colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈犬島精錬所美術館〉は
まるでダンジョンのよう!
秋の犬島遠足へ

小豆島日記
vol.162|Page 1

posted:2016.10.31  from:岡山県岡山市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

非日常的な光景が広がる小さな島

瀬戸内国際芸術祭2016(以下、瀬戸芸)の舞台のひとつである「犬島」。
地図で見ると小豆島の北西にある小さな島です。

海の上を直線距離で行けば、小豆島から高松に出かけるよりも近いのですが、
小豆島と犬島は普段は船でつながっておらず、実際に行くとなると遠い。
それが瀬戸芸開催期間中だけは、1日数本、
小豆島と犬島を結ぶ高速艇が運航されています。
そんなわけで、その期間中に行ってみようと、島の友人たちと計画して、秋の犬島遠足!

「週末だし船混んでるかもね。30分くらい前に行けば大丈夫だよね」
なんて言いながら船乗り場に着くと、すでに整理券配布終了〜。
あー(涙)。読みが甘かった。
定員75名の高速艇はあっという間に満員に。

瀬戸芸期間中、各島の港でよく見られるのが、この船に乗れない問題!
臨時便が出ることもあるし、やむなく次の便を待つことも。

私たちはというと、次の便を待つか、犬島行きを諦めるか……。
どっちもなぁと迷ったあげく、「海上タクシー使おうか!」
お、その手があったか。

定員オーバーで予定してた高速船に乗れないハプニング。急きょ海上タクシーで。

小さい船は迫力が違う(笑)。海と風を感じながら犬島へ。

途中、ヨットや船とすれ違いながら。

海の上を走っているのは定期運航しているフェリーや高速艇だけじゃなくて、
いわゆるタクシーみたいに電話で呼んで乗せていってもらえる海上タクシーがある。
ダメもとで電話してみるとなんとOK!
同じように船に乗れなかった人を誘って、いざ犬島へ!
割り勘すれば料金もそこまで高くなく、なんとか計画通り行けることに。

犬島が見えてきた! 製錬所の煙突が印象的な風景。

この船に乗って犬島にやってきました。〈犬島精錬所美術館〉のすぐ横を走り抜けて行きます。

犬島には閉鎖されてしまった銅の製錬所があり、
そこを改修してつくられたのが〈犬島精錬所美術館〉。
残された製錬所の煙突がそびえ立つ風景がとても印象的な島です。
全盛期は3000〜5000人もの人たちがこの島で暮らしていたそうですが、
いまは50人にも満たないそうです。

ちょっと曇った空によく合う煙突。

精錬所美術館の建築は三分一(さんぶいち)博志さんによるもの。自然エネルギーを活用し、煙突が空調システムの役割を果たしています。

Tags  この記事のタグ

Recommend