colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈北海道アール・ブリュット〉で
造本作家・駒形克己さんが語った
“共有”する絵本づくり

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.033|Page 2

posted:2016.12.22  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

Page 2

視覚障がい者も健常者もともに楽しめる本づくりを

11月13日に駒形さんの基調講演とワークショップが行われ、
基調講演では、まず駒形さんのこれまでの歩みが語られた。

駒形さんは、20代でアメリカに渡り、ニューヨークのCBS本社などで
グラフィックデザイナーとして活躍した。
絵本づくりを始めたきっかけは、帰国後に自身の子どもが誕生したことによる。
生後3か月の娘さんとなんとかコミュニケーションをとることができないだろうかと、
ページをめくると形が変化するようなカードの試作をつくっていくうちに、
『LITTLE EYES』という絵本のシリーズが生まれることになった。

基調講演のテーマは「障がい者に向けた本づくり」。駒形さんは、実際に絵本を見せながら、制作のプロセスについて語ってくれた。

会場には駒形さんの絵本も展示された。『LITTLE EYES』(偕成社)はカード形式の絵本。カードをめくると思いがけない色と形が展開される。黒1色で形が変化するシリーズ第1作目の『FIRST LOOK』をはじめ全10タイトルが刊行されている。

駒形さんの絵本づくりは、おもに娘さんとのやりとりのなかで生まれていった。
しかし、娘さんが成長し思春期を迎え、親離れの時期にさしかかり、
これから自分は誰に向かって本づくりをしていこうかと考えていたちょうどそのとき、
パリのポンピドゥー・センターの学芸員からオファーがあったのだという。

「学芸員の女性から、『視覚障がい者も健常者もともに楽しめる本をつくってほしい』
という依頼がありました。最初は自分がどんな本をつくることができるのか、
まったくわからなかったのですが、実際に目が見えない方たちに
モニタリングをしてもらいながら、制作を進めていきました」

ポンピドゥー・センターと共同出版した『折ってひらいて』。表紙は厚紙でつくられており、穴が開けられている。

駒形さんはサンプルをつくり、パリの視覚障がい者の女性たちに送り、
何度も意見を聞きながら、やりとりを重ねていったという。

「表紙は穴を開けて点字を表しましたが、彼女たちの最初の反応は
『わかりにくい』というものでした。通常の点字とは違いサイズも大きかったからです。
そこでもっとわかりやすくした試作を再び送ってみました。
すると『最初のほうがよかった』と。
『はじめは何かわからなかったけれど、これが点字だとわかった瞬間に
とても楽しい気持ちになれた』と語ってくれたんですね」

『折ってひらいて』のページを開くと、丸や三角、四角など、さまざまな形になった紙が折り込まれている。

この本はページを開くと、中央に紙が折り込まれていて、
それを開いたり閉じたりすることで、形がさまざまに変化する。
駒形さんは紙の質感にもこだわって、心地よい手触りを感じるものを選んでいた。
しかし制作を進めるなかで、製造コストを考えると
本の価格がとても高くなってしまうことから、
できるだけ風合いの近い別の紙の使用も考えたそうだ。

「別の紙を使ったサンプルを送ったところ、
彼女たちにすぐにそれがわかってしまいました。
『最初に使っていた紙は、とてもきれいだった』と語ってくれたんです」

Recommend