colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈mokumoku〉
木への愛情にあふれた、
つくり手の顔が見える家具屋さん

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.066|Page 1

posted:2015.4.9  from:沖縄県宜野湾市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

editor profile

Yuka Uehara

上原由華

うえはら・ゆか●エディター/ライター。沖縄県出身。東京でOLをしていたが、三十路手前で編集者になりたいと思い転職。旅や映画、食の雑誌を手がけながら、怒濤の日々を過ごす。四十歳目前に出産を経験。現在は、地元沖縄で子育てをしながら編集の仕事を続ける。広報誌や企業の記念誌のほか、普段の沖縄の食と暮らしを紹介する雑誌『おきなわいちば』の制作も担当。
http://www.okinawa-ichiba.jp/

credit

撮影:鬼丸昌範、島袋常貴

mokumokuからつながる沖縄の森のはなし

全国屈指の人気観光地として抜群の知名度を誇る沖縄。
海のイメージが強いが、島のおよそ半分、県土面積の47%を森林が占める。
森林は木材の生産をはじめ、台風や豪雨などの気象災害から県土を保全し、
水資源のかん養や動植物の生息・生育の場など、重要な役割を果たしている。

沖縄本島の森林は〈やんばる〉と呼ばれる北部地域に集中している。
やんばるの森の特徴は、まるでブロッコリーのようなモコモコとした形。
その正体は、イタジイ(スタジイの沖縄での地方名)という木で、
大きいものでは高さ約20メートル、
幹の直径は1メートルにも達する常緑の広葉樹だ。
県木に指定されているリュウキュウマツのほか、クスノキやセンダン、
イスノキなど、たくさんの種類の木も生育している。
そんなやんばるは、戦後の復興時期に多くの木が伐採され、
一時は荒廃してしまったことも。しかし地道な植樹と森林の再生力により、
豊かな森を取り戻すことができ、現在では沖縄県が整備・保全を進めている。

沖縄では近年、県産木の人気が上昇中だ。
乾燥加工技術の開発や施設設備が推進され、
家具や調度品といった付加価値の高い商品の生産が可能となり、
幅広い利用が期待されている。
木育や、木工家が集まって展示・販売を行う〈沖縄ウッディフェア〉の
開催などを通して、県産木材の需要拡大を図っている。

木工家も木の種類も、個性的で多種多様

那覇から車を走らせること40分。通り沿いにアメリカの中古家具や雑貨、
中国家具を扱う店が数多く立ち並ぶ宜野湾市大山。
家具店の激戦地ともいえる場所に店を構えるのが
〈沖縄工房家具mokumoku(もくもく)〉だ。
mokumokuは7つの工房が共同経営する店舗で、
それぞれの作品を展示・販売したり、オーダーを受けたりする。

「作業場と材料を置く場所は確保できても、
ひとりでは、ギャラリーを設置するまでは手が回らない。
だから作品を展示して販売するのは、年に数回しかない展示会だけ。
でも、ひとりでは難しくても、共同でならショップを構えられるし、
いつでも自分たちの作品を見てもらえるかなと」

立ち上げたきっかけを話してくれたのは、〈WOODYはる房〉の屋良朝治さん。
当初は、8工房の9人でスタート。
その後、メンバーの卒業や新加入などがあり、
設立から12年経った現在は7工房8人で運営している。
店内に入ると、心をリラックスさせてくれるような
清々しい木の香りが鼻をくすぐる。
ダイニングセットから子どもイス、カトラリーやおもちゃ、壁掛け時計など、
木でつくられた作品が所狭しと展示され、
質感、風合い、触り心地、においなど、木をリアルに感じることができる。
それぞれの個性が作品に表れているから、見れば見るほどおもしろい。

「僕はハマセンダンという木をよく使うのですが、香りが良く、
木目も角度によって見え方が違う。
そのときどきでおもしろい表情を見せるので好きですね」
と話す〈テツモク〉の豊田修さんの答えを受け、
「私はイタジイが好きなんですよ」と話す〈WOODWORKS〉の宮野信夫さん。
「僕はクスノキかな」と〈木工房ため&KAN〉の石川寛さんがいうと、
「僕は若い女性が好きだな」と〈木工房 木妖精(きじむなー)〉の
外間則道さんが言い、みんなで大笑い。
作品に使われている木の素材もいろいろあるが、メンバーの個性も多種多様。
さまざまな木が互いの存在を認め合ったり、助け合いながら、
ひとつの場所に集っている。mokumokuはまるで森のような存在と感じた。

(前列左から)木工房 桜SAKUの佐久川政吉さん、テツモクの豊田修さん、WOODWORKSの宮野信夫さん。(後列左から)木工房 木妖精の外間則道さん、木工房ため&KANの石川寛さんと為村千代美さん、WOODYはる房の屋良朝治さん。

店内には、家具やインテリア小物も豊富に展示されている。

Recommend