colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

すべては鎌倉のために。
ITを使った参加型支援
カマコンバレー前編

貝印 × colocal
「つくる」Journal!
vol.011|Page 3

posted:2015.7.7  from:神奈川県鎌倉市  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  歴史と伝統のあるものづくり企業こそ、革新=イノベーションが必要な時代。
日本各地で行われている「ものづくり」もそうした変革期を迎えています。
そこで、今シーズンのテーマは、さまざまなイノベーションと出合い、コラボを追求する「つくる」Journal!
ものづくり・しくみづくり・ひとづくり・食づくり、場づくりetc、
貝印 × コロカル × earthradioチームが、フレキシブルにテーマを取り上げていきます。

editor's profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

メイン撮影:Suzu(Fresco)

Page 3

ITというツールの使い方

カマコンバレーのキャッチフレーズは、“この街を愛する人を、ITで全力支援!”だ。
ITの役割を表現するときにこれまでよく使われてきたのは、“世界をつなぐ”という言葉。
どの地域の人とでもコミュニケーションできて、つながることができる。
そういう意味ではこれまでローカルとは対極のイメージだったかもしれないが、
カマコンバレーが証明している通り、実はローカルでもとても有用だ。

鎌倉のお祭り〈鎌人いち場〉にカマコンバレーが出展。青空ブレストが行われた。

「IT自体は、インフラに過ぎません。
すべての地域に対して、エンパワーメントできるツールです。
インフラとして末端まで通じるようになったからこそ、
ローカルのおもしろさがみんなに伝わるようになって、
いままで気がつかなかったことに気がつくようになってきたのだと思います」
と言う今村さんは、自身も最近までシリコンバレー系の企業にいて
グローバルばかり見ていたが、最近ではローカルのほうがおもしろいと感じているという。

「コミュニケーションと共感の起きるスピード、
そして事柄が連鎖するネットワークという点で、
ITをはじめ、ソーシャルメディアとスマホの役割は大きいと思います。
ただしカマコンバレーはITを活用はしていますが、
世界に轟く技術を開発したり、使っているわけではありません」と宮田さんは言う。

カマコンバレーは、ITといっても、“新しくて特別な技術”というよりも、
IT業界のものごとの進め方やロジックが、現代的な手法として活用されているのである。
それは古都・鎌倉においても役に立っているようだ。

後編【数々のプロジェクトを通して鎌倉の輪が広がる。 カマコンバレー後編】はこちら

Information

カマコンバレー

Tags  この記事のタグ

Recommend