colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

いとうともひさvol.1
スケルトンの大型ビル1棟をDIY。
変幻自在のクリエイティブスペース
大阪の〈上町荘〉とは。

リノベのススメ|Page 2

posted:2017.3.17  from:大阪府大阪市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

Tomohisa Ito

伊藤智寿

1985年大阪生まれ。神戸芸術工科大学環境デザイン学科卒業後、webデザイン、大工修行を経て、独立。2013年より、シェアスペース〈上町荘〉を協同運営。受賞歴は第23回JIA東海支部設計競技学生の部銅賞、第19回CSデザイン賞グランプリなど。
http://itoutomohisa.jp/

Page 2

空調・水道・ガスなどの設備は解体後切りっぱなし、内装も尖った部分や危ない箇所が多い、
雨漏りもしている。とにかく大きな空間がぽっかり浮いているような状態だったんですが、
僕たち建築家ふたりと大工という職能を生かし、
自分たちで設計して工事していく、という計画を念頭に思い切って借りることにしました。

初めて上町荘を見た日。ホールから2階ライブラリスペースを見上げる。

1階部分がワンフロアで142平米と広いので、
入居当時はもっぱら1階のホールだけを使っていました。
3人でも空間を持て余していたので、
まずは、大きな空間を必要としている人に入ってもらおうという話になりました。
建築家、アートマネージャー、グラフィックデザイナー、アパレル関係、ウェブデザイナー、
写真家、アーティスト、ベンチャー事業家など、
上町荘にジョイントしていくメンバーの職業に合わせて、
空間の構成は自然と変化していきました。

上町荘で行っている工事はどんなものか、どのように進んでいるのか、
実例を挙げてみたいと思います。

広々と、みんなの工房スペースを整備

1階の入り口。外壁を解体すると、昔使われていたであろうシャッターが再利用できるようになりました。桟は廃材で自作。

まず上町荘を整備・工事していくうえで必要になる拠点、
1階工房スペースの整備から始まりました。
外壁を壊して大きくくり抜き、隠れていたシャッターを引っ張り出し、
加工して開口を設けたことで軽自動車サイズの車が収まります。こうしたことで将来的に

・外部の人も使えるシェア工房にできるかもしれない。

・入居者用シェアカーの駐車ができるかもしれない。

・ガラスをはめて路面店を開けるかもしれない。

などなど、いろいろな発展が見込める状態になりました。

今は僕が現場作業ラッシュでして、工房に資材がどんどん流れてくる。
もうすぐで家を建てられるんじゃないかってくらい流れてくる。
工事では通常、資材不足では支障をきたすので
「余分に」材料を発注しなければいけないんです。場合によっては結構まとまった量が余る。
それをどこかに利用するためのストック場となっています。
ストックした大量の建材は新品をはじめ,
きれいな中古品や古建具など、使い方によってはまだまだ価値のあるものばかりです。

黒板に上町荘の工事スケジュールが描かれています。工房スペースも全体工事と並行して行われています。

広いからこそ、できること

工房では誰でも利用できる素材を使って加工方法の実験も行っています。
最近では僕が現場に出ることが多く、なかなか実験ができていないのですが、
これまでにつくったものは、「薄ベニアの網代組天井」
「シナランバーコア・トーチバーナー焼き天板ウレタン仕上げ」「鉄錆ステイン塗料」
など、よく目にする素材に手を加えて
イメージとは違う見せ方ができればいいなと思って始めました。
そもそも工房の廃材に困っていたのがきっかけです。

現場養生として使っていた4ミリのベニヤが大量に余り、工房の天井材として網代組を試作。

シナランバーコアをトーチバーナーで焼いて、普段の上品な顔はなんとも荒々しい姿に加工。

鉄の錆汁をつくって木材に染み込ませて塗る塗料をつくってみる。

Recommend