colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

日本一のサンゴの海から
みんなの想いでサンゴを育てる
〈3935プロジェクト〉スタート!

Local Action
vol.082|Page 3

posted:2016.4.8  from:沖縄県石垣市  genre:活性化と創生

〈 この連載・企画は… 〉  ひとつのまちの、ささやかな動きかもしれないけれど、創造性や楽しさに富んだ、
注目したい試みがあります。コロカルが見つけた、新しいローカルアクションのかたち。

editor's profile

Yu Miyakoshi

宮越 裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

credit

撮影:中西康治(水中写真以外) http://www.kojinakanishi.com/
撮影:北島清隆(水中写真) http://www.k-kitajima.net/index.html

Page 3

いざ、海中のサンゴ畑へ

サンゴの苗ができたら、いよいよ海のなかにあるサンゴ畑へ苗を植えにいく。
一行は船に乗り、陸から200メートルほど沖にある
八島地先と呼ばれるエリアへ移動した。
船を運転してくださったのは、八重山漁協の砂川政彦さん。

八重山漁業協同組合の砂川政彦さん。弟さんとコンビを組み、漁師をしている。途中、海の上で別の船に乗った弟さんとすれ違った。まさに兄弟船!

船がサンゴ畑のあるエリアに到着すると、さっそく砂川さんたちは
ボンベを背負い、ドボンと海の底へ潜っていった。
水深5メートルほどの海底に、砂川さんがゆらゆらと泳いでいるのが見えた。
なんという透明度……!

3935プロジェクトでは、石垣島 Creative Flagとともに
海の景色が360°全方向に広がるVR動画を制作している。
下の苗を海底にセットしている様子を収めた動画は、
石垣島在住の写真家、北島清隆さんが撮影したものだ。

マウスで動画にふれるとさまざまな角度から景色が見られるので、ぜひ試してみて! この映像は4Kカメラ2台を3Dプリンタで出力したパーツでくっつけ、360°撮影できるカメラをつくり、撮影したのだとか。制作:石垣島Creative Flag(撮影・編集:SakishimaFilms)

養殖には垂下式、子割式、ひび建て式など、いくつかの方法がある。
後藤さんたちが行っているのは、下の写真のように海底にパイプを立てる、
ひび建て式というもの。
このひび建て式にもいくつかの方法があり、
今回は恩納村から技術支援を受けた恩納村式と
野里さんたちが始めた八重山式を採用し、5000本の苗を植えた。

その苗が順調に成長すれば、今年の秋には、10〜20センチぐらいの大きさになる。
3935プロジェクトではこの苗を移植用の苗として用い、漁協から貸し出しを受けたサンゴ畑で
より多くの人たちにサンゴを育む体験を提供していく予定だ。

サンゴ礁の不思議な生態系

サンゴ畑と聞くと植物のように思えるサンゴだが、
じつはクラゲやイソギンチャクの仲間で、
刺胞(しほう)動物という動物に分類されるらしい。

そのサンゴの体内には褐虫藻(かっちゅうそう)という植物プランクトンが住み、
お互いに支えあって暮らしているという。
褐虫藻はサンゴが吐き出す二酸化炭素と太陽光で光合成を行い、
サンゴはそうしてつくられた有機物を吸収して成長する。
まるで、光合成する植物のようだ。
実際、サンゴが死滅してしまうと海中の二酸化炭素を減らす
褐虫藻がいなくなり、地球の温暖化が進む要因になるといわれている。

また、サンゴ礁を形成する枝のあいだには、
魚や貝、プランクトン、微生物などが暮らしている。
サンゴが海底に育つと、さまざまな生きものが共生する生態系が育まれていくのだ。
さらに、マングローブの林とサンゴ礁は密接な関係にあり、
どちらかの生態系が崩れれば、もう一方に影響が及ぶという話もある。

石西礁湖の海に生息するサンゴは360種を超える。
一説によると、ここから生まれたサンゴの幼生(※4)が黒潮に乗って沖縄本島や奄美、
種子島をはじめとする海域へ流れ、日本のサンゴ礁の源になっているという予測もあるという。
サンゴのことを知れば知るほど、後藤さんが言っていた海の大切さ——生態系のつながりや、
そこに住む生きもの、島全体にとって海が大切だということが伝わってくる。
3935プロジェクトは、島の人たちが昔から大事にしてきた海とのつながりを
未来につないでいく活動になっていくのかもしれない。

※4 幼生:サンゴの受精卵が成長したもの。数日間海中を漂った後、岩などに着床して稚サンゴになる。

こちらの動画にはマンタが登場!八重山の海には高確率でマンタに会えるマンタスポットがあるのだそう。制作:石垣島Creative Flag(撮影・編集:SakishimaFilms)

いまこのプロジェクトでは、サンゴ畑の貸与を希望する
ダイビングショップを募集している。
プロジェクトに参加して石垣の海とつながれるとしたら、とても大きな特権だと思う。
海の底に潜ることはもちろん、サンゴ畑を通じて島の人たちとつながるのは
特別な時間に違いないし、何よりとっても楽しい。
今後のニュースにも、耳を澄ませていたい。

現地を案内してくださった3935プロジェクトのみなさん、ありがとうございました!

information

map

3935プロジェクト

主催:3935プロジェクト実行委員会

共催:八重山漁業協同組合

問い合わせ:3935プロジェクト運営事務局

住所:沖縄県石垣市登野城480-1

Web:3935プロジェクト

Facebook

Tags  この記事のタグ

Recommend