colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

地域にクリエイティブな力を
実装したい!
情報科学芸術大学院大学(IAMAS)
産業文化研究センター
金山智子教授

貝印 × colocal
「つくる」Journal!
vol.018|Page 1

posted:2015.9.1  from:岐阜県大垣市  genre:アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  歴史と伝統のあるものづくり企業こそ、革新=イノベーションが必要な時代。
日本各地で行われている「ものづくり」もそうした変革期を迎えています。
そこで、今シーズンのテーマは、さまざまなイノベーションと出合い、コラボを追求する「つくる」Journal!
ものづくり・しくみづくり・ひとづくり・食づくり、場づくりetc、
貝印 × コロカル × earthradioチームが、フレキシブルにテーマを取り上げていきます。

writer's profile

Tetra Tanizaki
谷崎テトラ

たにざき・てとら●アースラジオ構成作家。音楽プロデューサー。ワールドシフトネットワークジャパン代表理事。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ番組、出版を企画・構成するかたわら、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の 発信者&コーディネーターとして活動中。リオ+20など国際会議のNGO参加・運営・社会提言に関わるなど、持続可能な社会システムに関して深い知見を持つ。
http://www.kanatamusic.com/tetra/

メイン写真

Suzu(Fresco)

スズ●フォトグラファー/プロデューサー。2007年、サンフランシスコから東京に拠点を移す。写真、サウンド、グラフィック、と表現の場を選ばず、また国内外でプロジェクトごとにさまざまなチームを組むスタイルで、幅広く活動中。音楽アルバムの総合プロデュースや、Sony BRAVIAの新製品のビジュアルなどを手がけメディアも多岐に渡る。
http://fresco-style.com/blog/

奥美濃ソウルトレイン

この夏、岐阜のローカル線の車両がクラブさながらの空間になった。
岐阜の情報科学芸術大学院大学(IAMAS)が
長良川鉄道とコラボレーションして
〈奥美濃ソウルトレイン〉と名づけた特別列車だ。
列車内にスピーカーやDJブース、照明などが設置され、
クラブミュージックにアレンジされた郡上・白鳥おどりで
非日常の祝祭空間を演出する。
さらに、地面を蹴る動作に合わせて光る踊り下駄〈蛍駄(KETTA)〉を、
郡上発の下駄ブランド〈郡上木履〉の協力のもと制作した。

これまでもローカル鉄道をひとつの空間メディアととらえ、
岐阜県内の鉄道事業者と連携して
さまざまなプロジェクトの実践を行ってきたIAMAS。
ローカル鉄道+クラブカルチャーに加え、
地域の伝統産業+先端的技術の融合の事例である。

Recommend