colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

いとうともひさvol.1
スケルトンの大型ビル1棟をDIY。
変幻自在のクリエイティブスペース
大阪の〈上町荘〉とは。

リノベのススメ|Page 3

posted:2017.3.17  from:大阪府大阪市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

Tomohisa Ito

伊藤智寿

1985年大阪生まれ。神戸芸術工科大学環境デザイン学科卒業後、webデザイン、大工修行を経て、独立。2013年より、シェアスペース〈上町荘〉を協同運営。受賞歴は第23回JIA東海支部設計競技学生の部銅賞、第19回CSデザイン賞グランプリなど。
http://itoutomohisa.jp/

Page 3

イベントの要望から、DIY

上町荘がスタートして1年目に、まだまだ、リノベーション途中の空間にもかかわらず、
「1階のホール部分をイベントで使いたい」
という外部からの依頼があったんです。
さらに、「キッチンがあればイベントがやりやすい」
という話が上がったんですね。
だったらと、上町荘のメンバーでキッチン+バーカウンターをつくってしまいました。

写真右下、キッチンを取り付ける。並行して2階のオフィススペース用の棚も組み立てる。

また、白須さん・山口さん・伊藤をはじめ、
皆さんが共有してもいいよという本をライブラリスペースとしてシェアしたいよね。
という話題が上がり、2階の吹き抜け空間にライブラリスペースをつくりました。
このテーブルは作業していても気持ちがいいので僕もこのスペースで作業したりします。

またあるときには、「プロジェクターを使ってイベントをしたい」
という外部からの依頼があったんです。
その際は白須さんと山口さん主導で大きなカーテンを発注して、
電動スクリーンを吊り込みました。

白須さんが2016年まで主催していたイベント「shirasu night」の様子。

というように、上町荘の各スペースは何かが起こると何かが変わる。
生活のスピードと同じくらいゆっくりと書き換えられています。
生活の中から要望が生まれたり、ワクワクが生まれたりするのを
しっかりキャッチすることで空間は部分的にリノベートされます。
今年で3年目を迎える上町荘。

現在総勢12組が入居されていますがまだスペースがあります。
まだ残っている余白を埋めたり、変えたり、今年いるメンバーと来年のメンバーは
また変わるかもしれない。そうすれば要望もまた変化し、
居心地が良かったり使い勝手の良い空間は変わります。
上町荘はメンバーが変わると随分と変わるんです。
人と人との反応がダイレクトに空間の要望になります。

空間が人の行動を決めるのではなくて、人が空間のあり方を決められる。
そんな空間にできるのはゆっくりと空間を変えていく大事さがあるのかもしれません。
上町荘はまだまだ工事中です。

おすすめの簡単DIY術

さて、毎回登場事例のなから、簡単DIY術を紹介したいと思います。
今回は、新品の木材を古材のような雰囲気にする、
手軽な「鉄錆ステイン塗料」のつくり方です。

用意するもの

・バケツ ・鉄釘(N32程度が扱いやすい) ・塩、水 適量 ・空きビン

手順1

箱売りの鉄釘をバケツに移して塩水を入れて、数日寝かせてください。
コツとしては鉄釘は32ミリ程度がよいです。
鉄釘の頭擦り切れまで水を入れます。
暗所よりも外部の雨ざらしに置くことでサビの進行が早まります。

手順2

赤錆→黒錆に変わった段階で、ステイン塗料を塗料缶に移し、木に塗ります。
この際、下のほうにサビの濃い塗料が溜まっていますので、混ぜてから取り出すといいです。

手順3

しっかり染み込ませるように多めに塗ると、経年劣化した風合いを出すことができます。

特にこの塗料に適した木材はスギ。
スギは、水分を含みやすいのです。
スギの足場板に塗って使用したり、最近ホームセンターでも目にするようになりました、
スギのバラ板などに塗ると加工性もよく、効果大です。

次回はDIYリノベーションのインストラクター事例についてお話したいと思います。

information

map

上町荘

住所:大阪府大阪市中央区上本町西4-1-68

TEL:06-7506-9340

https://www.facebook.com/uemachisou/

Recommend