colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ムーミンと佐賀の有田焼がコラボ。
幽玄の世界がうかびあがる
「moomin × amabro SOMETSUKE」

コロカルニュース

posted:2013.12.6  from:佐賀県西松浦郡有田町  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

これまで接点がなかったあるものを、
組み合わせてみたら意外にも相性バツグンだった!
そんなうれしいコラボが、佐賀県有田町の有田焼と、
北欧のキャラクター「ムーミン」で生まれました。
ムーミンの世界観を有田焼の染付で表現した絵皿、
「moomin × amabro(ムーミン×アマブロ)
SOMETSUKE」です。

アマブロは、アーティストの
村上周(むらかみ あまね)さんを主体に、
「表現の再構築」というコンセプトのもと、
ものづくりを行っているブランド。

SOMETSUKEにおいては、
有田焼の最も古い伝統技法の
ひとつ「呉須(ごす)」を用い、
手作業でひとつひとつ染め付けしています。
呉須とは、酸化コバルトを主成分とした、
伝統的なコバルトブルーの絵付け。最初期の
有田焼から使われている歴史ある技法です。

ひとり、こっちを見ているこがいますね!

繊細な藍色で描かれたムーミンのキャラクターたちは、
まるで昔から日本画の世界に彼らがいたかのよう。
新しくも懐かしい、幽玄の世界観が魅力的です。
amabro online storeにて発売中です。

MOOMIN×amabro SOMETSUKE

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ