colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈みる・とーぶ〉プロジェクトと
美流渡への移住。
春に向けて忙しい年明け!

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.034|Page 1

posted:2017.1.12  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

なかなか改修が進まない古家……、今後の見通しは?

今年はいよいよ岩見沢の市街地を出て、中山間地である美流渡(みると)に移住する年。
昨年、古家の取得手続きも完了し、引っ越し目標は雪が解けたあとの5月!

……と、勢いよく書き出してみたが、実は11、12月は
古家の改修をまったく進めることができず、
目標までに移住できるかは、まだまだ予断を許さない状況だ。

改修は大工である夫が進めており、10月までは古家に足しげく通い、
内壁を壊すところまでは終わったのだが、それ以降は、東京からの来客が多かったり、
岩見沢市内でイベント開催の手伝いをしたりなど、夫の手を借りる場面も多かったため、
いったん止まってしまったのだ(結局、わたしがまいたタネが原因なのだけれど)。
一度、手が止まってしまうと糸が切れたような状態になり、
もともと夫は腰が重いタイプというのも重なって……。

岩見沢は豪雪地帯。古家の中に入るためにまず必要なのは除雪。たっぷり雪がつもると、さらに足は遠のく。

ただ、わが家族には移住を先延ばしにできない理由がある。
今年息子は小学1年生。4月からは美流渡の小学校に通う手続きを進めており、
引っ越しするまでは、現在の自宅から車で30分かけて通うこととなる。
朝8時になっても起きない息子を、登校時間までに学校に送り届けるというのは
頭の痛い問題のひとつ。

どう考えても美流渡に早く引っ越すのがベストなのだが、
わたしが改修に協力できるのは多少のお金を出すことだけで、実際に動くのは夫。
これからの段取りを細かく聞けば煙たがられるので、
内心気をもんではいるものの、見守るしかないのが現状だ。

作業の手を止めてしまう要因は家の状況にも。内壁をはがしてみると、梁が途中で切れていて、変なところに補強のための柱があったり。梁を強化する必要があるか、夫は悩み中なのだ。

同時並行で進めているイベントも、準備が佳境…!

そして、もうひとつ同じ時期に重要なイベントが控えていることも、
引っ越しが遅れそうな予感を感じさせる。
ただこれも、わたしがまいたタネだし、
この地域にきっと新しい何かが起こるきっかけとなると思っているので、
気を引き締めて取り組んでいきたいと思っている。

そのイベントとは、この連載の29回で経緯について書いた
〈みる・とーぶ〉プロジェクトだ。
このプロジェクトは、美流渡を含めた岩見沢の中山間地である
東部丘陵地域をもっとみんなに知ってもらうための取り組みで、
“東部”を“見る”という意味を込めて〈みる・とーぶ〉。

工夫を凝らした東部丘陵地域の地図をつくり、
イベントを開催して配布していこうと考えている。
第1回目のイベントはすでに日程が決まっていて、
4月に札幌市資料館で6日間、開催予定だ。

地図はいままさに制作中で、単なるスポット紹介ではなく「顔の見える地図」がテーマ。
東部丘陵地域の魅力はなんといっても人ということで、
地域の人々にひと言ずつコメントをもらい、
似顔絵を入れてマッピングしていこうというものだ。

岩見沢の地域おこし推進員(協力隊)の吉崎祐季さんと上井雄太さんが中心となって、
いま地域に回覧板を回したりしながら参加者を募っているところ。
集まっているのは、まだ10名ほどなので、そろそろこちらも積極的に動いていかないと
間に合わなさそうな感じがしている。

写真をもとに地域の人たちの似顔絵を制作中。これらを地図に落とし込んで仕上げる予定。

Tags  この記事のタグ

Recommend