colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

インタビュー:
リバースプロジェクト
伊勢谷友介さん×村松 一さん

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.064|Page 1

posted:2015.4.7  from:全国  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

editor's profile

Yu Ebihara

海老原 悠

えびはら・ゆう●エディター/ライター。生まれも育ちも埼玉県。地域でユニークな活動をしている人や、暮らしを楽しんでいる人に会いに行ってきます。人との出会いと美味しいものにいざなわれ、西へ東へ全国行脚。

credit

撮影:千葉 諭

「リバースヴィレッジ」構想で見えてくる、
リバースプロジェクト流・林業との向き合い方。

「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という命題のもとで、
衣食住に加えて、教育・芸術・支援といった
社会生活を営むうえで必要とされる分野での活動を、
クリエイティブな視点から考察・実行している、リバースプロジェクト。
代表の伊勢谷友介さんと、建築デザインを担当する村松 一さんに、
これから着手する“林業×リバースプロジェクト”の構想について伺った。

「材料として木を使ったプロジェクトは今までもいくつか手がけてきましたが、
日本の林業自体については、
僕たちもまだアプローチできていない分野ではありました」と村松さん。
国産材を使ったリバースプロジェクトの事例としては、
山口の萩市で、伸びすぎた竹を伐採して
花器やラウンジチェアなどのプロダクトをつくった
〈TAKE create Hagi(タケ・クリエイト・ハギ)〉や、
2013年には宮城県の東松島市で、市内の木工店と協力して
間伐材で木質ペレットをつくり、そのペレットを燃料にしてお湯を温める
〈足湯CAR〉を贈呈した例がある。
もちろん、風呂釜も木製だ。

村松さんは、宮城県名取市の「アタラタ」の施設の設計なども手がけた建築家。

足湯CARの様子。おとなも子どももじんわり温かい足湯に夢中!

〈TAKE create Hagi(タケ・クリエイト・ハギ)〉で発売された竹のベンチ。

Recommend