colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

移住者から避難者、支援者まで。
福島で開かれる対話の場
「未来会議」とは?

あのころとこのごろ 「未来会議」と福島のいま
vol.001

posted:2018.9.11  from:福島県いわき市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  東日本大震災後、福島県いわき市に移住し、情報発信をしている人がいます。
誰もが参加できる対話の場をつくる「未来会議」のことや、
あれからどう変わってきたのか、福島の“いま”をお伝えしていきます。

writer profile

Maiko Yamane

山根麻衣子

やまね・まいこ●1976年、神奈川県横浜市生まれ。2014年、東日本大震災の復興支援業務のため、福島県いわき市に移住。2016年から『いわき経済新聞』を運営。福島県浜通り地域(主にいわき市、双葉郡)のニュース・インタビューを発信。ほかに、『70Seeds』『福島TRIP』などで執筆。福島と県外の架け橋となるライターを目指しています。
Facebook
Twitter:@himawari63
Blog:やまねえの東北応援日記

よそ者が、福島のことを書くことができるようになるまで

7年経った、福島の「このごろ」を伝えたい。
ただそれだけを思い、日々言葉を紡いでいます。

はじめまして。山根麻衣子です。
神奈川県横浜市に生まれ育ち、東日本大震災が発生するまでは、
神奈川県以外に暮らしたことがなかった、いわゆる「都会人」でした。

私はいま、福島県いわき市に暮らしながら、
『いわき経済新聞』などのデジタルメディアを通して、
主に福島県の沿岸部=浜通り地域の情報発信をしています。

震災直後の2011年~2013年まで、東北各地にボランティアとして関わり、
2014年に復興支援の仕事を得て、福島県いわき市に移住しました。
この9月でいわき暮らし5年目になります。

いわき市と言えば、映画『フラガール』で脚光を浴びた〈スパリゾートハワイアンズ〉。このショーが大好きで、仕事帰りや遠方から友人が来たときに、夜のショーだけよく観に行きます。(2018年6月、筆者撮影)

いわき市と言えば、映画『フラガール』で脚光を浴びた〈スパリゾートハワイアンズ〉。このショーが大好きで、仕事帰りや遠方から友人が来たときに、夜のショーだけよく観に行きます。(2018年6月、筆者撮影)

東京23区がふたつ入るほどの面積を持ついわき市は、
海はもちろん、山も温泉もある地方都市です。
ちょっと疲れたな―と思ったら車で15分ほどで源泉かけ流しの温泉に行けたり、
いわき産の食材を豊富に使ったレストランがあちこちにあったり、
しかもどこに行っても知り合いに会ってしまったり、
都心にはない距離感を、日々楽しみながら暮らしています。

いわき市の山あい、田人地区のお気に入りのカフェ〈MOMOcafe〉。(2018年6月、筆者撮影)

いわき市の山あい、田人地区のお気に入りのカフェ〈MOMOcafe〉。(2018年6月、筆者撮影)

ただ移住した当初は、いろいろな部分で苦労することが多くありました。
特に、震災から7年経ったいまでも続く、
被災地でありながら原発被災住民を2万人以上受け入れるという、
ほかの被災地にはないいわき市の特殊で複雑な環境。
それから、地方暮らしに免疫がなかった私自身の適応能力の低さ。

よそ者が地域に入るのは、いまの時代でもまだまだ難しいものだと感じます。
それが、原発事故のあった福島だったらなおさら。
善意と関心を持って入ろうとしても、どこか試されてるように感じてしまうのです。
あなたは、どのくらい福島のことを知ってるの? 

5年前に移住した私も、いつもそれを感じていました。
私に、福島を語る資格があるの? 
地雷を踏まないように、腫れ物に触るように、言葉を、行動を、選んでいました。

2017年4月に一部帰還困難区域を除く避難指示が6年ぶりに解除された双葉郡富岡町で初日の出を望む。(2018年元旦、筆者撮影)

2017年4月に一部帰還困難区域を除く避難指示が6年ぶりに解除された双葉郡富岡町で初日の出を望む。(2018年元旦、筆者撮影)

力になりたいと思っているのに、遠慮が先に立ち、
地域になじんでいけない日々が続いていました。
そんなときに、なんとかこの地域の人のことを知りたいと参加したのが、
未来会議」だったのです。

未来会議の仲間は、「麻衣ちゃんの思うようにして大丈夫だよ」と言ってくれました。
私は未来会議の存在と仲間たちのおかげで、いまこうして、
福島の生活を楽しみながら、福島のことを書くことができています。

未来会議の仲間たちと参加した、8年ぶりに再開した「富岡町桜まつり」での、よさこいチーム「よさこい浜さkoi」。2列目中央が筆者。(2018年5月、撮影:霜村真康)

未来会議の仲間たちと参加した、8年ぶりに再開した「富岡町桜まつり」での、よさこいチーム「よさこい浜さkoi」。2列目中央が筆者。(2018年5月、撮影:霜村真康)

次のページ
未来会議の対話のルールとは?

Page 2

バックボーンを取り払った対話の場

未来会議は、福島県浜通り地域(いわき市や双葉郡)を中心に、
県内外で「対話によるワークショップ」による場づくりを行なっている任意団体です。
「会議」という名前ですが、集った人々が「対話」を通じて
それぞれを分かち合う場です。

2013年6月に開催された未来会議で、参加者から集まった声の一部。(写真提供:未来会議事務局)

2013年6月に開催された未来会議で、参加者から集まった声の一部。(写真提供:未来会議事務局)

2013年1月から2018年7月までの5年半の間に、
未来会議は19回の対話の場をつくってきました。
各回50人以上、多いときには100人以上の人が集います。

参加者のバックボーンはそれぞれ。
地元福島県の人はもちろん、私のような移住者、この地域に関心のある県外の人、
避難している人、避難を受け入れている人、支援している人、
役所の人、特に何か活動しているわけではない人……。
未来会議は、バックボーンや肩書きを取っ払って参加できる場所です。

未来会議に参加する筆者(中央)。(2017年11月、撮影:橋本栄子)

未来会議に参加する筆者(中央)。(2017年11月、撮影:橋本栄子)

東日本大震災が起こった2011年3月11日から、
特にこの福島県浜通りでは「バックボーン」=出身地が大きな分断の原因になりました。
強制避難、自主避難、帰る、帰れない、賠償の金額……、
すべて震災当時のバックボーンが基準となりました。

そんななか、嫌な事件や分断を煽るような報道が増えてきました。
2012年頃のことです。福島県浜通り(特に、被災地でありながら
多くの避難者をいまも受け入れているいわき市)に暮らす人たちに
良くない空気が生まれてきたことを感じた人たちがいました。

対立するのではなく、異なる価値観や違いはむしろ財産であると捉える。
それぞれが自分らしくいられる、ゆるやかな人の輪をつくることが、
未来につながる可能性を育むことになるのではないか。
そんな思いから2013年1月、未来会議は生まれました。

南相馬市小高区で開催された未来会議の様子。(2017年7月、撮影:霜村真康)

南相馬市小高区で開催された未来会議の様子。(2017年7月、撮影:霜村真康)

「未来会議」での対話にはルールがあります。

・人の話を否定しない

・自分と違う意見でもまず受け入れる

・無理に話そうとしなくてもいい

・結論を目指さない

そしてその場は、プロのファシリテーターが仕切ります。
ルールを皆が共有し、プロが場を促すことで、
未来会議は、バックボーンを気にすることなく、
安心して思いを話したり聴いたりできる場となっています。

私が初めて参加した未来会議は、旧警戒区域(避難指示が出されていたが、
立ち入りのできるようになった地域)の訪問と、
対話による未来会議を同日に行うというものでした。

2015年5月に、初めて未来会議に参加した際に立ち寄った、双葉郡内の「帰還困難区域」。ここから先は現在でも、町の許可がなければ住民でも立ち入りができない。(写真提供:未来会議事務局)

2015年5月に、初めて未来会議に参加した際に立ち寄った、双葉郡内の「帰還困難区域」。ここから先は現在でも、町の許可がなければ住民でも立ち入りができない。(写真提供:未来会議事務局)

その場で私は福島に移住して初めて、自分の思いを全面的に肯定される経験をしました。
未来会議のルール「人の話を否定しない」、
「自分と違う意見でもまず受け入れる」を、その場にいた全員が自然と守り、
思いを受け止める場をつくってくれていたからです。

自分の思いやバックボーンや立場を、否定されずに受け入れてもらえる公の場、
というのは意外と少ないのではないでしょうか。
未来会議には、その場がありました。

支援として福島に来たのに、地域の複雑な状況と自分の無力さしか感じられない、
それでもこの地のために何かしたいという気持ちだけはある、
そんな思いを受け止めてもらうことで、とても安心し、
少し楽になったことを覚えています。

「懇親会にもぜひ参加してほしい!」とメンバーに言われ、
もっと未来会議のことを知りたいと思った私は、もちろん参加しました。
そこで話されたことは……、おいしいお酒とおしゃべりでまったく覚えていません。
未来会議のメンバーは、とにかく酒好きが多いのです。

いわきの地酒〈又兵衛〉。2018年全国新酒鑑評会で、2年連続金賞を受賞しました。

いわきの地酒〈又兵衛〉。2018年全国新酒鑑評会で、2年連続金賞を受賞しました。

次のページ
7月に開催された未来会議での出会い

Page 3

未来会議を通して広がる世界

復興に関わっているからと言って、みんないつもいつも真摯に、
ひたすらがんばっているわけではありません。
お酒もたくさん飲むし、ときには羽目も外します。
そんな彼らに出会うことで、私は自身のしがらみから少しずつ解放されていきました。
その後も彼らが、ことあるごとにひたすら飲み会に誘ってくれたからこそ、
いま私は、未来会議を運営する側になれたのだと思っています。

芥川賞作家の柳美里さんをゲストに招いた未来会議では、司会進行を務めました。(2016年9月、撮影:橋本栄子)

芥川賞作家の柳美里さんをゲストに招いた未来会議では、司会進行を務めました。(2016年9月、撮影:橋本栄子)

自身を肯定され、しがらみから解放されることで、
自分のやるべきことがわかってきました。

地域の人から聞いた話に、「へぇ、そうなんですか」と答えている間は、
話がそこで終わってしまう。
「私、そこに行ったことがあります」
「その方、知ってます」と答えられるようになれば話が続き、
対等に話してもらえるようになる。
そこからようやく、できることを探すことができると。

そのためには、誰よりも地域を歩き、情報を収集し、人に会いまくること。
未来会議に参加したことでたくさんのつながりができて、
私の世界はどんどん広がっていったのでした。

双葉郡浪江町でインタビューする筆者。(2018年7月、撮影:森亮太)

双葉郡浪江町でインタビューする筆者。(2018年7月、撮影:森亮太)

未来会議を通して出会った人たちのことを話そうと思うと、
どの人も切実な思いを持って動いている人ばかりで、
誰を選んでいいのかわからないくらいですが、
先日、7月に開催された未来会議では、
震災当時小学生・中学生だった若者たちとの出会いがありました。

「あのころとこのごろ」というテーマで、現在中学生~社会人となった5人の若者に、
それぞれ15分ほど話を聞かせてもらいました。
「あのころ」どう思っていたのか、「このごろ」どう思っているのか。
語ってくれたお話はもちろん、それを聞いた会場の大人たちが
どのように感じ、対話したのか。

そんなお話を、次回はお伝えしたいと思っています。

未来会議で話す若者とそれを聞く参加者たち。(2018年7月、撮影:橋本栄子)

未来会議で話す若者とそれを聞く参加者たち。(2018年7月、撮影:橋本栄子)

information

未来会議

Tags  この記事のタグ

Recommend