colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

山崎亮ってどんな人?

山崎亮 ローカルデザイン・スタディ
vol.001

posted:2012.1.17  from:大阪府大阪市  genre:活性化と創生

〈 この連載・企画は… 〉  コミュニティデザイナー・山崎亮が地方の暮らしを豊かにする「場」と「ひと」を訪ね、
ローカルデザインのリアルを考えます。

editor's profile

Miori Baba
馬場未織

ばば・みおり●1973年生まれ。日本女子大学大学院修了後、設計事務所Factor N Associatesに入社し、ナンシー・フィンレイと千葉学に師事する。退社後ライターに転向し、建築雑誌やファッション誌などで執筆する。私生活では南房総にて週末里山暮らしを実践し、2011年に建築家、農家、造園家らとともに里山活用のNPO「南房総リパブリック」を設立。親子向けの里山学校などを主催する。目下、活動の一環として南房総産の野菜を使った「洗足カフェ」を運営中。

credit

photo by Tetsuya Ito
Casa BRUTUS
vol.138(2011.9)より転載

全国各地で引っ張りダコ、日本中を駆け回る男の仕事とは

人を入れるハコモノばかりがあふれ、ハコに入る人がいない地域。
それがおかしなことと気づきながらも、次の手が思いつかない行政。
今必要な行動は“ものづくり”ではなく、
“人がつながる仕組み”をつくることだと見定めて、
「コミュニティデザイナー」という不思議な肩書きを持って
地方再生のさまざまなプロジェクトを展開させる山崎亮は、
国が右往左往しているこの時代の寵児とも言える。

彼が人のつながりに興味を持ったきっかけは、
ランドスケープを学ぶ学生時代、阪神淡路大震災での経験だった。
「崩れ果てた街の中で、人々が結びつき、
自分たちの力で非常事態の街を使いこなす状況に圧倒されました。
また、ランドスケープ=生活自体であると痛感。
ならば、人のつながり自体が重要ではないかと考えました」

ものづくりから、つながりづくりへとシフトチェンジした彼は、
過疎化、少子化、高齢化など地域社会が抱えるさまざまな課題に対し
“震えるくらい美しい形で”解決することを命題とする
「コミュニティデザイン」という仕事を編み出した。
住民ひとりひとりの声を拾う中で地域課題を的確に見抜き、
人と人との良質なつながりを生み、つながった人々の意欲に火をつけ、
能力をつけ、チームワークの力で問題を解決していく。
そんな美しきチームプレーが、
地域コミュニティの活動でも実現できることを示したのである。
ただし、彼自身がプレーに加わることはなく、
人材を育て適切な指示を出す監督の立場を貫く。
未来を担う人材は地域の中で育成し、
十分に力が備わったらそっと身を引き、陰で寄り添う。
下に紹介した5つのプロジェクトは、
山崎監督が残した名試合ともいえるものだ。
「こんな仕事がなくていい世の中が理想なのにね」と笑う山崎は、
コミュニティデザインの伝道に、今日も全国を飛び回る。

山崎亮を読み解く5つのプロジェクト

  • ここから今の山崎が始まった!

    「いえしまプロジェクト」

    (2002年~)

    兵庫県姫路沖、家島諸島でのまちづくりプロジェクト。外部の若者が見た家島の魅力を島民に伝え島の将来を語り合う「探られる島プロジェクト」は5年続き、NPO法人いえしま設立後は、空き家を外国人の宿泊に利用する「ゲストハウスプロジェクト」や特産品販売を通じた都市部との交流などの活動を精力的に続けこの島のファンを増やしている。報酬のない公益事業ながら地域の課題を探りプロジェクトを起こすという貴重な経験を得る。

  • パークマネジメントの好例

    「有馬富士公園プロジェクト」

    (1999年~2007年)

    公園の集客に重要なのはデザイン以上に開園後のマネジメントであるとし、「楽しい公園」をつくる仕組みを考えたプロジェクト。兵庫県三田市の県立公園に来園者を積極的に誘い出すプログラムを組み込んだ。プログラムを提供する側(キャスト)に50以上ものコミュニティが参画しゲストをもてなすというもので、キャストもゲストも楽しめることから開園以来入場者数が増加し続ける。延岡駅周辺整備プロジェクトにもこの手法を導入。

  • コミュニティづくりのきっかけをつくった

    「土祭−ヒジサイ−」

    (2009年)

    栃木県益子町で行われる土祭を一過性の祭りに終わらせず、その後のまちづくりにつなげていったプロジェクト。益子の土をテーマにした20余りのプログラムを16日間にわたり展開するという大きな祭りの後、参加したボランティアメンバーが集まって「ヒジノワ」(土祭を契機にして出来上がった輪の意味)という団体を立ち上げた。地域と商店街に開いたその活動に刺激を受け、商工会も中心市街地の活性化に乗り出した。

  • 大人が動かぬなら子供を動かそう!

    「子ども笠岡諸島振興計画」

    (2009年~)

    将来の人口減少が目に見えるにもかかわらず危機感の薄い島民の心を動かすため、未来を背負う子供たちとタッグを組んで進めたプロジェクト。岡山県の笠岡諸島の7島に住む子供たちと連携して離島振興計画を作成し、隣島とは協力できないしワークショップ参加も不可能、などと動かない大人たちへ提出。「この計画を実行してくれなければ、私たちは島に戻りません!」という子供たちの声が良質な脅しとなり、大人の本気を引き出した。

  • この製材所が森の荒廃や人離れを食い止める!?

    「穂積製材所プロジェクト」

    (2007年~)

    民営の製材所を地域の都市農村交流の拠点として開き、そこでの活動から連鎖的に地域の課題解決の糸口を見いだしていくプロジェクト。伊賀の里、三重県は島ヶ原の駅前にある閉鎖直前の穂積製材所を、木工制作活動の場として公共的に活用することを考案。製材所内には建築家らが設計した「寝どこ」があり、週末には各地から集まった人々がここで寝泊まりしながら家具をつくり、材を生む森を学ぶ。写真は伊賀忍者の格好で講演した山崎。

profile

RYO YAMAZAKI
山崎 亮

1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院地域生態工学専攻修了後、SEN環境計画室勤務を経て2005年〈studio-L〉設立。地域の課題を地域の住民が解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、建築やランドスケープのデザイン、パークマネジメントなど。〈ホヅプロ工房〉でSDレビュー、〈マルヤガーデンズ〉でグッドデザイン賞受賞。著書に『コミュニティデザイン』。

Recommend