colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

IVolli architecture vol.7
土地に難あり、風呂なしの
小さな木造アパートが、
新しいコミュニティの拠点へ。

リノベのススメ
vol.133|Page 2

posted:2016.12.30  from:神奈川県横浜市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
4つの都市から週替わりでお届けする、リノベーションの可能性。

writer profile

IVolli architecture

アイボリィアーキテクチュア

永田賢一郎と原﨑寛明による建築ユニット。2013年より横浜を拠点に活動開始。建築設計をはじめ、インテリアやプロダクトのデザインからプロジェクトデザイン、インスタレーションなど建築にまつわる様々な活動に取り組んでいる。
永田賢一郎(ながた・けんいちろう):1983年東京都出身 横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA修了 KUUを経て2013年より活動開始。
原﨑寛明:(はらさき・ひろあき)1984年神奈川県出身 横浜国立大学工学部建設学科卒業 オンデザインパートナーズを経て2013年より活動開始。
http://ivolli.jp/

Page 2

オーナーさんからも「いつになったらできるのか」
と不安そうに何度も尋ねられました。
僕らはこのアパートの改修にものすごい情熱をもっていたのですが、
業者さんとはどうしてもその熱意を共有することが難しかった。

「小規模なわりに面倒くさい、しかも設計屋は慣れてない初心者」

こう見られていたため、あまり関わりたくないという印象を
多くの業者さんが感じているのが伝わりました。
信頼を築いていくことの難しさを身にしみて感じていました……。

ただその一方でその頃、僕らはvol.1にも登場した〈旧劇場〉に拠点をすでに移していて、
横浜の周辺にも大分知り合いも増えていました。
いくつかのプロジェクトを進めていくなかで、
継続的にその場所に関わってくれる人を増やすには、
確かな関係性の中で仕事を回し協働していくことが大切なんだと感じていたので、
旧劇場メンバーにこの「藤棚のアパートメント」のプロジェクトの相談をすることにしました。

旧劇場メンバー。(撮影:加藤 甫)

大工の劉 功眞くんやほかの仲間に協力を頼み、オーナーさんにも
「時間はかかってしまうが、信頼できるつながりでこのアパートをつくっていき、
完成後も多くの人が関わってくれる場所にしていきたい」ということを
この時あらためて伝えました。
このプロジェクトでは建物の竣工は「ゴール」ではなくて、
そこに多くの人が関わり続けるためのきっかけでしかありません。
今後このアパートがたくさんの人が関われる場所になるように、
使いながら育てていく必要があります。
そういう意味では、この時にやっとメンバーが揃ったと言えるかもしれません。

またこのタイミングで、オーナーさんとお隣さんと馴染みのある不動産屋さんと話し合い、
建物を横切る敷地の境界についても検討してもらう方向で話を進めるお願いもしました。
かかる手続きについて双方で話し合い、不動産屋さんに入ってもらい、
無事に数か月後には建物も取り壊さずに、現状のまま使う方向で話がまとまりました。

人に会い、ちゃんと相談をし、協力してもらう、という当たり前のプロセスがいかに大事か。
図面を書き、業者にお願いすれば建物が建つわけではないと、
この時の経験が教えてくれました。本当に何も知らなかったんだなとつくづく思います。

さて、そんなわけで、3年かかってやっと、着工するに至ります。
長かった……。

いよいよ工事がスタート

最終的にプランは現状の建物は壊さずに中の間取りを変更し、
庭に面して大きく共有部をつくるかたちになりました。
庭には藤棚の架構とコンクリートブロックによる外構をつくり、
ベンチや竈を置き、共有部には共同で使えるキッチンを設けています。

屋内外で連続して使える共有空間をつくることで、
隣の部屋の方や、隣の家の方、お客さんなどが交流しやすい環境をつくっています。
土地がオーナーさんのもとに返ってくる前まで、
庭をお隣さんがとても大事に手入れをしてくれていたので、
庭の植物は生かしつつ、ブロック塀は要所要所、視線の気になる箇所にだけ設置をすることで
お隣さんとの境界に明確な目隠しや仕切りを設けないようにしました。
お隣さんとの関係性をこれからも継続していくためにも、
接する機会がある場所を設けたかったのです。

現場は、大工の劉くんと、劉くんの工房LIUKOBOの川島 康典くん、
いつも旧劇場に出入りしている片岡周平くん、
黄金町でスタジオを構えているアーティストの椎橋良太さん、佐野彩夏さんという、
強力な仲間で現場に入ってもらいました。ちなみに解体作業は僕らもやりました。

解体作業の段取りをする片岡周平くん。

壁と床を撤去すると広々とした空間です。

壁と床を新設する段階です。

天井面には断熱材も新たに追加。

石工ボードをカットする劉くん。

庭にコンクリートブロックを積んでいます。

鉄骨の藤棚を掛けた様子。

ベンチや竈、屋外用テーブルが入り、外にも居場所がつくられます。

庭の植栽計画には、これまた横浜で活動するようになってから知り合った
〈深沢アート研究所 緑化研究室〉のカブさんにご協力していただきました。
時期が冬だったのですが、暖かくなったら、奥に竈をしつらえ、
藤棚には植物が茂っていく予定です。
時間とともに、暮らしや緑が寄り添っていく場所なので、いまから楽しみです。

Recommend