colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

小豆島でボルダリング!
まちの課題をスポーティーに解決

小豆島日記
vol.168|Page 1

posted:2017.1.30  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

スポーツで島を楽しく、豊かに

小豆島にはおもしろい人たちが次々に引っ越してきます。
カカオ豆を焙煎する人、豚を育ててる人、カフェを営んでいる人……。
先日もハーブティをつくられてる方から連絡があり、
この2月に小豆島に引っ越してくるそう。
ほんとにおもしろい人たちがいっぱいで、
この連載でももっともっと紹介したいなと思っています。

そんな外から来た人たちと島の人たちが一緒になって、
この1月に期間限定でオープンしたのが小豆島初の「クライミングウォール」。
私がずっと挑戦してみたかった「ボルダリング」を楽しめる場所です。

まちの体育館の中にできたクライミングウォール。

壁に取りつけられたホールドを使って登っていきます。

ボルダリングというのは、クライミングの一種で
ロープを使わずに身ひとつで登っていくスポーツです。
山や川、海など自然の中にある岩(ボルダー)を登ったり、
ボルダリングジムなどの人工的につくられた壁を登ったりします。

この施設はたくさんの人たちの手によって実現したのですが、
主体となって企画されたのが、数年前に移住されてきた渡部勝之さんと
去年移住されてきた渡利知弘さん。

渡部さんは、土庄町役場に「町の課題をスポーティに解決する」プロジェクト
(愛称トノショーチョースポーティプロジェクト)を持ちかけ、
町役場と島民が運営する団体〈小豆島スポーティサービス〉の発起人です。
これまで、プロバスケットボールチーム球団運営経験を生かして、
プロ球団の小豆島でのキャンプや、子ども向けのイベント
「小豆島スポーツパーク」などを企画する、いわばスポーツの仕掛け人。

一方、渡利さんは20年以上登り続けているクライマーであり、家具職人。
実はちょうど1年前の冬に東京のイベントでお会いし、
「近いうちに小豆島に移住しようと思っていて家を探しに行きます」
という感じのお話をしたような。
奥さまのみきさんとご夫婦で小豆島に引っ越してこられました。

子どもたちに登り方や決まりなどを話す渡利さん。

登り方を教えてくれるので、初心者でも楽しくできます。

その渡部さんと渡利さんがタッグを組んで完成したのが今回のクライミングウォール。
小豆島スポーティサービスのプロジェクトとして、
島で暮らす人々がスポーツを楽しむ場がつくられました。

今回のクライミングウォールは約1か月間の期間限定でオープン。

「あそぼっ」と書かれた看板。体育館というより室内の公園という雰囲気だった。

Tags  この記事のタグ

Recommend