colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈G.WORKS〉なめらかで、
ふくよかで、あたたかい。
龍神杉のふところの深さに
触れるイス。

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.022

posted:2014.12.17  from:和歌山県田辺市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

writer profile

Erika Murata

村田恵里佳

むらた・えりか●大阪生まれ、大阪在住のフリーライター。生粋の河内っ子としての土着っぷりをいかし、関西の郷土史をひも解く取材がライフワーク。ここ数年は「カレー」「チャイ」「和歌山」の取材多数。

credit

撮影:照井壮平

G.WORKSからつながる和歌山の森のはなし

かつて、紀伊国(きのくに)と呼ばれた和歌山。
その由来は“木の国”で、古くから木の神様が住むところとされてきた。
高野山や熊野三山など、ふかい森に包まれた聖地があり、
南方熊楠を虜にした那智原始林など、広葉樹が茂る天然林も現存する。
一方で、県土の77%を占める森林のうち、61%は人工林。
いまかいまかと出番を待つスギやヒノキの宝庫ながら、
木材の需要低迷や価格低下により、森林の荒廃は続く。
そんな現状を打開するべく、県は企業とともに森林保全に取り組む事業、
「企業の森」を全国に先駆けて開始。
子どもたちの林業体験、温泉施設を中心とした木質バイオマスの利用促進、
さらに色つやがよく、木目が美しい紀州材の魅力を伝えるなど、
幅広い活動を行っている。

ものづくりの原点に立ち返った家具づくり

和歌山県のほぼ中央に位置する田辺市龍神村。
ここは、高野・熊野の二大聖地をつなぐ、
まるで背骨のような山岳地帯のなかほどにある山村。
森林率95%と、驚くべき自然に恵まれた場所だが、
その71%は人工林。植林される樹木の多くがスギだという。
紀南の温かい風と寒暖差の激しい山の気候に育まれたスギは、
木目の詰まりが良く、その強度と美しさから建材にも最適。
「龍神杉」なる優秀な木材として、知られている。
そんな龍神杉をふんだんに使った家具づくりを行うのが「G.WORKS」だ。

龍神村生まれの松本泉さんが、ふたりのお弟子さんとともに1点1点家具をつくり上げる。

椅子の型紙だけで、こんなにたくさん。定番だけでも10数種類がある。

G.WORKSの家具は、すべて受注生産。
定番のテーブルやチェストなどもあるけれど、
「一番の得意」と、代表の松本泉さんがささやかに胸を張るのは、イス。
シンプルなフィットチェアに、ロッキングチェア、スツールやベンチなど
種類はさまざまだが、すべての座面と背面に使われているのが、龍神杉。

工房裏で乾燥中の龍神材。湿気を多く含む龍神の木は、天然乾燥ではなかなか水分が落ちず、数年前から乾燥機も導入。

「樹種によって適した発育環境は違うけど、
スギは多雨多湿で寒暖の差が大きい場所で良質なものが育つ。
龍神は、まさに絶好の環境。山あいの厳しい気候に耐えながら、
じっくり育つから、身が引き締まっているというか。
それでいて、スギ独特の削りやすさがあって、
手間をかければ自由な形がつくれるんです。
昔は輸入材を仕入れたこともあったけど、地元でものづくりをするなら、
やっぱり地域の素材を使いたいと思って。
林業をやっている仲間がいるので、いまは彼らから原木を買ったり、
隣村の製材所から木材を仕入れたりしています。
地域のつながりから生み出す。
いつしか、それがものづくりの原点のような気がしてきました。
スギは、たっぷり使っても圧迫感がないし、肌触りなめらか。
桜などの広葉樹でつくった座面は、硬くて冷たいけど、
スギは、ふわりとして温かい。
僕のなかでは、椅子をつくるのにぴったりの木ですね」

座面は数枚の材を接ぎ合わせた後、ベルトサンダーなどでなめらかに削り、さらにのみを使って手作業で微妙な凹凸つくる。

Page 2

図面では描けない曲線と凹凸

工房のおもてに設けられたショールームで、
展示されているロッキングチェアに座ってみる。
座面に腰かけ、背もたれたに身をあずけた瞬間、
まるで雲に乗っかったような浮遊感に驚く。
空気をまとったようにも感じるスギの座面は、確かにやわらかくて、
繊細な曲線を描く背もたれが、体をさらにやさしく支えてくれる。

松本さんが20年近く使い続けるスイス製ののみ。この道具を握り、座ってびっくりな心地のいい座面を仕上げる。

緑豊かな龍神の森と日高川が間近に迫る工房裏にて。

「木目や色の具合、接ぎ合わせ部分のなめらかさ、全体的なバランス……。
気遣うところはたくさんあるけど、一番シビアになるのは座面。
おしりの当たりがいいように、わずかな凹凸をつけるのですが、
この部分だけは、いつも僕の仕事。
型紙がなく、図面でも表現できない部分で、経験と勘でやるしかない」

これまで100脚近くのロッキングチェアをつくりながら、
「まだまだ改良中。つくり続けていると、気になる部分がふっと出てくる」
と、職人気質で貪欲な松本さんは笑う。

のみでひと彫り、また、ひと彫り。座面のなめらかな凹凸は地道な手仕事から生まれる。

同じ土地に暮らす木を使うということ

大阪で10年間のサラリーマン生活を過ごしながらも、
ものづくりで生計を立てる生き方に心惹かれ、帰郷を決意した松本さん。
地元へ戻り、早25年。
龍神村に生まれた者として、現在は持続可能な環境づくりと、
心地いい家具づくりの両立を目指しているという。

「龍神村にも、戦後に造林され、手入れされることなく
荒廃している森がたくさんある。
地元の木材を使って家具をつくれば、林業が成り立ち、
わずかでも山が守られ、再び苗が植えられる。
しかも自分が暮らす土地の木というのは、
こうして使うのがいいんだろうなって、自然とイメージが湧いてくるんです。
素材に素直になれるというか、そのものの良さが率直に見える。
きっと、地元の木には触れる機会が多いからだと思います。
こだわりがあると、木の持ち味とは違う方向にデザインが先走ったりして、
素材と合わないものをつくってしまうことがある。
いまなら、龍神の木がどんな形になりたがっているか、わかる気がする。
その圧倒的な自然の力を家具として伝えたいですね」

左は、お弟子さんの山本智弘さん。師匠・松本さんの座面や背面の仕上げには、いつも脱帽なのだそう。

Page 3

木のある暮らし 和歌山・G.WORKSのいいもの

ロッキングチェア 価格:180,000円(税別) 龍神杉をふんだんに使いながらも、軽やかな存在感が魅力。背もたれと座面はスギ。側面のフレームは山桜で仕上げている。

フィットチェア 価格:55,000円(税別) 「G.WORKS」の代表作で、座面と背が一体に。体に沿うようにゆるやかな凹凸があり、木に支えられるような座り心地が抜群。

information

map

G.WORKS(ジー・ワークス)

住所:和歌山県田辺市龍神村福井493

TEL:0739-77-0785

http://www.gworks-web.com/

Recommend