colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈民家工房 常栄〉
地域の木材を使う“健康住宅”。
これが、人の暮らしを変えると
信じる。

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.070|Page 1

posted:2015.7.31  from:神奈川県厚木市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

editor profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

撮影:高見知香

木材にも地産地消を

神奈川県の本厚木駅からバスで40分程度。
中津川を横目に眺めながら山道を進んでいくと
〈民家工房 常栄〉が手がける〈元(はじめ)の家〉ブランドの
モデルハウスが見えてくる。
元の家は、平成18年に立ち上げられた自然素材にこだわった住宅だ。
かつては常栄でも建材の一部に工業製品などを使用していたが、
それを約10年前に一切捨てた。

ことの始まりについて、代表取締役の山本常美さんが教えてくれた。
「当時、農業や食べ物に関しては、地産地消という考え方が広まっていましたが、
家や木材というものに対してはまだまだでした。
あるとき、神奈川県の職員と話をしていたところ、
県産材がたくさんあることを知ったんです。あるのならば使っていこうと」

常栄代表取締役の山本常美さん。

神奈川には県産材があるにはあった。しかし使う人が少なかった。
使われないと、せっかくの木材も他県に流れてしまう。
かつては運搬手段が発達していなかったので、木材も地産地消が当たり前。
家を建てるときは土地のすぐそばにある山から木を調達してくるしかない。
しかし、次第に運搬技術が発達してくると、
どこの地域の木材でも自由に選べるようになる。
結果的に、木材の地産地消という風習が薄れていくことになった。

常栄の作業場にはたくさんの木材がストックされている。もちろんすべて国産材。

山本さんがモデルハウスを案内してくれた。目につくもの、すべてが木製。
しかもほとんどが神奈川県産材、とくにここ丹沢地域の木材が多いという。

「構造材はすべて県産無垢材です。
多少は岐阜など他地域の木材も使用していますが、
もちろん産地はすべて把握しています」
外国産材はもちろん、出所のよくわからない木は使わない。

天井の梁には、わざと曲がったもの(曲り梁)を使用している。
「曲がっている木は、普通は使ってもらえません。
このスギは、丸太置き場で腐る一歩手前だったものを引っ張り出してきて、
製材してもらいました」

そのうえ虫食いの跡=小さな穴まで空いている。
「低温乾燥や天然乾燥だと、まだ虫が出てくることもあります。
しかし木材としては粘りがあって力が残るんです。
もちろん時間も手間もかかりますが……。
もし秋に家を建てて、春になって虫が出てきたら、それは“ラッキー”(笑)。
ちゃんとした乾燥をしているから、虫が出てくるんですよ」

そういった素材や製法に納得できるかどうか。
モデルハウスというブランドの顔になる場所に、
“曲がった木”や“穴の空いた木”を使っているあたりに、山本さんの心意気を感じる。

木材のほかにも、素材にはこだわり抜いている。
断熱材には、新聞紙をリサイクルした木質繊維である
自然素材系断熱材のセルロースファイバーを使用。
漆喰はオリジナルで開発している。
すぐれた吸湿・放湿効果があり、カビも発生しにくい自然素材だ。

梁が見える、あらわし工法。構造材がどんな木材なのかすぐわかる。

スギを中心に木でできた家は香りもいい。

Recommend