伝統こけしが、
新しい防災グッズに進化!
宮城県仙台市の「しまぬき」さんが作る「明かりこけし」は、
地震などでこけしが倒れた場合、
LEDライトが自動的に点灯し明るく輝くスグレモノ。
こけしにセンサーとLEDライトが内蔵されており、
おおむね震度3~4の揺れで転倒します。
暗い玄関や室内で、足元を照らすなど、
照明が必要な時に活躍してくれるんです。
普段はインテリアとしても楽しめる、
シンプルなかわいさの伝統こけしと、
凝った創作こけしの2タイプがあります。

伝統こけし ¥7,800(税抜)

創作こけし「花童」¥20,000(税抜)

この明かりこけし、もともと「地震で倒れるから」と敬遠された
こけしの難点を逆手に取る、ということで開発されたものだそう。

「明かりこけし」は平成21年に発売された商品です。
当時は「こけしは地震で倒れるから」と地元でも敬遠する方がいらしたのですが、
それならばその難点を逆手にとったこけしを、ということで販売を始めました。
夜中に地震がきて停電になっても、明かりこけしの電気がつくので安心、
といって離れて暮らす祖父母へ贈るかたもいらっしゃいます。
防災グッズとしても役立つこけしと思っています」(しまぬき 島貫さん)

Page 2

創作こけし「華」¥18,000(税抜)

内部には単3乾電池2本を使用。
連続点灯時間最長約50時間という、
かわいくもたのもしいこけしです。
お求めはしまぬきさんまでお電話を。

■彩りそえるしまぬき「明かりこけし

本店

住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-17

電話:022-223-2370

Recommend