colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

未来を創るニッポンの現場
「神奈川 藤野」編 : 目次

KAI presents EARTH RADIO
vol.Story-H

posted:2012.12.7  from:神奈川県相模原市  genre:活性化と創生

sponsored by 貝印

〈 この連載・企画は… 〉  俳優・伊勢谷友介さんと放送作家・谷崎テトラさんが、
“未来を作る日本の現場”を求めて、さまざまな土地を巡ります。
コロカルでは、この「EARTH RADIO」を“読む”ための、連動連載をお届けします。

editor profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

撮影:Suzu(fresco)

  • Part1
    トランジション・タウンで「楽しく、つながる」。

    住んでいるひとたちが、土地の一番の資源。神奈川県の藤野には、不思議な地場がある。以前からは芸術のまちと知られ、「芸術の道」という通りには巨大なアート作品が並び、「ふじのアートヴィレッジ」ではギャラリーの見学やものづくりを体験できる。

  • Part2
    地産地消の家づくりとは。

    エコ長屋で暮らす、4世帯の里山ライフ。「KAI presents EARTH RADIO」藤野編第2回は、4世帯が暮らす「里山長屋」を訪れた。取材を始めようとすると、大きなベルが鳴り響いた。この里山長屋はシュタイナー学園のすぐ裏にあるため、学園用のベルが家の中にいても大きく聞こえてくる。

  • Part3
    4世帯が住まう、コモンハウスでの生活とは。

    ルールなし。コミュニケーションで成り立つ4世帯暮らし。伊勢谷友介さんと谷崎テトラさんによる「KAI presents EARTH RADIO」。藤野編第3回は、前回に引き続き「里山長屋」の4世帯の暮らしについて。小林一紀・恵里奈夫妻は、前回紹介したコモンハウス(長屋の共有スペース)を最大限に活用している。

  • Part4
    藤野電力の提唱する、電気との向き合い方。

    藤野電力が提唱する、電気を自分たちで生み出す自由。伊勢谷友介さんと谷崎テトラさんによる「KAI presents EARTH RADIO」は、神奈川県の藤野編最終回。藤野にある牧郷ラボは、2003年に廃校になってしまった牧郷小学校を、アーティストたちがアトリエとして再利用している施設。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend