colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

貴重な和紙が揃う「佐藤紙店」。
お店まるごと宝の山!

おでかけコロカル|しまなみ編

posted:2014.1.8  from:広島県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

ディスカバーリンク
せとうち

ディスカバーリンクせとうちは、新たなまちの魅力を観光へとつなげ、まちに事業と雇用を創出し、せとうちの未来を育てていくことを目的としています。歴史的建造物を再生し、暮らすように愉しむ空間を提案する“町家宿プロジェクト”や、世界共通言語のデニムで広島県備後地方の繊維業を活性化させる“尾道デニムプロジェクト”、自由な学びの場を展開する“尾道自由大学”など、多様な切り口のプロジェクトを展開しています。
http://www.dlsetouchi.com

佐藤紙店は、本通り商店街にある老舗の紙専門店。
150年前の建物に手を加えながら現在に至っており、
店内のいたる所に当時の面影が残っている。
店では、「因州和紙・鳥取県」「石州和紙・島根県」「土佐和紙・高知県」など
各地の和紙や、「八女和紙・熊本県」などの紙の祝儀用品を扱っている。

店頭には、熨斗袋をはじめとした季節の和雑貨などが、所狭しと並んでいる。
ところが陳列棚とは別に、壁際にある木製の引き出しから出てきたのは、
色鮮やかな千代紙や趣ある揉み紙の数々。

職人の技が光る“揉み紙”。工芸品やラッピングなど用途はさまざま。

「遠くから、貴重な紙を求めて来られるお客様も多いんです。
揉み紙は、ランプシェードや和食屋さんのメニューブックにも使われたりもします」
普段何気なく使っていた紙だけど、アイデアひとつで、
さまざまな使い方ができるのだなぁ、と改めて感心。
五代目店主・佐藤さんの懇切丁寧な説明を聞いているうちに、紙への興味が高まっていく。

続いて、藍色が美しいポチ袋を発見。
100円ショップやコンビニでも手軽に購入できるポチ袋。
だからこそこだわりたい、という方にオススメの商品。

手染め友禅のポチ袋。5枚セット300円。

どこかで見たことがあるモノではなく、個性的なモノを使いたいと考える人には、
ぜひ一度足を運んでいただきたい。

map

佐藤紙店

住所 広島県尾道市土堂2-6-6

TEL 0848-22-2200
営業時間 10:00〜19:00
定休日 木曜日
駐車場 なし

Feature  特集記事&おすすめ記事