colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

小豆島の大師市、
100年続いてきた冬のまちの風景

小豆島日記
vol.166|Page 1

posted:2016.12.26  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

年末の空気を感じる、西光寺の行事

いよいよ2016年も年末。
今年中にこれをやってしまいたい、あれも終わらせなきゃ、
きれいな身で年を越したいと妙に焦る時期。
ま、何かが劇的に変わるわけではなく、単に2016年から2017年になるだけなのですが、
やっぱりいろいろすっきりさせてお正月休みを過ごしたいなと思うわけです。

そんな年末のちょっとそわそわした時期に、毎年開かれるのが小豆島の「大師市」。
大正3年(1914年)の春以降、毎年4月21日と12月21日の年2回、
小豆島霊場第58番、西光寺の門前通りで開催されています。
ちなみに21日は弘法大師の月命日にあたり、
大師を偲ぶとともに、まちの活性化をはかろうと始まったそうで、
100年にわたって続けられてきた「市」です。今年は朝一番で行ってきました。

朝一番で大師市へ。9時からスタートです。

お正月用の葉ボタン。

花の苗や球根も販売されてます。

この大師市では、お正月用の花や柑橘の苗木などが売られています。
地元のおじちゃん、おばちゃんたちがこなれた様子で苗木を買っているのを見ると、
あーこうやって大師市で苗木を買って、庭や畑に植えて育てるというのが
この人たちにとってはいつものことなんだろうなと感じます。

スダチ、ダイダイ、金柑などのいろんな種類の柑橘の苗木。

「勉強して~」「しょうがないねぇ~」と平和な会話。

寂しいことに年々出店されるお店の数が減っているそうで、
食べ物系の屋台は特に少なかったように感じました。
毎年来ている刃物屋さんも、もう今年で終わりだから~とお客さんと話していて、
わいわい賑わっていたかつての門前通りの雰囲気を想像すると、
いまはだいぶ静かなんだろうなと思ってしまいます。

西光寺へお参りへ。朱色の三重塔が今日もきれい。

朝の光の中で手を洗う。

こういうひとつひとつの仕草がとても穏やかでいい。

と、いろいろ考えながら、西光寺へお参りへ。
手を洗い、線香を上げ、ロウソクを買って、おまけのくじを引く。
(私はいまだかつて当たったことがなく、いつも小さなお菓子をいただく)
そしてそのあとで、地元のお母さんたちがお接待でご用意してくださった
ぜんざいをいただく。あー、今年も年末だなとしみじみ感じる瞬間。

ロウソクを買うとくじを引けます。みなさんの笑顔がとても印象的でした。

ぷりっぷりのみかんのお接待。

地元のお母さん方によるおぜんざい。あー、おいしかった。

季節を感じさせてくれるいつもの行事。
何十年、何百年にわたって続けられてきた行事。
そういうのってなくなったら寂しいなぁとしみじみ思う。
また来年もここに来て、くじを引いてぜんざいを食べて、年末を感じたい(笑)。

Tags
この記事のタグ

Recommend