colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

小豆島で続くふたつの虫送り

小豆島日記
vol.153|Page 1

posted:2016.7.18  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

雰囲気の違う、ふたつの地区の伝統行事

7月。私たちが暮らす小豆島・肥土山(ひとやま)では、
毎年この時期に行われる行事があります。
田んぼのあぜ道を火手(ほて)と呼ばれる松明をもって歩く「虫送り」です。
稲につく害虫を退治して、豊作を願う行事です。

火手と呼ばれる松明に火を灯します。

田んぼに沿って並んで歩きます。

江戸時代から続くと言われている小豆島の虫送りは、
いまは肥土山地区とお隣の中山地区で行われています。
中山地区の虫送りはしばらくの間途絶えていたそうですが、
2010年に映画『八日目の蝉』で虫送りが再現されたことをきっかけに、
2011年から再開されたそうです。
ちなみに昔は、中山、肥土山、黒岩と各集落を流れる
伝法川の下流に向かって村境から村境へと火がリレーされ、
最後は瀬戸内海に火手を流していたそう。

毎年、肥土山の虫送りは「半夏生(はんげしょう)」の日(7月2日頃)、
中山の虫送りは7月の第1土曜日に行われます。
今年は半夏生の日が7月1日、第1土曜日が7月2日で、2日連続して虫送りでした。

肥土山と中山の虫送りは、同じ虫送りでもだいぶ雰囲気が違います。
肥土山の虫送りは、比較的平坦な田んぼを歩きます。
火手を持つのは主に地元の子どもたちで、火手づくりも子ども会で行われたり、
各家庭でじいちゃんにつくってもらったりします。

一方、中山の虫送りは、急斜面にある棚田に沿った坂道を歩きます。
火手は役場や自治会の方々などが用意し、数があれば誰でも持って歩けます。
地元の人たちが続けてきた肥土山の虫送り、観光客の人でも参加しやすい中山の虫送り。
私はなんだかんだとほぼ毎年両方参加しています。

肥土山の虫送り。
火手を持って歩くのは今年で4回目です。
小学3年生までの子どもは保護者がついて一緒に歩くのですが、
いろは(娘)は今年3年生。
もう来年からはひとりで持つんだなあと思うとちょっとしみじみ。

この肥土山の虫送りでいつも感じるのは子どもたちの成長ぶり。
1年に一度、同じ道を並んで歩く。
小さい子から歳の順に並ぶのですが、自分の子だけでなく、
地元の子どもたちみんなの成長をひしひしと感じる日です。
毎年同じことを続けていくというのは、暮らしのなかにおいて
とても貴重なことだなと思います。
同じようであって、自分たちは歳を重ね、少しずつ環境が変化していく。
それを感じながら生きていける。

子ども会でつくった火手を持って家から歩いていきます。

田んぼのあぜの草刈り。こうやって美しい田んぼが維持されています。

火手を持って集まった子どもたち。行事についての説明を聞きます。

小豆島で一番広い田園地帯を歩いていきます。後ろに見える茅葺きの建物は肥土山農村歌舞伎舞台。

Tags  この記事のタグ

Recommend