colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

IVolli architecture vol.7
土地に難あり、風呂なしの
小さな木造アパートが、
新しいコミュニティの拠点へ。

リノベのススメ
vol.133|Page 3

posted:2016.12.30  from:神奈川県横浜市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

IVolli architecture

アイボリィアーキテクチュア

永田賢一郎と原﨑寛明による建築ユニット。2013年より横浜を拠点に活動開始。建築設計をはじめ、インテリアやプロダクトのデザインからプロジェクトデザイン、インスタレーションなど建築にまつわる様々な活動に取り組んでいる。
永田賢一郎(ながた・けんいちろう):1983年東京都出身 横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA修了 KUUを経て2013年より活動開始。
原﨑寛明:(はらさき・ひろあき)1984年神奈川県出身 横浜国立大学工学部建設学科卒業 オンデザインパートナーズを経て2013年より活動開始。
http://ivolli.jp/

Page 3

暮らしが蓄積されていく場所へ

そして2016年の12月についに完成の日を迎えました。とても小さなアパートですが、
庭につながる共有部はワークショップや料理教室としても使えそうです。
改修の話をもらってから随分と長い時間が経ち、
完成を待ち望んでくれていた人たちの数も年々と増えていたので、
この機会にぜひお披露目をと、盛大にオープニングパーティをすることにしました。

オープニングでは、旧劇場のメンバーや、施工に携わってくれた仲間などたくさんの方が来ました。

深沢アート研究所 緑化研究室のカブさんによるナッツリースワークショップも行いました。

明るい共有部はアパートの住人同士だけでなく、さまざまな人を受け入れる場所になります。

窓を開けると外と中がつながっていきます。

既存の木製サッシを生かした居室。

外にも居場所をつくることで、生活の範囲が広がります。

アパートという建物は住民が入居するたびに更新していく前提の建物ですが、
ここではその都度原状回復によって漂白されてしまうのではなく、
暮らしが蓄積していく場所にしたいと思っていました。

そして、例えば住人ではなくなった場合でも、
元住人やその知人たちも気軽に遊びに来られるような環境をつくりたいと考えていました。
これは僕が学生時代にヨコハマアパートメントに入居していた時に生まれた
建物に対する価値観です。
ヨコハマアパートメントはいまでもかつて入居されていた方々との交流があり、
戻ってくる人もいて、みんなが気にかけてくれる建物になっています。

ひとつのコミュニティのような建物が、特にアパートのような賃貸物件が増えたら、
かつて住んだ場所やまちに対して、もっと多くの人が関われるようになる気がしています。
そしてそのような場所は、
ここのような小さな木造アパートからでも始められると思っています。

学生時代にヨコハマアパートメントに住み始めてから、
7年経って同じまちに「藤棚のアパートメント」という物件が建つまでになりました。
この間にたくさんの出会いと縁があって、旧劇場や、
近くには大学院の後輩でもあるtomito architecture の設計した
多世代交流施設〈CASACO〉など、おもしろい場所も増えてきました。
現在これらの地域にできた拠点間で連携をはかり、
さらにおもしろい活動をまちの中に仕掛けていこうと画策しています。
今回で僕らのやってきた活動のご紹介はおしまいですが、
またいつかどこかでご紹介したいと思います。
それでは長い間どうもありがとうございました!!

執筆者ごとの記事一覧はこちら

Recommend